セカンドレイプとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > セカンドレイプの意味・解説 

セカンドレイプ

別名:第二の性的被害性的二次被害
英語:second rape

レイプなどの性的暴行を受けた者に対して第三者が、性被害苦痛思い出させるような言葉投げたり被害を受けた原因一端被害者自身にもあったというような中傷めいた発言をしたりして、精神的苦痛与えること。

レイプ被害者肉体的な面もさることながら精神的大きな苦痛を受ける。早く忘れるために泣き寝入りをする被害者も多いとされる事件表沙汰になると、警察取り調べを受ける中で被害内容思い出したり、マスコミ事件について報道したり、あるいは裁判被告擁護する側に立つ者が、性的挑発あったから性暴行が起きたかのように周囲印象付ける発言を行ったりすることで、被害者をいっそう苦しめることになる場合少なくなく、性犯罪そのもの併せて問題視されている。

2013年0520更新

性犯罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 07:31 UTC 版)

(セカンドレイプ から転送)

性犯罪(せいはんざい)とは犯罪のうち、強姦などに関わるものである。




  1. ^ 日本政府 (2008年). “平成19年の犯罪の動向と犯罪者の処遇
    … 日本における軽い性的事件の被害の届け出は13%(強姦を含む暴行・脅迫事件の被害の届け出は37%)…
    ”. 2009年11月21日閲覧。
  2. ^ オーストラリア政府 (1995年). “Women's Safety Survey 1995(includes reported and unreported incidents)
    … Only 15% of women who identified an incident of sexual assault in the 12 months prior to the survey reported to police. オーストラリアにおける(軽い)性被害の届け出はわずか15% …
    ”. 2009年10月31日閲覧。
  3. ^ 子ども対象・暴力的性犯罪の再犯防止対策について
  4. ^ 親告罪は犯人を知ったときから原則として6ヶ月以内に告訴をしなければならない。
  5. ^ 「同じ居住地域」忌避できず 裁判員の選任で 読売新聞 2010年3月10日
  6. ^ Jurist No1361 守山正[連載 これからの犯罪者処遇]〔第5回〕性犯罪対策 2008年8月
  7. ^ Jurist No1361 前田雅英「ユビキタス社会における犯罪の現状と青少年の保護」 2008年8月
  8. ^ Amanda Matravers, “Setting Some Boundaries: Rethinking Responses to Sex Offenders”, Sex Offenders in the Community, Amanda Matravers (ed.), 2003
  9. ^ 平成19年版 犯罪白書 第7編/第3章/第4節/1 法務省 2007/011/06
  10. ^ 平成19年版 犯罪白書 第7編/第3章/第4節/5 法務省 2007/11/06
  11. ^ 平成17年12月14日法務省矯正局・保護局性犯罪者処遇プログラムの実施について (PDF)
  12. ^ 「矯正施設における性犯罪者処遇プログラムの具体的内容」(法務省矯正局) (PDF)
  13. ^ 性犯罪、4人に1人前歴 警察庁が昨年分466人調査 朝日新聞 2005年3月4日


「性犯罪」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

セカンドレイプに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セカンドレイプ」の関連用語

セカンドレイプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トルコ桔梗

セミホウボウ

イセⅠ型

トラック・クレーン

ルリビタキ

オウシュウアカマツ

ゴールドラスター

チップシール





セカンドレイプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性犯罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS