新潮社 不祥事

新潮社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/14 16:59 UTC 版)

不祥事

2015年10月5日橋下徹大阪市長の出自に関する2011年11月3日号に掲載された『週刊新潮』の記事で精神的苦痛を受けたとして、発行元の新潮社に慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁名誉棄損があったと認め275万円の支払いを命じた。[8]週刊新潮編集部は控訴上告したが、2017年6月最高裁判所で地裁判決が確定した。[9]

刊行物

選書

叢書

新書

文庫

  • 新潮文庫 - 哲学古典から、サブ・カルチャータレント本まで、文庫レーベルで最も多彩で刊行数も多いが、初版のみで絶版となるタイトルも多い。
    • 新潮文庫nex - 新潮文庫創刊100周年の節目に、2014年8月28日刊行開始[10]
  • 新潮pico文庫 - 1996年、短期間発行していた手のひらサイズの小冊子。なお、同様のコンセプトのレーベルとして角川mini文庫がある。
  • 新潮OH!文庫 - 実用雑学分野を扱う。2003年(平成15年)以降新刊はないが、一部の重版は続けられている。新潮文庫で新版刊行もある。

雑誌

週刊

月刊

隔月刊

ウェブメディア

  • Foresight(フォーサイト) - 国際情報誌(2010年 - )
  • yomyom pocket - 文芸誌(2013年1月 - 2015年)
  • くらげバンチ - コミック誌(2013年10月 - )
  • デイリー新潮 - 総合ニュースサイト(2015年12月 - )[11]
  • Bバンチ - コミック誌(2017年7月 - ) - コミックバンチweb内

かつて発行・発売していた雑誌




「新潮社」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潮社」の関連用語

新潮社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潮社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潮社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS