真彩希帆 主な舞台

真彩希帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 17:37 UTC 版)

主な舞台

初舞台

  • 2012年4〜5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry-Max-』(宝塚大劇場のみ)

組まわり

花組時代

星組時代

雪組時代

雪組トップ娘役時代




出典

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、79頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i 村上久美子 (2020年2月18日). “雪組真彩希帆「一緒に終われる」望海風斗と同時退団”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002180000452.html 2020年2月18日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『波瀾爆笑!? 我が人生 真彩希帆/宝塚GRAPH 2017年7月号』、宝塚クリエイティブアーツ、2017年、98-100頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k ウィズたからづか 2015年10月号フェアリーインタビューより。
  5. ^ a b c d e “望海風斗と同時退団の宝塚雪組トップ娘役・真彩希帆「最後まで寄り添いたい」”. スポーツ報知. (2020年2月18日). https://hochi.news/articles/20200218-OHT1T50102.html 2020年2月18日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h 村上久美子 (2017年12月14日). “雪組新トップ娘役は少年漫画っ子/真彩希帆”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201712140000372.html 2019年11月9日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 村上久美子 (2018年12月27日). “歌うまコンビでお届け「最強ファントム」/真彩希帆”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201812270000352.html 2019年11月9日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h 土谷美樹 (2018年10月20日). “真彩希帆(上)固定観念を捨てて挑む憧れの歌姫”. スポニチ. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/takarazuka/kiji/20181020s000413D5138000c.html 2019年11月9日閲覧。 
  9. ^ a b 村上久美子 (2017年1月12日). “七海ひろき「愛してもらえる1年に」単独主演作開幕”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1764317.html 2019年11月9日閲覧。 
  10. ^ a b c d 村上久美子 (2017年3月9日). “雪組次期トップに望海風斗、トップ娘役は真彩希帆”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1789728.html 2019年11月9日閲覧。 
  11. ^ a b c d “雪組トップ娘役の真彩希帆 涙の退団会見…トップスター望海風斗と同時退団”. デイリースポーツ. (2020年2月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/02/18/0013126009.shtml 2020年2月18日閲覧。 
  12. ^ a b 志儀駒貴 (2017年4月21日). “雪組トップ、早霧せいなサヨナラ公演開幕「幕末太陽傳」「Dramatic “S”!」唯一無二のトップコンビ最後の舞台”. 産経WEST. https://www.sankei.com/west/news/170421/wst1704210088-n1.html 2019年11月9日閲覧。 
  13. ^ a b 小野寺亜紀 (2018年3月22日). “宝塚雪組トップに縁、ファントム再演”. Lmaga.jp. https://www.lmaga.jp/news/2018/03/37312/ 2019年11月9日閲覧。 
  14. ^ a b c 雪組トップ望海風斗と真彩希帆退団は来年4月11日日刊スポーツ
  15. ^ a b 凪七瑠海のバウホール公演決定、月組トップコンビの退団日・今後のスケジュールも明らかにステージナタリー
  16. ^ 宝塚雪組トップ望海風斗、月組トップ珠城りょうらが異例の退団日変更デイリースポーツ
  17. ^ “望海風斗 宝塚退団を決意した瞬間 舞台に立つ仲間の姿に「涙がツーっと…」”. スポニチAnnex. (2020年2月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/18/kiji/20200218s00041000190000c.html 2020年2月18日閲覧。 
  18. ^ a b 『短波長波/歌劇2017年5月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、86頁

注釈

  1. ^ 9/19・26〜27のみ特別出演。


「真彩希帆」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真彩希帆」の関連用語

真彩希帆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真彩希帆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真彩希帆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS