東京タワー 建設場所

東京タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/21 17:00 UTC 版)

建設場所

建設地は安定した電波を供給するために巨大な電波塔の建設が可能な広さと強固な地盤を有していること、魅力ある展望台のために工場などの煙が景観を妨げないことなど厳しい条件が求められた。

当初は上野公園付近への建設も検討されたが、海抜18メートルの高台にある港区芝公園地区は基礎を打ち込むための東京礫層地盤もより浅いところにあり、国の中枢機関や各放送事業者との距離が近いなど、報道と観光の両面に恵まれた立地であった。

増上寺の境内は25区画に分割された公園に指定されており日本電波塔株式会社は「紅葉山」と呼ばれる、以前紅葉館という高級料亭のあった区画を購入した。土地の買収は増上寺の檀家総代に前田が日本工業新聞の社長時代から親交があった池貝庄太郎がおり、増上寺との間を取り持って用地買収を成功させるよう働きかけた。また、芝公園4丁目地区の周辺一帯は建物倒壊危険度、火災危険度、避難危険度を示す地域の危険度特性評価(東京都2002年実施)において「相対的に危険度の低い町」を示すAAAの評価を得ており、防災面でも電波塔の立地に適していることがのちに判明した。

タワーより西側の住民は、飛行機の衝突、交通渋滞ゴミの増加、環境が悪くなり子どもに悪影響があるのではないかとタワー建築に反対の姿勢であった。東側は、当時の国鉄浜松町駅からタワーへ向かう客により潤されることを期待した。

設計

この塔の建設に先立ち「日本電波塔株式会社」が設立された。そして、建築設計の構造力学を専門とする学者で、戦艦大和の鉄塔や名古屋テレビ塔や大阪の通天閣の設計も行い、さらに数十本におよぶラジオの電波塔を設計した実績があり、日本の塔設計の第一人者である内藤多仲、および日建設計株式会社が共同で塔の設計を行った。内藤は当時話題を提供していたドイツシュトゥットガルトテレビ塔(英語版)(216.6メートル)を参考に鉄筋コンクリートの塔を想定した検討を行う[注釈 15]が、特に基礎に関して敷地の関係などかなりの困難が伴うとの判断から鉄塔で計算を進める方針となった[57]

前田久吉は「建設するからには世界一高い塔でなければ意味がない。1300年も前にすでに高さ57メートルあまりもある立派な塔(五重塔)が日本人の手でできたのである。ましてや科学技術が進展した今なら必ずできる」と高さの意義を強く主張した。設計の条件として、アンテナを含めた塔の高さが380メートルで、高所に展望台を設置し、塔の下に5階建ての科学館をつくることを挙げた。東京全域に電波を送るには380メートルの高さが必要と推定されていたが、380メートルと想定して計算すると風の影響でアンテナが数メートルも大きく揺れると計算され画像が乱れる可能性が高かったため、先端のアンテナの揺れを数十センチ程度に抑え、放送に悪影響が起きず、かつ関東地方全部を守備範囲にできるぎりぎりの寸法についてさまざまに計算したところ、「全高333メートル」という数字が導き出され、偶然「3」が続く語呂合わせのような高さになった。この高さはフランスパリエッフェル塔の312メートル(2022年現在は330メートル[58][59])より21メートル高く、当時の自立式鉄塔としては世界最高という条件を満たしていた。デザインはエッフェル塔に着想を得たものであるが、航空機からも見やすいよう昼間障害標識としてオレンジと白で塗装された[60]

当初は最上部で風速90メートル、下部で風速60メートルの強風と大地震[注釈 16]に遭遇しても安全なように、軽量化に有利な電気溶接ではなく、重量がかさむが当時では確実な技術としてリベットによる接合での構造設計がなされた。風力係数は当時の建設省建築研究所の亀井勇教授に依頼し、風洞実験を行った。地震力はまだ静的解析の時代であり、鉄塔では風圧力の方が支配的であったこともあり建築基準法の地震力算定法通りk=0.16+h/400を水平震度として適用した。解析、計算はすべて手計算で、トラスの解法として一般的であったクレモナ図解法とカスティリアーノの定理が使用された。

構造計算書の最終チェックは自身の設計事務所の田中彌壽雄、日建設計の鏡才吉とともに熱海にある早稲田大学保養所双柿舎」に3日間缶詰状態で行われた。設計を終えた内藤は「どうかね、こんなに素晴らしい眺めはない」と言った[61]。のちに立体骨組モデル応力解析ソフトウェア“FRAN”で耐力を検証しているが、かなりの精度で一致していた[62]。また、加藤勉東京大学名誉教授・(財)溶接研究所理事長)による「東京タワーの構造安全性について」(2007年)によって、東京タワーの構造の信頼性は高いという第三者評価を受けている[63]。当時の建築基準法では建築物の高さは最大100(約31メートル)以下と決められていたが、タワーは工作物とみなされ建築が可能となった。当初、地上約66メートル付近にビアレストランを設置する計画だったが、実現されることはなかった。これは、レストランにすると建築基準法に抵触したためと考えられている。

建設

1957年5月から6月末までの約45日間でボーリング調査を行った時点で、設計は未完成であったが、短期間に完成させなければならないため、6月29日に増上寺の墓地を一部取り壊してすでに設計の決まっていた基礎部の工事が開始された。7月15日に最終的な設計図が完成し、9月21日には鉄骨の組み立てが始まった。

施工ゼネコン竹中工務店。塔体加工は新三菱重工(現・三菱重工業)、松尾橋梁。鉄塔建築は宮地建設工業(現・宮地エンジニアリング)が請け負った。現場指揮官は直前にNHK松山放送局電波塔を担当していた同社の竹山正明(当時31歳)[64]。現場でのヘルメットの色は白:監督管理関係、黄:竹中工務店の社員、緑:鉄塔建方関係、灰:設備関係で色分けされた。

基礎は海抜0メートルの砂利層まで掘り下げて、コンクリートを打ち込み直径が2メートル、長さ15メートルで底の直径が3.5メートルのコンクリート製の円柱を1脚に8本打った(のちのデジタルアンテナ増設時に2本ずつ増設)。塔脚にはカールソン型応力計を埋めておき、脚を支えるための支柱をオイルジャッキで持ち上げて脚の傾きを調節する際など、各塔脚に加わる重量の計測に利用している。タワーは脚を広げた形をしているため、重みで脚が外へ広がろうとする力が加わるが、直径5センチの鋼棒20本を各脚に地中で対角線上に結んで防いでいる[65]

高さ40メートルのアーチライン最上部までは長さ63メートルのガイデリックを使用し、次に80メートルまで組み立てるため、ガイデリックを地上53メートルのマンモス梁までせり上げ鉄骨を組み立てていった。80メートルからの組み立てはエレクターを用いて、鉄骨はエレベーターシャフト内を持ち上げていった[66]

塔脚4本が地上40メートルでアーチ形に組まれたのは1957年12月だが、アーチ中央部が加工の段階で設計より15ミリ沈んでおり、梁の結合ができずに1週間原因究明に時間を費やした。しかしこの問題は、鉄骨に開けられていたリベットを差し込む穴を15ミリずらすことで解決した。

高所までの移動は、80メートルの足場まで4分で昇る2メートル四方のゴンドラ3台で対処した。

高さ141.1メートル(H.14)地点まではリベットで組み立て、それ以上は防さびのため部材に亜鉛メッキを行ったことで、ボルト接合になっている。ボルトは締めたあとに溶接して固めるが夏場の鉄塔は40 - 50度まで上昇し、とび職達を苦しめた。リベットは16万8,000本、本締めボルトは亜鉛メッキ部材の現地接合に4万5,000本使用している[67]

アンテナの設置は当初、名古屋テレビ塔や東京スカイツリーのように塔体内を吊り上げる予定であったが、アンテナ工事は台風の多い9月に開始されたため、工事が遅れてしまいアンテナを上げる前にエレベータ設置工事を始めないと、工期に間に合わなくなってしまった。そのために、アンテナは塔本体の上に30メートルの仮設鉄塔を組んで仮設鉄塔の一面を開けておき、8つに分かれたアンテナ部材(最大14トン)を、下の部材から順に塔の外側から吊り上げていった。塔体内では吊り上げた部材に順次ボルト接合を施して組み立てていき、1958年10月14日15時47分、アンテナが塔頂部に据え付けられた。

現場鳶職人は初期に20人。仕事が増えるにつれ常時60人、タワー上部では6 - 7人で組み立てを行っていた。若頭は当時25歳の桐生五郎[注釈 17]。桐生はタワー完成翌日に、建設中に見合いをした女性と結婚式を挙げた[64]。建設には渡り職人も参加している。当時の鳶の平均日給は500円、タワーでは750円だった。高さを増すごとに強風に苦しめられたが、納期があるために風速15m/sまでは作業を実施した。しかし建設中の1958年6月30日10時[64]に、昇っていた鳶職1人が強風に煽られて高さ61メートルから転落死し、麓にある増上寺で葬儀を行っている。

着工から1年3か月後(543日間)の1958年12月23日、延人員21万9,335人にて完成し、鉄塔本体の最上部に建設に携わった96人の技術屋たちの名前が刻まれた金属製の銘板[注釈 18]が据えられた[68]。総工費は当時の金額で30億円であった。

合計約4,000トン[67]の鋼材(鉄塔本体:SS41(旧JIS。現JISではSS400。降伏強度は240N(ニュートン)/mm2[69])、アンテナ支持台:SHT52相当品[67] 降伏強度 325N/mm2[70])が使用されたが、その中でも特別展望台から上の部分に使用されている鉄材の原料には、朝鮮戦争後スクラップにされたアメリカ軍の戦車約90両分が使われている[注釈 19][71]。これは当時の日本では良質の鋼材に恵まれず、またアメリカにとっても修理するより旧式戦車を売却して新型戦車を製造した方がメリットが大きかったためである[71][72]。これがバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で取り上げられた際に「東京タワーの特別展望台の上はさらに特別なものだった」と形容されている[71]


注釈

  1. ^ 正式には332.6 m である。
  2. ^ 関西テレビは、日本電波塔設立の約9ヶ月後の1958年2月に会社を設立し、同年11月に後に系列を組むフジテレビに先行して放送を開始した。
  3. ^ フジテレビは1958年度中の開局に向け、中央テレビジョンの仮称で会社設立準備中で、1957年11月に会社を設立し、1959年3月に放送開始。
  4. ^ 2010年10月1日時点。
  5. ^ 2021年6月9日時点。
  6. ^ 同年4月にNHK総合テレビジョンと入れ替わる。
  7. ^ 財団法人日本動物愛護協会は「二度とこのような事件が起きて欲しくない」という思いから「動物愛護」のシンボルとして、当時開業したばかりで話題の場所だった東京タワーに記念像を造った。
  8. ^ タワーでの結婚式はこの一度きりであり、その後、他にも申し入れがあったがタワーでの結婚式サービスは行われていない。
  9. ^ 弧を描くように「TOKYO TOWER」の文字が配置しており、東京タワーがある小高い丘(芝公園)や地球をイメージしている。中央のTだけオレンジ色で大きく、東京タワーを思わすデザイン。文字の上に並んだ緑色の丸は、地球環境への貢献や自然との共存をイメージしている。デザインは尾村匡昭、竹鶴孝太郎。当日は来塔者のうち先着1000人に、新ロゴをデザインしたクリアフォルダがプレゼントされた。
  10. ^ 2012年2月2日にNHKで放送された『ブラタモリ』第2シリーズ「東京タワー・芝」(本放送:2011年3月10日)の再放送では、本放送翌日に発生した「東日本大震災」で折れ曲がったアンテナの先端部が番組冒頭に流された[出典無効]
  11. ^ 渋谷のNHK放送センターから銚子市役所まで102km、 水戸市役所まで104km。
  12. ^ 茨城県内では水戸より先、日立市東海村の境の久慈川が関東平野の北東端である。
  13. ^ 当時1964年東京オリンピックの招致を行なっていた(『プロジェクトX』)[出典無効]
  14. ^ ニッポン放送の事実上の創業者。後のニッポン放送、フジテレビジョン、産業経済新聞社の社長、フジサンケイグループ初代議長。ただし、この当時は前田が経営していた産経新聞との関わりはなかった。
  15. ^ 工業デザイナーの柳宗理は東京タワーができた時、80年前のエッフェル塔にくらべても、シュトゥットガルトのテレビ塔にくらべても何の新しさも美しさも感じられない、と酷評している[56]
  16. ^ 同タワーの耐震設計で考慮された水平震度は0.99Gで、関東大震災時に小田原付近で推定された加速度の約2倍に相当。
  17. ^ 鳶職の頭であった桐生五郎は2012年に死去。
  18. ^ TBSの情報番組『そこが知りたい』でTBSの男性アナウンサー8ミリビデオカメラと共に塔体最上部に向かうが、強烈な電波によってビデオカメラが停止。再度8ミリフィルムカメラを持って上り銘板の撮影を行ったものが放送された[出典無効]
  19. ^ スクラップは政治的利権である。それは、ロッキード事件に登場するシグ片山が、ベトナム戦争のスクラップ払い下げを受けていることからわかる。[要出典]
  20. ^ この集約構想により、1958年11月に開局した大阪の関西テレビ放送は開局から約3ヶ月間ネットワークに属さず、独立局の様相だった。
  21. ^ 麹町の自社敷地内の送信所そのものは東京タワーに移設したあとも予備送信所として新宿センタービルに移転するまで試験電波発射を中心に運用を続けた。
  22. ^ 『TBS 50年史』にも記載されている[要文献特定詳細情報]
  23. ^ 公式HPではメインデッキ1階が145m、2階が150mとしているが海抜表記である。
  24. ^ 開業時は125mと称していたが、特別展望台増設時に海抜に変更し150mとの表記に変更した[81]
  25. ^ 公式HPではトップデッキは250mとしているが海抜表記である。六本木ヒルズ展望台も同じ海抜250mとしているが、(六本木ヒルズによれば)実際には東京タワー特別展望台の方が数m高いとしている[81]
  26. ^ 2011年10月8日〜2012年5月31日まで「◆不思議アート展 〜トリックアーティストコレクション〜◆」として再登場。
  27. ^ 東京タワーの公式サイトで、閲覧できる[99]
  28. ^ 頭頂部の改修工事のため、2012年5月8日〜2014年9月12日の間は22時に消灯していた。
  29. ^ 放送大学はUHFのため1波長が鉄塔幅よりも小さくなってしまい、VHF同様に4面にアンテナを設置しても指向性を円形にすることが難しいのと既にテレビ東京のアンテナが設置していたためにスキュー配列となった。
  30. ^ 当初は2013年3月31日に東京タワーからの送信を終了し4月1日から送信所をスカイツリーに一本化する予定だったが、2012年東京都知事選挙及び第46回衆議院議員総選挙の実施に伴い選挙報道や政見放送の公平性を確保する必要があったことから当初予定していた東京タワーの減力ができなかったため、移行予定にも遅れが生じた。
  31. ^ VHFテレビ7chに相当する周波数帯
  32. ^ VHFテレビ3chに相当する周波数帯。
  33. ^ 第1作の公開は1954年であり、竣工すらしていない。

出典

  1. ^ a b 東京タワー
  2. ^ 全国タワー評議会
  3. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,精選版 日本国語大辞典,事典 日本の地域遺産,世界大百科事典. “東京タワーとは”. コトバンク. 2023年1月5日閲覧。
  4. ^ 日本電波塔とは - コトバンク”. コトバンク. 2022年7月25日閲覧。
  5. ^ 受賞対象名 - 東京タワー [東京タワー] - GOOD DESIGN AWARD
  6. ^ 東京タワー完成 - NHK放送史
  7. ^ a b 竹中工務店東京支店 池田末造東京タワーの施工について 建築雑誌 74(869) 13-18 1959年4月20日
  8. ^ 健保プロフィール”. 中央ラジオ・テレビ健康保険組合. 2020年1月27日閲覧。
  9. ^ 2019年4月1日現在の加入事業所”. 中央ラジオ・テレビ健康保険組合(2019年4月1日作成). 2020年1月27日閲覧。
  10. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等(コミュニティ放送事業者)”. 総務省(2019年4月1日作成). 2020年1月28日閲覧。
  11. ^ <ひとキラリ>地域のため未来に挑戦 パーソナリティー・嘉屋崎道子さん”. 東京新聞(2019年7月31日作成). 2020年1月28日閲覧。
  12. ^ かずさアカデミアパーク、ホテルオークラが70%出資”. 日本経済新聞(2010年11月11日作成). 2020年1月28日閲覧。
  13. ^ 広報ひめじ(1964年2月号) 姫路市発行
  14. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等(地上系放送事業者)”. 総務省 電波利用ホームページ (2020年7月1日). 2021年6月26日閲覧。
  15. ^ 第三者割当増資に関するお知らせ”. 株式会社InterFM897 (2021年6月9日). 2021年6月26日閲覧。
  16. ^ a b 会社概要,東京タワー
  17. ^ a b 会社概要 - TOKYO TOWER、2022年3月27日閲覧。
  18. ^ 出典:『民間放送十年史』(日本民間放送連盟・1961年)「第2部 各社史録」356頁「東京放送」・399頁「日本教育テレビ」・404頁「フジテレビジョン」の‛‛‛年表‛‛‛より。
  19. ^ 「NHKニュース」『放送教育』第15巻第3号、日本放送教育協会、1960年6月1日、86 - 87頁、NDLJP:2341193/44 
  20. ^ a b c 放送大学学園要覧2014(4ページ)” (PDF). 放送大学. 2014年6月7日閲覧。
  21. ^ “東京タワー来塔者、1億6000万人達成”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年10月16日). https://www.oricon.co.jp/news/69836/full/ 2023年10月30日閲覧。 
  22. ^ “震災で曲がったアンテナ部分を交換 東京タワー改修”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年4月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0702I_X00C12A4CC1000/ 2023年10月30日閲覧。 
  23. ^ “東京タワー アンテナ傾く”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2011年3月12日). オリジナルの2011年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110314190607/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011031202000020.html 2023年10月30日閲覧。 
  24. ^ “東京タワー、19日から営業再開”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1803O_Y1A310C1CC1000/ 2023年10月30日閲覧。 
  25. ^ “東京タワー、アナログ放送アンテナの撤去始まる”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年2月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO38478310R00C12A2L71000/ 2023年10月30日閲覧。 
  26. ^ 東京タワー 特別展望台(250m)営業一時休止のご案内
  27. ^ “東京タワー、ちょっと低く アンテナ交換で315Mに”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年7月19日). オリジナルの2012年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120721010411/http://www.asahi.com/national/update/0719/TKY201207190119.html 2023年10月30日閲覧。 
  28. ^ a b 東京タワーが復活 “太め”の333メートル”. 産経新聞 (2012年8月3日). 2012年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月28日閲覧。
  29. ^ a b “「謎のボール」東京タワーで公開 先端に50年超”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年12月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2200V_S2A221C1000000/ 2023年8月12日閲覧。 
  30. ^ “ミハル通信 東京タワー アンテナモニュメント 東日本大震災から復旧 旧FCB横浜測定所から本社に移設” (PDF). 電波タイムズ (電波タイムス社): p. 2. (2023年4月12日). https://www.miharu.co.jp/information/images/2023_0412_dempa_times.pdf 2023年4月14日閲覧。 
  31. ^ TOKYO MX * 「東京スカイツリーから電波発射」
  32. ^ 東京タワー放送波の減力を実施します』(pdf)(プレスリリース)東京メトロポリタンテレビジョン、2012年11月9日http://www.mxtv.co.jp/company/press/20121109_tokyotower_1.pdf2013年6月19日閲覧 
  33. ^ 東京タワー放送波の第2回減力を実施します』(pdf)(プレスリリース)東京メトロポリタンテレビジョン、2013年1月10日http://www.mxtv.co.jp/company/press/20130110_genryoku2.pdf2013年6月19日閲覧 
  34. ^ 東京タワー放送波の第3回減力を実施します』(pdf)(プレスリリース)東京メトロポリタンテレビジョン、2013年2月1日http://www.mxtv.co.jp/company/press/20130201_genryoku3.pdf2013年6月19日閲覧 
  35. ^ 東京タワー放送波の第4回減力を実施します』(pdf)(プレスリリース)東京メトロポリタンテレビジョン、2013年2月21日http://www.mxtv.co.jp/company/press/20130222_genryoku4.pdf2013年6月19日閲覧 
  36. ^ 東京タワー放送波の第5回減力を実施します』(pdf)(プレスリリース)東京メトロポリタンテレビジョン、2013年3月14日http://www.mxtv.co.jp/company/press/201314_genryoku5.pdf2013年6月19日閲覧 
  37. ^ a b TOKYO FM 2月11日(月・祝)より東京タワー最上部の新アンテナから放送開始 東京タワー最頂部にラジオアンテナ エフエム東京
  38. ^ a b 東京MXテレビ、12日スカイツリーに完全移行 読売新聞 2013年5月9日
  39. ^ スカイツリーへの送信所移転、31日に 総務相が容認表明 日本経済新聞 2013年5月24日
  40. ^ “地デジ送信の東京スカイツリー移転は5月31日午前9時”. AV Watch (インプレス). (2013年5月24日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/600777.html 2023年10月30日閲覧。 
  41. ^ 平成25年文部科学省告示第119号
  42. ^ 立川経済新聞 2013年11月18日
  43. ^ a b 2015年6月26日より周波数89.7MHzの試験電波発射いたします。
  44. ^ a b "InterFM897"開局
  45. ^ “V-Lowマルチメディア放送、東京局がいよいよ開局へ……予備免許が交付”. RBB TODAY (イード). (2015年7月14日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/07/14/133325.html 2023年10月30日閲覧。 
  46. ^ 東京局試験電波発射を開始いたしました”. VIP (2015年10月5日). 2016年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月30日閲覧。
  47. ^ 株式会社Inter FMの受信環境改善のための周波数変更 総務省関東総合通信局 2015年6月24日
  48. ^ a b c d e 関東・甲信越広域圏のV-Lowマルチメディア放送局(移動受信用地上基幹放送局)に免許 総務省関東総合通信局 2015年12月7日
  49. ^ デジタル地上波最高音質!通信料不要!多彩なチャンネル!進化する無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」始まる!〜3月1日(火)12時からプレ放送開始〜” (PDF). エフエム東京 (2016年2月29日). 2023年10月30日閲覧。
  50. ^ “V-Low「i-dio」が3月1日にプレ放送開始、5月からIPサイマルの補完放送も計画”. 日経クロステック (日経BP社). https://xtech.nikkei.com/it/atcl/news/16/022900615/ 2023年10月30日閲覧。 
  51. ^ 本日(1月25日) 午前10時 来塔者1億8,000万人を突破しました! 東京タワー(2018年1月27日閲覧)
  52. ^ 東京タワー 特別展望台(250m)のグランドオープンと大展望台(150m)リニューアル工事に関するお知らせ 東京タワー(2018年1月27日閲覧)
  53. ^ 放送大学、地上波終了へ=18年に、BS完全移行 時事通信社 2016年5月27日
  54. ^ “閉鎖された東京タワー水族館、各地に移籍した魚たちのその後を公開し「泣ける」と話題に”. INTERNET Watch (インプレス). (2019年6月21日). https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1191691.html 2023年10月30日閲覧。 
  55. ^ 『プロジェクトX』[出典無効]
  56. ^ 柳宗理『柳宗理 エッセイ』平凡社、2016年、P.47頁。 
  57. ^ 建築雑誌Vol.105、No.1305 1990年10月号
  58. ^ Tour Eiffel Wikipediaフランス語版
  59. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年3月16日). “「鉄の貴婦人」まだ成長 エッフェル塔、330mに”. 産経ニュース. 2023年8月25日閲覧。
  60. ^ 東京タワー、23日で開業50周年”. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 2021年8月8日閲覧。
  61. ^ テレビ東京系列『美の巨人たち2010年8月7日放送 「日本の建築スペシャル・東京タワー」[出典無効]
  62. ^ 小林紳也・建築雑誌 121(1546)、29、2006-04-20・社団法人日本建築学会
  63. ^ a b c 東京タワー未来構想 日本電波塔株式会社 東京タワー未来懇談会 2007年12月 (PDF)
  64. ^ a b c プロジェクトX東京タワー・恋人たちの戦い〜世界一のテレビ塔建設、333mの難工事
  65. ^ *東京タワーの秘密*東京タワーQ&A*自然災害編
  66. ^ 重厚長大・昭和のビッグプロジェクトシリーズ 偉大なる建設 東京タワーの建設記録 ASIN:B000QTCYZO
  67. ^ a b c d 大澤悟 日本建築学会退会学術講演 鋼構造物の維持管理・東京タワー 2002年8月
  68. ^ 戦後復興シンボル、天高く YOMIURI ONLINE 2008年1月1日
  69. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 東京スカイツリーうんちく50 2010-11-30-TUE
  70. ^ テレビ塔:コラム(バックナンバー):日本建築構造技術者協会
  71. ^ a b c フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。 
  72. ^ 『東京今昔探偵』(中公新書ラクレ ISBN 4-12-150012-1)「東京タワー〜米軍戦車をつぶして鉄骨に」
  73. ^ 早稲田大学理工学部建築学科・田中弥寿雄 Tanaka Yasuo こぼればなし:東京タワーの基礎(<特集>関東の土質と基礎)[in Japanese] Soil mechanics and foundation engineering 40(3) 86 1992年3月25日
  74. ^ 「東京タワーの名前の由来を知りたい。公募だと聞いたがどのような経緯で「東京タワー」に決定したのか。また、他にどのような候補があったか。」(山梨県立図書館) - レファレンス協同データベース
  75. ^ 人間環境デザイン研究所 幻のタワー計画Archived 2011年11月8日, at the Wayback Machine.
  76. ^ 読売新聞 ②「潮風から鉄塔守る」使命感
  77. ^ 東京タワー 東京タワーの秘密(東京タワーQ&A)塗装編
  78. ^ 日本建築仕上学会2001年大会学術講演会 東京タワーにおける塗装の維持保全 その2 経年変化状況 写真4
  79. ^ 定期塔体塗装工事についてのお知らせ2018年11月
  80. ^ SEVENTH SENSE 〜日本電波塔株式会社(東京タワー)営業部長 前田久徳×陣内貴美子〜
  81. ^ a b “東京タワー③/高さの秘密”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 14. (2003-10-29(夕刊)) 
  82. ^ フットタウン|東京タワーオフィシャルホームページ
  83. ^ esportsパーク『RED° TOKYO TOWER』グランドオープン!”. 東京タワー (2022年). 2023年2月13日閲覧。
  84. ^ 東京タワーのフットタウンでeスポーツやVRアトラクションを体験”. レクリム (2022年). 2023年2月13日閲覧。
  85. ^ 東京タワー|東京都”. 東京ユニークベニュー. 2023年2月11日閲覧。
  86. ^ 東京タワー 日本電波塔
  87. ^ 東京タワー水族館”. www.suizokukan.net. 2018年10月3日閲覧。
  88. ^ 東京電波塔研究会・東京タワー99の謎-知らなかった意外な事実! 二見書房 2006年7月 ISBN:978-4576061177
  89. ^ 東京タワーの秘密
  90. ^ 東京タワーライトアップ
  91. ^ 省エネ対策もバッチリ! 東京タワー開業50周年「ダイヤモンドヴェール」開始 日経トレンディネット
  92. ^ 東京タワーがオリンピックカラーにライトアップ! 「ダイヤモンドヴェール」再点灯のお知らせ』(プレスリリース)日本オリンピック委員会、2012年8月18日http://www.joc.or.jp/games/olympic/london/news/detail.html?id=23572016年3月14日閲覧 
  93. ^ 47NEWS 東京タワーに「がんばろう」太陽光発電でメッセージ
  94. ^ 東京タワーで「藤子・F・不二雄展」開幕、プロジェクションマッピングやドラえもん80体がお出迎え マイナビニュース 2013年7月19日
  95. ^ 祝!ドラえもんの誕生日記念イベント開催 藤子・F・不二雄展
  96. ^ ノッポン弟 TOKYO TOWERさんのツイート 2015年11月15日の発言
  97. ^ “香取 最終回に涙目で「ヤバイ」…東京タワーが「スマステ」カラーのサプライズ”. デイリースポーツ. (2017年9月23日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/23/0010582376.shtml 2017年9月23日閲覧。 
  98. ^ ノッポン弟 TOKYO TOWERさんのツイート 2017年9月23日の発言
  99. ^ ライトアップ”. 東京タワー. 2022年3月20日閲覧。
  100. ^ 東京タワーがウクライナカラー・ライトアップを拒否…担当者語る切実な裏事情”. 女性自身 (2022年3月8日). 2022年3月20日閲覧。
  101. ^ 東京タワー ライトダウン伝説
  102. ^ 読売新聞 プロポーズから新生活まで 愛を見守り続け
  103. ^ 東京タワーのライトアップ中止…哀悼の意と電力節減 スポーツニッポン 2011年3月12日閲覧。
  104. ^ 東京タワー*TOKYO TOWER*ダイヤモンドヴェール 2011/5
  105. ^ 東京アンテナ工事株式会社
  106. ^ 東京スカイツリー®の施設名称・展示演出を決定しました!
  107. ^ 日本経済新聞 2012年5月22日
  108. ^ 東京タワーが“地デジ続投”をTV各局に求める AV Watch 2007年9月21日
  109. ^ a b スカイツリー開業後の東京タワー…結んだ契約は 読売新聞 2010年9月28日 13S版10面
  110. ^ 東京タワー、60年のテレビ電波送信に幕 30日で終了(朝日新聞)
  111. ^ 同大学は2018年に地上波テレビ・ラジオの放送を終了した。放送授業の地上系放送(TV・FM)からBS放送への完全移行について(Q&A)
  112. ^ 半世紀にわたる維持保全 竹中工務店
  113. ^ 竹中eレポート2006
  114. ^ 「東京タワーを愛した男たち電波塔50年物語」 『報道ステーション』 テレビ朝日 2008年2月2日[出典無効]
  115. ^ <株式会社エフエム東京 第388回放送番組審議会> - TOKYO FM
  116. ^ InterFM、6月下旬から89.7MHzに変更。アンテナを高くして受信改善へ AV Watch 2015年6月25日
  117. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  118. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  119. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  120. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  121. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  122. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  123. ^ a b c 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  124. ^ a b c 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  125. ^ a b c 基幹放送用周波数使用計画”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  126. ^ a b c d 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  127. ^ a b c d e 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  128. ^ a b 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  129. ^ <株式会社エフエム東京 第388回番組審議会>” (PDF). エフエム東京 (2012年5月8日). 2015年8月13日閲覧。
  130. ^ a b c d 電波利用ホームページ 無線局免許状情報”. 総務省. 2013年6月28日閲覧。
  131. ^ a b c d e f g h i j 放送用周波数使用計画(総務省)2009年7月22日現在のアーカイブ
  132. ^ a b 無線局免許状情報(東京メトロポリタンテレビジョン(総務省)2013年4月13日現在、2013年5月8日現在のアーカイブ(オリジナルURL
  133. ^ 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  134. ^ 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  135. ^ 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  136. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  137. ^ 基幹放送用周波数使用計画”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  138. ^ 放送大学学園要覧2014(4ページ)” (PDF). 放送大学. 2014年6月7日閲覧。
  139. ^ 放送大学、地上波終了へ=18年に、BS完全移行[リンク切れ] 時事通信社 2016年5月27日発行、同日閲覧。
  140. ^ a b c d 放送普及基本計画(総務省)2009年7月22日現在のアーカイブ
  141. ^ デジタルラジオ実用化試験放送の終了について (PDF) デジタルラジオ推進協会 プレスリリース 2010年10月5日(Internet Archiveのアーカイブ:2013年4月3日収集)
  142. ^ InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは(ラジオライフ.com)2016年3月20日閲覧
  143. ^ 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  144. ^ 無線局免許状情報”. 総務省. 2015年12月16日閲覧。
  145. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  146. ^ 基幹放送用周波数使用計画”. 郵政省 (1988年10月1日). 2015年12月16日閲覧。
  147. ^ https://www.i-dio.jp/news/index.php?itemid=221[リンク切れ]
  148. ^ 東京タワーの秘密(特別ライトアップ)
  149. ^ スカイツリーが建ったまえとあと 拡張論【後編】 | まえとあと
  150. ^ a b c d e 「ゴジラ映画を100倍楽しむ100のカタログ 68 ゴジラはなぜ東京タワーを壊さないのか」『ENCYCLOPEDIA OF GODZILLA ゴジラ大百科 新モスラ編』監修 田中友幸、責任編集 川北紘一、Gakken〈Gakken MOOK〉、1992年12月10日、144 - 145頁。 
  151. ^ いつも我が家の一部 YOMIURI ONLINE 2008年1月8日[リンク切れ]
  152. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  153. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月9日閲覧。






固有名詞の分類

在京広域テレビ局のテレビ送信所 釜利谷テレビ中継放送所  秦野テレビ中継局  東京タワー  日立神峰テレビ中継局  倉渕中継局
現代建築 パゴダ平和記念塔  兵庫県立歴史博物館  東京タワー  滋賀県立近代美術館  福井市立郷土歴史博物館
平成百景 蔵王連峰  高千穂峡  東京タワー  原爆ドーム  矢切
東京都の観光地 二子玉川タイムスパーク  東京ドームシティ  東京タワー  多摩四国八十八箇所  渋谷センター街
東京都の放送送信所 伊豆大島デジタルテレビ中継局  葛飾区役所  東京タワー  足立保木間中継局  青梅市内テレビ中継局
日本の電波塔 大阪タワー  福岡タワー  東京タワー  瀬戸デジタルタワー  平塚テレビジョン中継放送所
映画作品 歌うつぐみがおりました  華麗なる殺人  東京タワー  喧嘩富士  紅だすき喧嘩状

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京タワー」の関連用語

東京タワーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京タワーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京タワー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS