1992年 ノーベル賞

1992年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 23:26 UTC 版)

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 1月12日 - 人工頭脳HAL9000」が、イリノイ州アーバナのHAL工場で始動する。(映画『2001年宇宙の旅』、小説『2010年宇宙の旅』、映画『2010年』)[注 1][3][4]
  • 5月2日 - 「零日(デイ・ゼロ)」。アイダホ州の民間企業において、ジョン・デルガーノ少佐による時間旅行時に事故が発生。その数時間後、ボネウィル粒子加速研究機関にて原因不明の爆発が発生し、その被害区域に実戦配置状態のMIRVミサイルが存在したことから、地球の生物圏の変化などを伴う世界的な大破壊へと発展する。(小説『故郷へ歩いた男英語版』)[5]
  • NASAの宇宙船「フレズノ」の着陸艇によって、4名の着陸隊が火星ヘラス盆地に降り立ち、20年前に無人探査機が発見した生命体の調査を行う。その後、地震や砂塵によって着陸隊のうち3名が死亡し、ブラッドリイ・レナルズのみが生還する。(小説『もし星が神ならば英語版』)[6]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


注釈

  1. ^ 『2001年宇宙の旅』小説版では1997年の出来事。

出典

  1. ^ ブトロス・ブトロス=ガーリ”. 国連広報センター. 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ Elaine Thompson”. IAAF. 2016年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  3. ^ アーサー・C・クラーク『2010年宇宙の旅』早川書房、1994年、16・291頁。ISBN 978-4-15-011052-9
  4. ^ アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅 —決定版—』早川書房、1993年、146・147・231頁。ISBN 978-4-15-011000-0
  5. ^ ジェイムズ・ディプトリー・ジュニア『故郷から10000光年』早川書房、1991年、256・257・276・277頁。ISBN 978-4-15-010924-0
  6. ^ グレゴリイ・ベンフォードゴードン・エクランド『もし星が神ならば』早川書房、1988年、9 - 50・79頁。ISBN 978-4-15-010802-1





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1992年」の関連用語

1992年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1992年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1992年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS