ディーセント・ワークとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > ディーセント・ワークの意味・解説 

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年ILO国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳されることが多く具体的には「権利保護され、十分な収入を生み、適切な社会的保護供与される生産的仕事」を意味します。

ディーセント・ワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/24 01:38 UTC 版)

ディーセント・ワーク英語: Decent work、働きがいのある人間らしい仕事)は、1999年国際労働機関(ILO)総会において21世紀のILOの目標として提案され支持された。英語のdecentは「きちんとした」「まともな」「適正な」といった意味がある。近年では、2006年の国際連合経済社会理事会は、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の第7条の『公正で好ましい条件での仕事』はディーセント・ワークと解釈されなければならないという総括所見を示した。[1]さらに2011年に採択された家庭内労働者に関する国際労働条約第189号の表題に明記された。




「ディーセント・ワーク」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ディーセント・ワーク」の関連用語

ディーセント・ワークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series N-08A

九頭竜川

方面、方向及び距離

海洋プラットフォーム

橋姫

IRT355内燃動車

チャージャー

渡船





ディーセント・ワークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディーセント・ワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS