Portable Document Format PDFの特徴

Portable Document Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 13:39 UTC 版)

PDFの特徴

PDFファイルは 印刷可能なあらゆる文書から生成でき、表示や印刷はアドビシステムズが無料で配布しているAcrobat Reader(旧Adobe Reader)またはサードパーティー製品を利用する。

PDFには、次の特長がある。

  • 作成した文書を異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる
  • 文書のセキュリティを設定できる
  • 圧縮してデータを格納することで、ファイルサイズを小さくできる
  • しおり、リンク、注釈といった、文書を画面に表示するときに便利な機能を設定できる
  • フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる
  • 音声化などアクセシビリティに配慮した文書を作成できる
  • マルチメディアに対応している

レイアウトの保持

PDF文書は、Adobe Acrobat Readerに代表されるPDFビューアー(表示用のソフトウェア)がインストールされているコンピュータであれば元のレイアウトどおりに表示・印刷できる。Acrobat ReaderはWindowsmacOSLinuxなど各種オペレーティングシステム (OS) に対応したものが無償で配布されており、他のPDF閲覧ソフトも数多く存在するため、PDFファイルは多くの環境で閲覧・印刷できる。

PDF以外の電子文書は、ほかのコンピュータ上で元のレイアウトを保持したまま表示・印刷するのは難しい。例えば、WordExcelなどMicrosoft Officeの文書は、対応するソフトウェアもしくをインストールすれば閲覧することは可能だが、バージョンや設定が違っていたり、フォントの有無が原因で編集者が意図した通りのレイアウトを保てない場合がある。HTML の文書は多くのコンピュータで閲覧できる。しかし、レイアウトの制限が大きい上、OSやウェブブラウザの種類・設定でレイアウトが変わりやすい。

そのため、厳密にレイアウトを保持する必要のある文書はPDF化することが多い。ただし、フォントの設定によっては、PDFでも元のレイアウトを保持できない場合がある。この問題は、フォントを埋め込むことで回避できる。




[ヘルプ]
  1. ^ RFC 8118 - The application/pdf Media Type” (英語). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ Yoichi Yamashita(マイコミジャーナル) (2008年7月3日). “PDF 1.7がISO 32000-1として国際標準化”. 毎日コミュニケーションズ. オリジナル2009年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090531115354/http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/03/004/ 2008年7月17日閲覧。 
  3. ^ 垣内郁栄(AtmarkIT) (2008年10月28日). “PDFのISO規格化で得たものと失ったもの:担当者が振り返るPDF1.7標準化の道のり”. ITMedia. http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0810/28/news130.html 2014年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e ISO 32000-1:2008 - Document management – Portable document format – Part 1:PDF 1.7”. Iso.org (2008年7月1日). 2010年2月21日閲覧。
  5. ^ 吉田印刷所. “PDF形式の7つのメリット~なぜ印刷にはPDFが適しているのでしょうか?”. 特売プレス+吉田印刷所 DTPサポート情報Blog. 2017年3月13日閲覧。
  6. ^ The Camelot Project (PDF)” (英語). 2009年10月27日閲覧。
  7. ^ A CDE Definition - Common Ground” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  8. ^ A CDE Definition - Farallon Replica” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  9. ^ Laurens Leurs. “The history of PDF” (英語). 2007年9月19日閲覧。
  10. ^ Geschke, Charles, Driving Adobe:Co-founder Charles Geschke on Challenges, Change and Values, The Wharton School of the University of Pennsylvania, http://knowledge.wharton.upenn.edu/article.cfm?articleid=2038 
  11. ^ Duff Johnson. “The 8 most popular document formats on the web” (英語). 2014年3月2日閲覧。
  12. ^ ただし、それ以前からフリーソフトウェアによる(日本語を含む)PDFの作成は可能であった。
  13. ^ Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification” (英語). Adobe Systems. 2017年3月13日閲覧。
  14. ^ PDF compatibility levels”. 2011年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月17日閲覧。
  15. ^ R, Leonard, History of PDF Openness, Acrobat users, オリジナルの2007-10-14時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20071014010805/http://www.acrobatusers.com/blogs/leonardr/history-of-pdf-openness/ 
  16. ^ Portable Document Format Reference Manual, Adobe Systems Incorporated, (1993-06), http://acroeng.adobe.com/PDFReference/PDF%20Reference%201.0.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  17. ^ a b (PDF) Portable Document Format Reference Manual Version 1.2, Adobe Systems Incorporated, (1996-11-12), オリジナルの2005-11-03時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20051103044315/http://www.pdf-tools.com/public/downloads/pdf-reference/pdfreference12.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  18. ^ a b (PDF) PDF Reference Second edition – Adobe Portable Document Format Version 1.3, Adobe Systems Incorporated, (2000), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference13.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  19. ^ PDFリファレンス第2版 ISBN 4-89471-338-1
  20. ^ a b c d Adobe PDF Reference Archives”. Adobe Systems Incorporated. 2010年2月23日閲覧。
  21. ^ a b (PDF) PDF Reference Third edition – Adobe Portable Document Format Version 1.4, Adobe Systems Incorporated, (2001), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  22. ^ Technical Note#5186 Acrobat JavaScript Object Specification Version 5.1, (2003), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/5186AcroJS.pdf 
  23. ^ (PDF) PDF Reference fourth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.5, Adobe Systems Incorporated, (2003), https://www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_archives/PDFReference15_v6.pdf 2010年2月23日閲覧。 
  24. ^ Acrobat JavaScript Scripting Guide, Technical Note#5430, Version:Acrobat 6.0, (May 2003), http://www.pdfill.com/download/Acro6JSGuide.pdf 
  25. ^ (PDF) PDF Reference fifth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2004), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference16.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  26. ^ Acrobat JavaScript Scripting Reference, (2005-06-27), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/AcroJS.pdf 
  27. ^ a b c Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification”. Adobe Systems. 2010年12月13日閲覧。
  28. ^ (PDF) PDF Reference sixth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2006), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_1-7.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  29. ^ JavaScript for Acrobat API Reference, Version 8, (April 2007), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/js_api_reference.pdf 
  30. ^ a b XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.6, Adobe Systems Incorporated, (2008-01-25), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_6.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  31. ^ a b Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:3, Adobe Systems Incorporated, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/adobe_supplement_iso32000.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  32. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.8, Adobe Systems Incorporated, (2008-10-23), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_8.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  33. ^ Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  34. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.0, Adobe Systems Incorporated, (2009-03-12), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_0.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  35. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.1, Adobe Systems Incorporated, (2009-11-16), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_1.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  36. ^ (PDF) PDFlib API Reference 8.0.2, http://www.pdflib.com/fileadmin/pdflib/pdf/manuals/PDFlib-8.0.2-API-reference-Windows.pdf 2011年3月7日閲覧, "1.7ext8 – PDF 1.7 extension level 8 requires Acrobat X" 
  37. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.3, Adobe Systems Incorporated, (2012-01-09), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_3.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  38. ^ PDFlib - PDF Security - Encryption Algorithms and Key Length, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/encryption/ 2012年9月26日閲覧。 
  39. ^ PDFlib - PDF Security - Security Recommendations, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/recommendations/ 2012年9月26日閲覧, "AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 3 (Acrobat 9) should be avoided because it contains a weakness in the password checking algorithm which facilitates brute-force attacks against the password. For this reason Acrobat X no longer offers Acrobat 9 encryption for protecting new documents (only for decrypting existing documents). In summary, AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 8/PDF 2.0 or AES-128 according to PDF 1.6/1.7 should be used, depending on whether or not Acrobat X is available. Passwords should be longer than 6 characters and should contain non-alphabetic characters." 
  40. ^ Adobe Supplement to ISO 32000-1, BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, Adobe Systems Incorporated, (2009-06), p. 5, http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 
  41. ^ [1]Implementation Guide for the Portable Document Format Healthcare
  42. ^ [2] ISO 14289 の販売ページ
  43. ^ バリアブルデータ印刷(Global Graphics Software社の解説)
  44. ^ ISO 16612-2:2010 - Graphic technology -- Variable data exchange -- Part 2:Using PDF/X-4 and PDF/X-5 (PDF/VT-1 and PDF/VT-2)”. 2014年9月22日閲覧。
  45. ^ ISO/IECのファストトラックは、既に標準化された既存の規格に基づき、通常よりも迅速に審議を行い国際標準化する方式。
  46. ^ ISO規格の制定手順”. 2014年5月9日閲覧。
  47. ^ ISO 32000-1:2008, Page 1, section "1 Scope"
  48. ^ a b ISO/CD 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2013年7月26日). 2017年9月1日閲覧。
  49. ^ PDF Association (2017年8月3日). “ISO 32000, the PDF specification, updated to version 2.0”. 2017年9月1日閲覧。
  50. ^ Duff Johnson (PDF Association). “PDF 2.0:The worldwide standard for electronic documents has evolved”. 2017年9月1日閲覧。
  51. ^ ISO/NP 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2009年10月6日). 2010年2月24日閲覧。
  52. ^ Duff Johnson. “ISO 32000-2 (under development)”. 2014年3月2日閲覧。
  53. ^ Leonard Rosenthol, Adobe Systems (2012年). “PDFと各種標準(英語)”. 2013年10月20日閲覧。
  54. ^ Dr. Matthew Hardy, Adobe Systems (2012年). “7分でわかるPDF標準(英語) – PDF (ISO 32000)”. 2013年10月20日閲覧。
  55. ^ ISO/TC 171/SC 2/WG 8 N 603 - Meeting Report, (2011-06-27), http://pdf.editme.com/files/pdfREF-meetings/ISO-TC171-SC2-WG8_N0603_SC2WG8_MtgRept_SLC.pdf, "XFA is not to be ISO standard just yet. ... The Committee urges Adobe Systems to submit the XFA Specification, XML Forms Architecture (XFA), to ISO for standardization ... The Committee is concerned about the stability of the XFA specification ... Part 2 will reference XFA 3.1(pdf.editme.com 会員限定)" 
  56. ^ partners.adobe.com - Developer Resources
  57. ^ 柳 英俊 (2010年12月6日). “サンドボックスで保護されたPDF閲覧機能を備える「Google Chrome」v8が正式公開”. 窓の杜. 2017年3月20日閲覧。
  58. ^ Lardinois, Frederic; iwatani (2013年2月20日). “Firefox 19がHTML5だけによるPDFビューワを搭載, Androidバージョンはテーマをサポート”. TechCrunch Japan. 2017年3月20日閲覧。
  59. ^ Adobe PDF Specifications PDF仕様書の一覧ページ(英語)
  60. ^ [3]
  61. ^ John Naughton (2010年4月18日). “AppleはiPadでAdobeとFlashに宣戦(英語記事)”. 2014年5月9日閲覧。AppleがFlashを不安定でSafariブラウザがクラッシュする主要要因としてiPhoneから排除したこと、さらにAdobeがFlashをiOS用にコンバートするツールをCS5で提供したものに対しAppleが4日後に「中間変換/互換レイヤーの禁止」条項で応じた経緯が紹介されている。
  62. ^ a b Adobe Systems Incorporated (2008-07-01), Document Management – Portable Document Format – Part 1:PDF 1.7, First Edition, https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/PDF32000_2008.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  63. ^ Adobe Systems Incorporated (2007年10月15日). “Using Acrobat forms and form data on the web”. 2010年2月19日閲覧。
  64. ^ (PDF) XML Forms Data Format Specification, version 2, (September 2007), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfdf_2.0.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  65. ^ a b (PDF) FDF Data Exchange Specification, (2007-02-08), https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/fdf_data_exchange.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  66. ^ IANA Application Media Types - vnd.fdf, http://www.iana.org/assignments/media-types/application/ 2010年2月22日閲覧。 
  67. ^ Adobe PDF Print Engine 2
  68. ^ www.globalgraphics.com/products/jaws_rip/
  69. ^ Harlequin RIP
  70. ^ TeX Wiki PDFの作り方
  71. ^ さまざまなPDFの作成技術の概観 アンテナハウス PDF資料室
  72. ^ PDF:人間が消費するには不向き(Jakob Nielsen博士のAlertbox)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Portable Document Format」の関連用語

Portable Document Formatのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

リモートプリンタ

せりだし

Designer Bluetooth Mouse

ぬりたし

FOMAハイスピード

ほんのぶいめい

インテリマウスオプティカル

こうせい きごう





Portable Document Formatのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPortable Document Format (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS