二次創作物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 二次創作物の意味・解説 

二次創作物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/28 06:03 UTC 版)

二次創作物(にじそうさくぶつ)とは、原典となる創作物(以下、「原作」という)に登場するキャラクターを利用して、二次的に創作された、独自のストーリーの漫画小説フィギュアポスターカードなどの派生作品を指す[1]。原作の媒体は、小説漫画アニメ映画など多岐にわたる[要出典]。主として同人誌の分野において1990年代後半から[要出典]使用されている用語であり、著作権法上の用語である二次的著作物とは異なる。


  1. ^ 田川隆博 「オタク分析の方向性」、『名古屋文理大学紀要』 (名古屋文理大学)第9号73-80頁、2009年3月31日NAID 110007543597http://ci.nii.ac.jp/naid/1100075435972013年7月9日閲覧 
  2. ^ パロディワーキングチーム 報告書(平成25年3月) (PDF)”. 文化庁文化審議会著作権分科会パロディワーキングチーム. p. 25 (2013年3月). 2013年6月23日閲覧。
  3. ^ 『まるわかり著作権ガイド』(2006年 彩図社)pp.127
  4. ^ 福井健策 (2011年10月31日). “福井弁護士のネット著作権ここがポイント”. 2013年6月23日閲覧。 “通常の損害賠償は、著作権侵害で権利者などがこうむった実損害分しか賠償を求められない。通常たいした金額にはならず、しばしば弁護士費用にも足りない。日本の著作権は厳しいという一般の印象もあるようだが、現実にはこの賠償金相場などが原因で、大半の著作権侵害は訴訟に至らず終わっている。”
  5. ^ 京都地方裁判所判決 平成7年10月19日 、平成6(ワ)2364
  6. ^  最高裁判所第一小法廷判決  平成13年06月28日 第55巻4号837頁、平成11(受)922、『江差追分事件』。判決全文(PDF)
  7. ^ 駒田泰土 「著作物と作品概念との異同について」 (PDF)、『知的財産法政策学研究』第11号145-161頁、2006-04-00NAID 20002277604http://www.juris.hokudai.ac.jp/coe/pressinfo/journal/vol_11/11_7.pdf2013年7月9日閲覧 
  8. ^ a b 最高裁判所第一小法廷判決 平成9年07月17日 民集 第51巻6号2714頁、平成4(オ)1443、『著作権侵害差止等』。
  9. ^ 後藤憲秋・植村元雄 『知的財産法概論』 名古屋知的財産法研究会、2005年10月15日、第二版、581-582頁。NCID BA74258065
  10. ^ 堀越総明. “ハリー・ポッターの続編小説を勝手に執筆してもいいの!?~小説の登場人物の著作権にまつわる話”. 2013年6月23日閲覧。
  11. ^ 著作権について|AQUAPLUS”. アクアプラス (2006年9月1日). 2013年6月23日閲覧。
  12. ^ 製品内の素材の使用に関するQ&A|Key Official HomePage”. ビジュアルアーツ (2012年11月14日). 2013年6月23日閲覧。
  13. ^ 作り手を“やる気”にさせる著作権とは――島本和彦氏など語る (1/3) - ITmedia News
  14. ^ “「けいおん」「まどマギ」もアウト? 芳文社が二次創作を禁止か、と話題に”. ねとらぼ (ITmedia). (2013年3月21日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/21/news147.html 
  15. ^ “二次創作の同人活動を認める意思を示す「同人マーク」のデザインが決定”. マイナビ. (2013年8月18日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/18/050/index.html 2013年9月1日閲覧。 
  16. ^ 「TPPで同人誌は消えるのか?」シンポジウムで激論”. BLOGOS (2011年11月7日). 2013年9月1日閲覧。
  17. ^ “「警察の萎縮効果狙う」 赤松健さん、2次創作同人守るための「黙認」ライセンス提案”. ITmedia. (2013年3月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/28/news093.html 2013年9月1日閲覧。 
  18. ^ “二次創作OKの意思を示す「同人マーク」運用開始 - 許諾範囲も公開”. マイナビ. (2013年8月29日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/29/121/ 2013年9月1日閲覧。 


「二次創作物」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

二次創作物に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二次創作物」の関連用語

二次創作物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




二次創作物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二次創作物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS