仮面ライダーストロンガーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 仮面ライダーストロンガーの意味・解説 

仮面ライダー ストロンガー

原題:
製作国:日本
製作年:1975
配給:東映
スタッフ
監督:折田至 
原作:石森章太郎(石ノ森章太郎) イシモリショウタロウ(イシノモリショウタロウ)
脚本:伊上勝 イカミマサル
企画:平山亨 ヒラヤマトオル

阿部征司 アベセイジ
キャスト(役名
荒木茂 アラキシゲル (不明
岡田京子 オカダキョウコ (不明
小林昭二 コバヤシアキジ (不明
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください

仮面ライダーストロンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/04 01:47 UTC 版)

仮面ライダーストロンガー』(かめんライダーストロンガー)は、1975年昭和50年)4月5日から12月27日まで、毎日放送TBS系列にて毎週土曜19:00 - 19:30(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b c 5人ライダー案や女性ライダー案は事前協議の段階で没案となったため文書としては残されていない[4]
  2. ^ 初期台本ではタイトルが確定しておらず「仮面ライダー◯◯◯◯◯」となっており、第2話台本では役名が「仮面ライダースパイク」と記述されていた[8]
  3. ^ 本編では、第1話で冒頭からブラックサタンの作戦を妨害する城茂と岬ユリ子の行動が描かれ、第2話でストロンガーとタックルの誕生の経緯が描かれるという、倒叙法の手法がとられている。
  4. ^ 身寄りがないため、生年月日は不明。
  5. ^ 動機となった親友・沼田の死についての描写も直接ストーリー本編にはなく、設定として語られるのみ。
  6. ^ 『仮面ライダーX』第21話で青年アポロガイストが着ていた物の流用[19]
  7. ^ 当初、タイタンの正体を明かさずに茂らの前に人間態で登場したため。
  8. ^ 資料によっては、一ツ目タイタンと記述している[20]
  9. ^ 王国員は、ブラックサタン戦闘員と同じ姿だった。
  10. ^ 第24話登場のハサミガニはジェネラルシャドウの指揮下にはなく、デッドライオンの着任が間に合えば彼の指揮下に入る予定であったことがブラックサタン大首領のセリフから覗える。また奇械人ハサミガニ自身もそのセリフを踏まえ、自分がもうすぐ着任する大幹部の指揮下にあるとジェネラルシャドウに発言している。
  11. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、改造人間ではなく機械生命体であると記述している[20]
  12. ^ 実際に伝承の残っている魔物ではなく、オカルト研究家佐藤有文の著作が初出。
  13. ^ 初台詞は沢りつおだが、それから数カット後に八代駿の声になっている。
  14. ^ 書籍によっては、名称をオオカミ長官と記載している[43][41][27]
  15. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、ヘビの精の改造魔人と記載している[47]
  16. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、光速熱線と記述している[55]
  17. ^ ドクターケイトの戦闘員は花型、ドクロ少佐の戦闘員はドクロ型、オオカミ長官の戦闘員は満月型。
  18. ^ 仮面ライダー (スカイライダー)』客演時は、戦闘員を1人倒すごとに一節を述べていた。
  19. ^ 石森によるラフデザインでも「仮面ライダータックル」と表記されており、当初は仮面ライダーとして考えられていたとされる[88][85][注釈 1]
  20. ^ 公式な女性仮面ライダーの登場は、本作品から27年後の劇場作品『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』における霧島美穂=ファムで初めて実現。
  21. ^ 『超人画報』では、「女性仮面ライダー」と記述している[90]
  22. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、「200キロメートル」と記述している[76]
  23. ^ エンディング映像では清田が担当した[57]
  24. ^ 奇械人ガンガル[20]、奇械人オオカミン[20]
  25. ^ サソリ奇械人[20]、奇械人モウセンゴケ[99]、カマキリ奇械人[99]、奇械人ハゲタカン[99]、奇械人カメレオーン[99]、クモ奇械人[99]、奇械人エレキイカ[99]
  26. ^ 奇械人ゴロンガメ[20]、奇械人トラフグン[20]、クラゲ奇械人[20]
  27. ^ 奇械人ワニーダ[99]、奇械人メカゴリラ[99]、クワガタ奇械人[99]、奇械人ブブンガー、コウモリ奇械人、奇械人電気エイ、奇械人毒ガマ、奇械人アリジゴク、サメ奇械人、奇械人ケムンガ、奇械人ドクガラン、奇械人ハサミガニ
  28. ^ 関はその後『レッツゴー仮面ライダー』と『スーパーヒーロー大戦シリーズ』でストロンガーの声を演じた。
  29. ^ 挿入歌では『仮面ライダーアマゾン』で子門真人と山上万智子によるデュエットがあった。
  30. ^ インスト版が特番『全員集合!7人の仮面ライダー!!』のエンディングテーマとして使用された。
  31. ^ 前作『仮面ライダーアマゾン』の挿入歌として制作されたが使用されず、本作で初使用となった。
  32. ^ 書籍によっては、名称を奇械人(奇っ械人)モウセンゴケと記載している[102][103][104][105][106]
  33. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、声優は不明と記述している[99]
  34. ^ 書籍『'70年代特撮ヒーロー全集』では、名称をハゲタカーンと記載している[103]
  35. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、辻村真人と記述している[99]
  36. ^ アリカポネ、カマキリ奇械人、奇械人ハゲタカン、奇械人メカゴリラ。
  37. ^ 書籍によっては、名称を奇っ械人デンキエイと記載している[107][103]
  38. ^ 奇械人ドクガラン、奇械人ブブンガー、クワガタ奇械人、コウモリ奇械人。
  39. ^ カマキリ奇械人、奇械人ハゲタカン、奇械人ブブンガー、コウモリ奇械人、奇械人電気エイ、奇械人毒ガマ、奇械人ケムンガ。その他にもキバ男爵の兜やクワガタ奇械人、奇械人アリジゴク、奇械人ドクガラン、『仮面ライダーV3』からのウォーターガントドは頭のみ登場している。
  40. ^ 書籍『全怪獣怪人 下巻』では、名称を復活デルザー軍団と記載している[47]
  41. ^ サメ奇械人(声:市川治)、奇械人アリジゴク(声:大野剣友会)、カニ奇械人(声:大野剣友会)、奇械人メカゴリラ(声:沢りつお)、奇械人ブブンガー(声:大野剣友会)、荒ワシ師団長(声:池水通洋)。

クレジットに関する注釈

  1. ^ 第1、2、4、5話でのクレジット表記は「つっぱしれ!仮面ライダーストロンガー」だった。
  2. ^ エンディングクレジットでは第1話から水木と堀江の歌唱とされていた。子門ヴァージョンのレコード用フルサイズも録音されていたが、当時は発売されなかった。
  3. ^ 使用は第32話からだが、エンディングでの主題歌クレジットが変更されず、第36話まで先代のままとなっていた。
  4. ^ オープニング表記は市川治。奇械人ブブンガーと入れ替わっている。
  5. ^ オープニング表記は山下啓介[17]。クワガタ奇械人と入れ替わっている。
  6. ^ オープニング表記は安原義人[17]。奇械人電気エイと入れ替わっている。
  7. ^ オープニング表記は沢りつお[17]。コウモリ奇械人と入れ替わっている。
  8. ^ オープニング表記は「荒わし師団長」
  9. ^ オープニング表記は32話、33話とも峰恵研

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 大全集 1986, pp. 146-147, 「仮面ライダー作品展開 仮面ライダーストロンガー」
  2. ^ a b c d e f 怪人大画報 2016, pp. 236-241, 「『仮面ライダーV3』-『仮面ライダーストロンガー』フォトセッションアルバム」
  3. ^ ストロンガー大全 2004, pp. 196 - 197.
  4. ^ a b c d e f g 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 311, 「仮面ライダーストロンガー制作コンセプト」
  5. ^ 変身ヒーロー画集 2004, p. 73.
  6. ^ a b c d OFM7 2004, pp. 16 - 17, 「作品解説 『仮面ライダーストロンガー』企画経緯」
  7. ^ 超辞典 2011, p. 202.
  8. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 328-329, 「台本紹介」.
  9. ^ a b ストロンガー大全 2004, pp. 112 - 113
  10. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 306-310, 「企画書完全収録」.
  11. ^ ストロンガー大全 2004, p. 217.
  12. ^ OFM7 2004, p. 21.
  13. ^ a b c 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 300-301, 「秘蔵写真集3」
  14. ^ a b c 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 302-303, 「デザイン画の世界8」
  15. ^ a b 平山亨『私の愛したキャラクターたち』pp.100 - 111、『仮面ライダーコレクターズ・ボックス』第4巻、朝日ソノラマ〈宇宙船文庫 特別版〉、1998年5月。ISBN 4-257-76459-7
  16. ^ 仮面ライダー1971-1984, 「10月以降の構想」.
  17. ^ a b c d e f g h 怪人大全集 1986, pp. 100-101, 「ブラックサタン(第16話-第26話)」
  18. ^ 超辞典 2011, p. 668.
  19. ^ 『創刊15周年記念 / テレビマガジン特別編集・テレビマガジンヒーロー大全集』 講談社、1987年1月15日、65頁。ISBN 4-06-178403-X
  20. ^ a b c d e f g h i j 怪人大全集 1986, pp. 96-97, 「ブラックサタン(第1話-第6話)」
  21. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 304-305, 「鉛筆描きデザイン画」.
  22. ^ 『竹谷隆之 仮面ライダードライブ デザインワークス』P63より。
  23. ^ OPF 80 2016.
  24. ^ 大全集 1986, p. 215, 「悪の軍団 その系譜 ブラックサタン デルザー軍団」
  25. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 76.
  26. ^ 宇宙船SPECIAL 1998, pp. 169、214.
  27. ^ a b 宇宙船SPECIAL 1998, p. 169
  28. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 312-313, 「ストロンガー、タックル設定用イラスト」.
  29. ^ a b c d 怪人大全集 1986, pp. 102-103, 「デルザー軍団(第27話-第30話)」
  30. ^ 『仮面ライダー年代記(初版)』徳間書店、2001年9月、p.44。ISBN 978-4197201723
  31. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 321, 「9月以降の企画方針について」.
  32. ^ a b c d e 岩佐陽一『仮面ライダー激闘ファイル』2001年12月、双葉社、p.58。ISBN 4-575-29317-2
  33. ^ 変身ヒーロー画集 2004, p. 127.
  34. ^ a b c d e OFM7 2004, p. 24
  35. ^ 超辞典 2011, p. 308.
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 324-325, 「デルザー怪人設定」
  37. ^ 『冒険王』『テレビランド』各1975年10月号[要ページ番号]
  38. ^ 超辞典 2011, p. 538.
  39. ^ 超辞典 2011, p. 542.
  40. ^ a b c 超辞典 2011, p. 472
  41. ^ a b c d 全怪獣怪人 下 1990, p. 80
  42. ^ 超辞典 2011, p. 240.
  43. ^ a b c d e f 怪人大全集 1986, pp. 104-105, 「デルザー軍団(第30話-第35話)」
  44. ^ 超辞典 2011, p. 103.
  45. ^ 『冒険王』1975年10月号[要ページ番号]
  46. ^ 超辞典 2011, p. 472.
  47. ^ a b c d 全怪獣怪人 下 1990, p. 81
  48. ^ OFM7 2004, p. 25.
  49. ^ ストロンガー大全 2004, pp. 145 - 146.
  50. ^ 超辞典 2011, pp. 521、704.
  51. ^ キャラクター大全昭和編 2011, p. 137.
  52. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 299, 「デルザー軍団」.
  53. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 326, 「10月以降の企画」.
  54. ^ 超辞典 2011, p. 704.
  55. ^ a b c d e 怪人大全集 1986, pp. 106-107, 「デルザー軍団(第35話-第39話)」
  56. ^ 超辞典 2011, p. 770.
  57. ^ a b c OFM8 2004, p. 28, 「特集 OP&EDグラフィティー 90秒にこめられたシリーズの“顔”」
  58. ^ OFM7 2004, p. 4.
  59. ^ OFM7 2004, p. 9.
  60. ^ a b c d OFM3 2004, pp. 28 - 29
  61. ^ a b c d e f g h i j k l OFM9 2004, pp. 27-29, 和智正喜「特集 大野剣友会 ライダーアクション影の主役たち」
  62. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 348, 村枝賢一「仮面ライダーマスク考証 仮面ライダーストロンガー」.
  63. ^ a b OFM7 2004, p. 11.
  64. ^ a b c d 大全集 1986, p. 211, 「仮面ライダースタイルの変化」
  65. ^ OFM7 2004, p. 5.
  66. ^ OFM2 2004, pp. 28-29, 「仮面ライダー撮影会の歩み」.
  67. ^ 怪人大全集 1986, p. 144, 「仮面ライダーNGコスチューム集」.
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 大全集 1986, pp. 222-223, 「仮面ライダーアクション全集」
  69. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 75.
  70. ^ トレーディングカードゲーム『クロスギャザー』第3弾「ザ・Wインパクト」XGS-046[RK]
  71. ^ a b 変身ヒーロー画集 2004, p. 117
  72. ^ OPF 72 2016.
  73. ^ a b 大全集 1986, p. 87.
  74. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 296, 「カブトロー」.
  75. ^ 大全集 1986, pp. 87、211.
  76. ^ a b c d 怪人大全集 1986, p. 159, 「仮面ライダーマシーン探究」
  77. ^ a b c 画報 2001, p. 91, 「COLUMN 05 ライダーマシーン徹底比較」
  78. ^ 画報 2001, p. 108.
  79. ^ OFM7 2004, p. 10.
  80. ^ 「熊沢敏明インタビュー」、『仮面ライダーSPIRITS 受け継がれる魂II』講談社、2003年9月29日、p.126。ISBN 4-06-334771-0
  81. ^ 変身ヒーロー画集 2004, p. 75.
  82. ^ 変身ヒーロー画集 2004, p. 116.
  83. ^ 「仮面ライダー OFFCIAL DATA FILE」No.108より[要ページ番号]
  84. ^ 講談社刊『仮面ライダー大全集』より[要ページ番号]
  85. ^ a b OFM4 2004, pp. 27-28, 「特集 ライダーガールズグラフィティー 美しきヒロインたちの肖像」
  86. ^ 大全集 1986, p. 87, 「電波人間タックル」.
  87. ^ 『仮面ライダー 青春アルバム』p.58、『仮面ライダーコレクターズ・ボックス』第2巻、
  88. ^ 変身ヒーロー画集 2004, p. 77.
  89. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 297, 「タックルとサブキャラクター」.
  90. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、126頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  91. ^ 村枝賢一、鶯谷五郎『魂の仮面ライダー爆談!! [COMPLETE+]』辰巳出版、2011年4月、p.62。ISBN 978-4-7778-0905-9
  92. ^ 大全集 1986, p. 91.
  93. ^ a b c 昭和6 2016, p. 17.
  94. ^ 大全集 1986, pp. 87、157.
  95. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち』 風塵社1999年7月15日ISBN 4-938733-69-2
  96. ^ 大全集 1986, p. 157, 「仮面ライダーの影 大野剣友会」.
  97. ^ 大全集 1986, p. 92.
  98. ^ 大全集 1986, pp. 92、161.
  99. ^ a b c d e f g h i j k l m 怪人大全集 1986, pp. 98-99, 「ブラックサタン(第7話-第15話)」
  100. ^ a b c カルトクエスト500 1992, p. 106.
  101. ^ a b OFM4 2004, p. 30, 早川優「仮面ライダー音楽考 第6回 仮面ライダー・作詞考」
  102. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 77.
  103. ^ a b c 宇宙船SPECIAL 1998, p. 214
  104. ^ 画報 2001, p. 112.
  105. ^ 超辞典 2011, p. 251.
  106. ^ キャラクター大全昭和編 2011, p. 132.
  107. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 78.
  108. ^ 怪人大全集 1986, pp. 212-213, 「東映まんがまつり仮面ライダー映画主要宣伝材料一覧」.
  109. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、61頁。雑誌コード:01844-04。
  110. ^ a b OFM6 2004, p. 31, 五十嵐浩司「石ノ森章太郎を継ぐ者 仮面ライダーマンガ家列伝 第4回 山田ゴロ」
  111. ^ 「SHOTARO DESIGN WORKS」、『CHARACTER Q』VOL.2、英知出版、2001年4月25日、pp.42 - 43







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

仮面ライダーストロンガーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仮面ライダーストロンガー」の関連用語

仮面ライダーストロンガーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白川

肋硬骨

朝明川砂防堰堤

特急スーパーマリン1

荻道大城湧水群

FUJITSU M-1800モデルグループ

通し柱

クイーンリバー号





仮面ライダーストロンガーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮面ライダーストロンガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS