ローンチ・ヴィークルの一覧とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ローンチ・ヴィークルの一覧の意味・解説 

ローンチ・ヴィークルの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/21 15:28 UTC 版)

ローンチ・ヴィークルの一覧は、地球から宇宙空間へのペイロードの輸送に使用されるロケットであるローンチ・ヴィークル(キャリア・ロケット、打上げ機)の一覧である。


  1. ^ 多数の異なる方法がある。それぞれの方法には利点と欠点が備わり宇宙機の推進は研究の活発な分野である。しかしながら、大半の現在の宇宙機は機体の後部のノズルから高速でガスを噴射して推進する。この種のエンジンはロケットエンジンと呼ばれる。
  2. ^ 最初に使用されたロケットは火薬を動力として用いた固体燃料ロケットで中国、インド、モンゴル、アラブで13世紀初頭の戦争で用いられた。
  3. ^ その中でペガサスロケットスペースシップ・ワンのような
  4. ^ 大半の人工衛星は単純で信頼性の高い化学推進器(一液推進系)やレジストジェット英語版を軌道維持、モーメンタム・ホイール姿勢制御用に備える。ソビエトの人工衛星推進器を数十年にわたり備え、新しい西側の宇宙機はそれらを南東の位置の維持や軌道上昇に使用し始めた。惑星間用の機体も大半が同様に化学推進だが少数の事例において(2系統の異なる電気推進である)イオン推進器ホール効果推進器が使用され、大きな成功を収めた。
  5. ^ アリアン5の完全な打ち上げ記録は当該記事を参照
  6. ^ 1969年に弾道飛行、1970に最初の軌道周回飛行
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 9.5 foot (2.9m)のフェアリング込み
  8. ^ ブランと軌道投入能力を持つ積載物は含めない
  9. ^ a b アメリカのスペースシャトル輸送システムとソビエトのエネルギア-ブランシステムは打上げ機と再使用型宇宙往還機で構成される。積載物の値は貨物室の積載物の重量で軌道往還機自体の重量は含まない。
  10. ^ スペースX社のウェブサイトによるとファルコン9の低軌道へのペイロードは13,150kg. GTOへのペイロードは4,850kg. しかしながら、スペースX社は再利用のための30%の余裕を含む。
  11. ^ H-II/SSB と H-IIS 仕様の2回の打ち上げには含まない
  12. ^ 軌道に到達しなかった唯一の失敗
  13. ^ 1995に弾道飛行、1997と2002年には軌道投入を目的としない打ち上げ
  14. ^ N1ロケットは当初低軌道へ75mtを投入するように設計されたが、液体水素上段エンジンの開発が可能であるなら打ち上げ能力は90—95 mtに増強が可能になると調査された。
  15. ^ サターン V は13回打ち上げられ、12回は予定された軌道に投入されたが、他(アポロ6号)は予定とは異なる軌道に投入された。; しかしながら任務のいくつかは完了された。; NASA, Saturn V News Reference, Appendix: Saturn V Flight History (1968). 更なる情報はサターン Vの記事を参照。"ロケットはウェルナー・フォン・ブラウンによって完成され、いかなる打ち上げの失敗も無かった。", Alan Lawrie and Robert Godwin; Saturnと記されるようにサターンVの打ち上げ記録では失敗は無かった事になっているがアポロ6号の打ち上げは部分的な失敗であると考えるべきである。サターンVの13回目の打ち上げとスカイラブ (SA-513)は特異な事例である。
  16. ^ 弾道飛行は2004年、最初の軌道周回飛行は2006年
  17. ^ 3機目のロケットは打ち上げ前に爆発
  18. ^ First orbital launch attempt in 2005
  19. ^ a b ランド・ローンチによって運営される
  20. ^ シーローンチによって運用される
  1. ^ Angaga Launch Vehicle Family”. Khrunichev. 2010年6月12日閲覧。
  2. ^ Angara rocket launches on maiden flight” (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  3. ^ Семейство ракет-носителей «Ангара», date unknown, Retrieved 2010-08-09.
  4. ^ Russian Space Web”. Russianspaceweb.com. 2012年7月25日閲覧。
  5. ^ a b Russian Space Web”. 2014年7月9日閲覧。
  6. ^ a b Antares”. 2014年7月9日閲覧。
  7. ^ a b c Antares Launch Vehicle Information”. 2014年7月9日閲覧。
  8. ^ a b c Antares Fact Sheet”. Orbital Sciences. 2014年12月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az Gunter, Krebs. “Ariane-1, -2, -3, -4”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日閲覧。
  10. ^ a b Ariane 5 Users Manual, Issue 4, P. 39 (ISS orbit)”. アリアンスペース. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月13日閲覧。
  11. ^ Ariane 5 delivers a record performance with two payloads for new Arianespace customers”. アリアンスペース. 2011年4月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j Ariane-5”. Space.skyrocket.de. 2014年12月23日閲覧。
  13. ^ http://spaceflightnow.com/news/n1211/21ariane/
  14. ^ ESA - Launch vehicles - Ariane 5 ME”. Esa.int (2011年6月21日). 2013年11月11日閲覧。
  15. ^ a b c Final launch of Ariane 5 GS completes busy year / Launchers / Our Activities / ESA”. Esa.int (2009年12月19日). 2013年11月4日閲覧。
  16. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  17. ^ a b Launch history India's space launchers”. 2014年2月13日閲覧。
  18. ^ Athena-1”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  19. ^ a b [1][リンク切れ]
  20. ^ Athena-2”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Gunter, Krebs. “Atlas Centaur”. Gunter's Space Page. 2011年8月1日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad Gunter, Krebs. “Atlas-5”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg Gunter, Krebs. “Delta”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  24. ^ Wade, Mark. “Delta 0300”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  25. ^ Wade, Mark. “Delta 0900”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  26. ^ a b Wade, Mark. “Delta 2913”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  27. ^ Wade, Mark. “Delta 4000”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  28. ^ Wade, Mark. “Delta 5000”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  29. ^ ULA Delta II successfully lofts OCO-2 to orbit” (2014年7月2日). 2014年7月9日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j Delta IV Payload Planner's Guide, June 2013”. 2014年7月閲覧。
  31. ^ a b c d e Gunter, Krebs. “Delta-4”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  32. ^ Delta Launch Report | New communications craft launched for U.S. military”. Spaceflight Now (2009年12月5日). 2013年11月4日閲覧。
  33. ^ a b Gunter, Krebs. “Dnepr-1”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  34. ^ NZ to get its own space programme by 2015
  35. ^ a b c d e S.P.Korolev S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア - LAUNCHERS”. Energia. 2009年1月9日閲覧。
  36. ^ a b Wade, Mark. “Energia”. Encyclopedia Astronautica. 2010年8月9日閲覧。
  37. ^ a b Projects&Products”. IHI Aerospace. 2011年3月8日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g h i Satellite Launch Vehicles”. 宇宙科学研究所(ISAS). 2011年3月4日閲覧。
  39. ^ a b Space Exploration Technologies Corporation - Falcon 1”. 2010年10月29日閲覧。
  40. ^ FALCON 9 OVERVIEW”. スペースX. 2013年11月4日閲覧。
  41. ^ Falcon 9 Overview”. Space Exploration Technologies. 2010年10月29日閲覧。
  42. ^ Falcon 9 Overview”. SpaceX (2011年). 2011年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  43. ^ Klotz, Irene (2013年9月6日). “Musk Says SpaceX Being "Extremely Paranoid" as It Readies for Falcon 9’s California Debut”. Space News. http://www.spacenews.com/article/launch-report/37094musk-says-spacex-being-%E2%80%9Cextremely-paranoid%E2%80%9D-as-it-readies-for-falcon-9%E2%80%99s 2013年11月4日閲覧. "会社はこれまでに5機のファルコン9を打ち上げ、全てケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。3機はNASAの国際宇宙ステーションへドラゴン貨物カプセルによる輸送で他の2機は試験飛行だった。" 
  44. ^ Clark, Stephen (2012年5月18日). “Q&A with SpaceX founder and chief designer Elon Musk”. 2013年11月4日閲覧。 “次のファルコン9の派生型は多目的に使用可能である。最後の1.0型の打ち上げはフライト5の予定である。フライト5の後の全ての将来の打ち上げはv1.1である。私達はこのフライト3と2回の商業補給サービス CRSをフライト4とフライト5ではVersion 1.0を使用数する。その後のCRSや他の将来の任務ではVersion 1.1を使う予定である。
  45. ^ a b FALCON 9 SpaceX”. スペースX. 2014年1月23日閲覧。
  46. ^ Gwynne Shotwell (2014年3月21日) (mp3). Broadcast 2212: Special Edition, interview with Gwynne Shotwell (audio file). The Space Show.. 該当時間: 08:15–11:20. 2212. オリジナルのMarch 22, 2014時点によるアーカイブ。. http://www.thespaceshow.com/detail.asp?q=2212 2014年3月22日閲覧. "[ファルコン 9 v1.1]打上げ機は回収して再使用するために30%性能に余裕を持たせてある。" 
  47. ^ a b c d e Falcon Heavy Overview”. SpaceX (2013年). 2013年11月27日閲覧。
  48. ^ a b SpaceX Brochure”. Spacex.com. 2011年6月14日閲覧。
  49. ^ Welcome To ISRO :: GSLV :: GSLV-D1”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  50. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV :: GSLV-D2”. Isro.org (2001年4月18日). 2013年11月4日閲覧。
  51. ^ Welcome To ISRO”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  52. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV :: GSLV-F04”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  53. ^ a b c Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV”. ISRO (2014年). 2014年4月4日閲覧。
  54. ^ a b c d e Gunter, Krebs. “GSLV”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  55. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV Mark III”. Isro.gov.in. 2013年11月4日閲覧。
  56. ^ LVM3 - ISRO”. Isro.gov.in. 2015年1月22日閲覧。
  57. ^ GSLV Mark III”. インド宇宙研究機関 (2014年). 2014年4月4日閲覧。
  58. ^ As it happened: ISRO successfully launches GSLV Mark-III”. The Hindu (2014年). 2014年12月18日閲覧。
  59. ^ a b c Gunter, Krebs. “H-2”. Gunter's Space Page. 2011年8月1日閲覧。
  60. ^ a b c d e f g h Gunter, Krebs. “H-2A”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  61. ^ H-IIB Launch Vehicle, P. 2”. JAXA. 2008年9月3日閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ a b Space Launch Report 2014 Launch Stats”. Spacelaunchreport.com. 2014年11月25日閲覧。
  63. ^ a b c d e f g h NISSAN HERITAGE COLLECTION online【その他】プリンス自動車工業小史”. 日産自動車. 2011年3月8日閲覧。
  64. ^ a b c d Kuaizhou”. 2014年12月31日閲覧。
  65. ^ a b c CZ-1”. Gunter's Space Page. 2014年2月12日閲覧。
  66. ^ CZ-1”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n CZ-2”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k CZ-3”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  69. ^ [专题]中国大推力火箭技术已被日本大幅超越_网易新闻中心”. War.news.163.com. 2013年11月4日閲覧。
  70. ^ a b c d 长征三号甲运载火箭简述”. 2011年10月31日閲覧。
  71. ^ a b c d e CZ-4”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  72. ^ a b c CZ-4B (Chang Zheng-4B)”. Space.skyrocket.de. 2014年12月31日閲覧。
  73. ^ a b “ChangZheng 5 (Long March 5) Launch Vehicle”. SinoDefence.com. (2009年2月20日). http://www.sinodefence.com/space/launcher/changzheng5.asp 2009年3月6日閲覧。 
  74. ^ Covault, Craig. “First Look: China’s Big New Rockets « AmericaSpace”. Americaspace.com. 2013年11月4日閲覧。
  75. ^ a b Chinese Super-Heavy Launcher Designs Exceed Saturn V”. aviationweek.com. 2014年12月4日閲覧。
  76. ^ Minotaur I Space Launch Vehicle—Fact Sheet”. Orbital Sciences Corporation (2012年). 2012年2月28日閲覧。 “低軌道(28.5 deg, 185 km)へは最大580 kgまで投入できる。
  77. ^ Minotaur Space Launch Vehicles”. Orbital Sciences Corporation (2012年). 2012年8月28日閲覧。 “現時点においてミノタウロスは10回の打ち上げで100%成功して33機の人工衛星を軌道に投入した。
  78. ^ a b c d e [2] [リンク切れ]
  79. ^ a b Minotaur-C Factsheet” (2014年). 2014年7月9日閲覧。
  80. ^ a b Taurus / Minotaur-C” (2014年5月). 2014年5月4日閲覧。
  81. ^ [3] [リンク切れ]
  82. ^ a b c Molniya and Soyuz with upper stages”. Gunter's Space Page. 2014年12月27日閲覧。
  83. ^ a b Complex N1-L3”. Energia.ru. 2013年11月4日閲覧。
  84. ^ a b L3”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  85. ^ a b RSC "Energia" - History”. Energia.ru (2011年4月12日). 2013年11月4日閲覧。
  86. ^ a b Wade, Mark. “N1”. Encyclopedia Astronautica. 2010年8月9日閲覧。
  87. ^ [4] [リンク切れ]
  88. ^ a b Pegasus”. 2014年12月31日閲覧。
  89. ^ Bergin, Chris (2013年5月25日). “Stratolaunch and Orbital – The Height of Air Launch”. NASA SpaceFlight. http://www.nasaspaceflight.com/2013/05/stratolaunch-orbital-air-launch/ 2013年5月24日閲覧。 
  90. ^ Proton”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  91. ^ a b Proton Launch System Mission Planner’s Guide, LKEB-9812-1990”. インターナショナル・ローンチ・サービス. pp. 2–2. 2007年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月12日閲覧。 “LEO i = 51.6°, H = 200 km circular ... GTO (1800 m/s from GSO) i = 31.0°, Hp = 2100 km, Ha = 35,786 km”
  92. ^ Proton-M Blok-DM-2”. 2014年12月30日閲覧。
  93. ^ Proton-M Blok-DM-03”. 2014年12月30日閲覧。
  94. ^ a b Proton-K and -M Briz-M”. Gunter's Space Page. 2014年12月30日閲覧。
  95. ^ a b PSLV variants capability”. ISRO. 2010年5月15日閲覧。
  96. ^ a b c d e f Gunter, Krebs. “PSLV”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  97. ^ a b c d PSLV launches”. 2014年12月23日閲覧。
  98. ^ Rokot (Rockot)”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  99. ^ Rockot Launch Vehicle”. Khrunichev.ru. 2013年11月4日閲覧。
  100. ^ a b Safir”. 2014年12月23日閲覧。
  101. ^ a b Saturn-1 & Saturn-1B”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  102. ^ Bilstein, Roger E.. “Appendix C: Saturn Family/Mission Data”. Stages to Saturn A Technological History of the Apollo/Saturn Launch Vehicles. NASA History Office. 2011年4月7日閲覧。
  103. ^ a b c Rocket and Space Technology”. Braeunig.us. 2013年11月4日閲覧。
  104. ^ a b Alan Lawrie and Robert Godwin, Saturn, 2005 (paperback, Apogee Books Space Series, 2010), ISBN 1-894959-19-1
  105. ^ a b John Duncan, Saturn V Flight History (1999), web page (accessed 20 August 2010)
  106. ^ a b c Vysota / Volna / Shtil”. 2014年12月23日閲覧。
  107. ^ Iranian DM: Simorgh to Carry Tolou, Mesbah Satellites into Space”. Fars News Agency (2010年2月3日). 2010年2月3日閲覧。
  108. ^ Iran unveils three new home-made satellites”. Payvand.com. 2012年7月25日閲覧。
  109. ^ a b c Space Launch System (SLS) Program Overview”. Nasa.gov. 2013年11月4日閲覧。
  110. ^ a b c d Space Launch System”. Nasa.gov. 2013年8月27日閲覧。
  111. ^ NASA’S SPACE LAUNCH SYSTEM (SLS) PROGRAM: MARS PROGRAM UTILIZATION”. 2014年3月26日閲覧。
  112. ^ NASA’S SPACE LAUNCH SYSTEM (SLS) PROGRAM: MARS PROGRAM UTILIZATION”. 2014年3月26日閲覧。
  113. ^ Space Launch Report - Space Launch System Data Sheet”. 2014年12月4日閲覧。
  114. ^ a b c SLV-3”. 2014年2月13日閲覧。
  115. ^ [5][リンク切れ]
  116. ^ a b Soyuz”. Gunter's Space Page. 2014年12月27日閲覧。
  117. ^ [6][リンク切れ]
  118. ^ Soyuz-2-1a”. 2014年12月27日閲覧。
  119. ^ Soyuz-2-1a Fregat”. 2014年12月27日閲覧。
  120. ^ Soyuz-2-1a Fregat-M”. 2014年12月27日閲覧。
  121. ^ Soyuz-2-1b”. 2014年12月27日閲覧。
  122. ^ Soyuz-2-1b Fregat”. 2014年12月27日閲覧。
  123. ^ Soyuz-2-1b Fregat-M”. 2014年12月27日閲覧。
  124. ^ Soyuz-STA Fregat”. 2014年12月27日閲覧。
  125. ^ Soyuz-STB Fregat-MT”. 2014年12月27日閲覧。
  126. ^ After Series of Delays, Russia Launches New Soyuz Rocket”. RIA Novosti (2013年12月28日). 2013年12月28日閲覧。
  127. ^ a b Shuttle (STS)”. 2014年7月閲覧。
  128. ^ SPACE TRANSPORTATION SYSTEM PAYLOADS” (2000年). 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  129. ^ NASA - Space Shuttle”. Nasa.gov. 2012年7月25日閲覧。
  130. ^ a b Stratolaunch Aims to Break Affordability Barrier”. Aviation Week (2011年12月13日). 2011年12月15日閲覧。
  131. ^ Mecham, Michael; Frank Morring, Jr. (2011年12月20日). “Allen Places Big Bet On Air Launches”. Aviation Week. http://www.aviationweek.com/aw/generic/story.jsp?channel=space&id=news/awst/2011/12/19/AW_12_19_2011_p26-406657.xml&headline=Allen%20Places%20Big%20Bet%20On%20Air%20Launches&prev=10 2011年12月23日閲覧. "チーム全体では2016年の初打ち上げに向けてまだ細部の開発作業中である。" 
  132. ^ a b Strela”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  133. ^ a b c d e Titan-4”. 2014年7月閲覧。
  134. ^ a b Titan-4”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  135. ^ a b Fact Sheet - TITAN IVB”. アメリカ合衆国空軍. 2007年11月12日閲覧。
  136. ^ Tsiklon-2A (11K67)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  137. ^ a b Tsiklon-2 (11K69)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  138. ^ a b Tsiklon-3 (11K68)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  139. ^ a b “Tsyklon-4 launcher main features”. nkau.gov.ua. http://www.nkau.gov.ua/nsau/catalogNEW.nsf/systemE/2C16C6A39AAF93DBC3256BF8004C1235?OpenDocument&Lang=E 2013年2月25日閲覧。 
  140. ^ a b Vega User's Manual” (2014年4月). 2014年4月4日閲覧。
  141. ^ Vega” (2014年4月30日). 2014年7月9日閲覧。
  142. ^ Vega / Launch vehicles / Launchers / Our Activities / ESA”. Esa.int (2013年5月10日). 2013年11月4日閲覧。
  143. ^ a b Ed Kyle. “Zenit Data Sheet”. Spacelaunchreport.com. 2013年11月4日閲覧。
  144. ^ Zenit launch vehicle”. Russianspaceweb.com. 2013年11月4日閲覧。
  145. ^ a b c d Zenit-3” (2014年5月26日). 2012年12月23日閲覧。
  146. ^ Launch Vehicle”. シーローンチ. 2012年12月10日閲覧。


「ローンチ・ヴィークルの一覧」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ローンチ・ヴィークルの一覧」の関連用語

ローンチ・ヴィークルの一覧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

十和田八幡平国立公園

第五しょうどしま丸

江里山の棚田

AZワゴン Custom Style

ダンススポーツ

肘関節

レッドゾーン

オニグルミ





ローンチ・ヴィークルの一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローンチ・ヴィークルの一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS