ミカ・ハッキネンとは?

ミカ・ハッキネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/31 15:09 UTC 版)

ミカ・パウリ・ハッキネンMika Pauli Häkkinen, 1968年9月28日 - )は、フィンランド出身の元レーシング・ドライバー1998年1999年を2年連続でF1ワールドチャンピオンになり、フライング・フィンと形容されていた。




  1. ^ オートスポーツ』を発行する三栄書房のF1速報誌で、1988~2004年に発行されていた(現在は休刊中)。ハッキネンは長年コラムを連載していた。
  2. ^ シリーズ終了後に抗議が提出されてチャンピオンはデビッド・ブラバムになった。
  3. ^ ミハエル・シューマッハアイルトン・セナのタイムを破るが、2分21秒59と0.71秒差があり、予選4番手にエディ・アーバイン、7番手にミカ・サロが入った。
  4. ^ ロータス時代の予選落ち2回、1995年オーストラリアGPの負傷による決勝欠場 (DNS) 、1997年ベルギーGPの失格(燃料違反)を除く。
  5. ^ a b サーキットのコンディションにより、マシンをより速く走らせるために各パーツを調整すること。パーツにはサスペンションの強弱、ウイングの角度、車高、タイヤの空気圧、ギア比エンジントルクなどその他、いろいろある。
  6. ^ ネジの締め忘れで、フロントサスペンションのリンケージトラブルが発生していた。
  7. ^ コースが濡れている状態でレースが行なわれること。コースの状態によりドライレース(乾いている状態)とウエットレースに分けられる。スタート前にどちらの状態のレースなのか宣言され、ウエットレースが宣言された場合は天候の変化でレースが中断されることはない。
  8. ^ サーキットでコースの安全を担当する係員のこと。コースの各ポイントに多数配置され、クラッシュやコースアウトしたマシンを排除したり、状況に応じた各フラッグを提示、振るなどして危険を知らせたりする。またコースにオイル漏れなどの異常がないかも絶えずチェックしている。
  9. ^ 鈴鹿サーキット内に設置されているログキャビンハウスのこと。毎年レース終了後、ここでパーティが開かれるが、ワールドチャンピオン決定の時にはチームメンバーや関係者が朝までどんちゃん騒ぎをしている。
  10. ^ インペリアル・タバコグループ傘下レームツマ社のドイツ向けたばこブランド。
[ヘルプ]
  1. ^ 「インタビュー ミハエル・シューマッハー」、『F1速報 - モナコGP号』、ニューズ出版2004年、 pp. 24。
  2. ^ 「完全掲載!ミハエル・シューマッハ引退公式会見全発言」、『GRAND PRIX SPECIAL』、ソニーマガジンズ、2006年10月、 pp. 11-13。
  3. ^ Gerald Donaldson (2007年). “Hall of Fame - World Champions : Mika Hakkinen” (英語). 2010年8月25日閲覧。
  4. ^ ミカ・ハッキネン、ドライバーマネジメント業を開始” (日本語) (2008年11月11日). 2010年8月25日閲覧。
  5. ^  「F1倶楽部」 双葉社、30号、2000年、20頁。
  6. ^ a b  『AS+F - '96年モナコGP号(注釈1)』 三栄書房、1996年、29-31頁。
  7. ^ 今宮純 『F1ドキュメント』 山海堂、2000年、62頁。
  8. ^  『GPX(F1 Grand Prix Xpress)』 99 F1 Calendar issue/226、山海堂、1998年、38頁。
  9. ^  『F1速報7/16号 「フランスGP号」』 第9巻13号、ニューズ出版、1998年、39頁。
  10. ^  『AS+F - '96年開幕直前号』 三栄書房、1996年、4-5頁。
  11. ^  『AS+F - '96年ポルトガルGP号』 三栄書房、1996年、18-19頁。
  12. ^ a b  『'97F1総集編 - AS+F』 三栄書房、1997年、27頁、74頁、124-125頁。
  13. ^  『F1速報6/3号 「モナコGP号」』 第10巻10号、ニューズ出版、30-31頁、1999年。
  14. ^  『F1速報 - 1999総集編』 ニューズ出版、1999年、97頁。
  15. ^  「F1速報 - 開幕直前号」 ニューズ出版、2000年、23頁。
  16. ^ a b  『F1グランプリ特集』 10月号、ソニー・マガジンズ、2000年、101頁。
  17. ^ 【F1モナコGP 速報】クルサ-ド優勝! 独走シューマッハのリタイア原因がこれだ” (日本語). レスポンス自動車ニュース(Response.jp) (2000年6月5日). 2010年8月25日閲覧。
  18. ^ a b  『F1グランプリ特集』 12月号、ソニー・マガジンズ、2000年、11頁。
  19. ^ ハッキネン引退せず---「モチベーションがある」” (日本語). レスポンス自動車ニュース(Response.jp) (2000年10月25日). 2010年8月25日閲覧。
  20. ^  『GPX』 オーストラリアGP号、山海堂、2001年、10頁。
  21. ^ a b  『2001F1総集編 - AS+F増刊』 三栄書房、2001年、30-34頁、110-111頁。
  22. ^  「聞いたもん勝ち100の質問」『AS+F - '95年パシフィックGP号』 三栄書房、1995年、26-27頁。
  23. ^  『F1速報 「イギリスGP号」』 第17巻25号、ニューズ出版、2006年、23頁。
  24. ^ a b c  『GPX』 Japanese GP issue/225、山海堂、1998年、8頁、11頁。
  25. ^  『定例記者会見』 Rd15 Luxembourg Grand Prix, Nurburgring, Germany. 24 September 1998.
  26. ^  『GPX』 Round 4 SAN MARINO GP 、山海堂、2001年、18頁。
  27. ^  『F1グランプリ特集』 2月号、ソニー・マガジンズ、2001年、29頁。
  28. ^ a b  『F1グランプリ特集』 12月号、ソニー・マガジンズ、1998年、21-22頁、63頁。
  29. ^  『F1倶楽部』 双葉社、34号、2000年、30-33頁。
  30. ^ a b c  『Sports Graphic Number』「November - 482・483合併」号、文藝春秋、1999年、40-42頁。
  31. ^  『GRAND PRIX SPECIAL』 ソニー・マガジンズ、2月号、2008年、96頁。
  32. ^ a b 浜島裕英 (2004年7月20日). “クールで、熱く、優しいミカ・ハッキネン” (日本語). 浜島裕英が語るF1ドライバー逸話. 2010年8月25日閲覧。
  33. ^  『F1速報8/22号 「ドイツGP号」』 ニューズ出版、2002年、9頁。
  34. ^ a b c  『F1グランプリ特集』 11月号、ソニー・マガジンズ、2000年、14頁。
  35. ^  『GPX』 Luxembourg GP issue/224、山海堂、1998年、7頁。
  36. ^  『GPX』 Round 13 Belgian GP 、山海堂、2000年、5頁、11頁。
  37. ^  『GPX』 Round 14 Italian GP 、山海堂、2000年、24-25頁。
  38. ^ a b c  「F1速報 - スペインGP号」 ニューズ出版、2001年、4-5頁、65頁。
  39. ^  『GPX』 Round 5 Spanish GP、山海堂、2001年、4頁。
  40. ^ a b  「F1速報 - イギリスGP号」 ニューズ出版、2001年、4-5頁、62-65頁。
  41. ^ ハッキネン夫妻、破局か - F1-Live.com
  42. ^  『AS+F - F1 - 1998総集編』 三栄書房、1998年、6頁。
  43. ^ Mika Hakkinen Teaches Captain Slow to Drive - Top Gear - BBC - YouTube







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミカ・ハッキネン」の関連用語

ミカ・ハッキネンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ミカ・ハッキネンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミカ・ハッキネン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS