LGエレクトロニクス 日本法人

LGエレクトロニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 22:26 UTC 版)

日本法人

日本事業所:赤坂ツインタワー

LGエレクトロニクスの完全子会社、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社LG Electronics Japan, Inc.)。本社は東京都港区赤坂2丁目17-22 赤坂ツインタワー本館9階。代表取締役は李揆弘。株主は韓国LGエレクトロニクスの100%出資。

2021年には横浜みなとみらい地区に同社グループの研究開発拠点「LGグローバルR&Dセンター(仮称)」を開設予定[8][9]

沿革

国内工場 




注釈

  1. ^ これらの地域では従来通りLG電子と呼び続けている。

出典

  1. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>76Page>Consolidated Statements of Financial Position>Total equity
  2. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>78Page>Consolidated Statements of Operations>Net sales
  3. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>78Page>Consolidated Statements of Operations>Operating income
  4. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>78Page>Consolidated Statements of Operations>Profit (loss) for the year
  5. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>76Page>Consolidated Statements of Financial Position>Total assets
  6. ^ LG Electronics>Investor Relations>Reports>Annual Reports>Year 2011>66Page>EMPLOYEES
  7. ^ “韓国で「洗濯機戦争」勃発 LG社長が商売敵サムスンの洗濯機を壊す? 告訴合戦、出国禁止も”. 産経新聞社. (2014年12月24日). http://www.sankei.com/world/news/141222/wor1412220031-n1.html 2015年1月10日閲覧。 
  8. ^ 横浜市/MM21地区55-1街区開発/事業予定者にLGエレクトロニクスら2社(日刊建設工業新聞 2016年12月26日5面)
  9. ^ 研究開発拠点、MMに LGエレクトロニクス・ジャパン(日本経済新聞 2016年12月23日)
  10. ^ LG.Philips、「LG Display」に社名を変更(itmedia 2008年2月14日記事)
  11. ^ LG電子ジャパン、6月1日に、「LG エレクトロニクス・ジャパン」に社名変更(CNET Japan 2008年5月29日記事)
  12. ^ LG간부, IFA 열리는 독일서 타사제품 파손하다 연행
  13. ^ 検察捜査に拡大するサムスンとLGの洗濯機戦争
  14. ^ サムスン洗濯機損壊疑惑 LG本社を家宅捜索=韓国検察







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「LGエレクトロニクス」の関連用語

1
70% |||||

2
56% |||||


4
54% |||||

5
54% |||||


7
50% |||||

8
50% |||||

9
38% |||||

10
38% |||||

LGエレクトロニクスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



LGエレクトロニクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLGエレクトロニクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS