ユーザーエクスペリエンス白書 ユーザーエクスペリエンス白書の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ユーザーエクスペリエンス白書の解説 > ユーザーエクスペリエンス白書の概要 

ユーザーエクスペリエンス白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/12 04:58 UTC 版)

概要

白書では、

  • ユーザーエクスペリエンスは「現象としてのユーザーエクスペリエンス」「研究分野としてのユーザーエクスペリエンス」「実践としてのユーザーエクスペリエンス」という3つの視点から捉えられるということ
  • ユーザーエクスペリエンスは注目するタイムスパンによって「予期的ユーザーエクスペリエンス」「瞬間的ユーザーエクスペリエンス[1]」「エピソード的ユーザーエクスペリエンス」「累積的ユーザーエクスペリエンス」という4種類に分類できるということ
  • ユーザーエクスペリエンスに影響を与える要素は「状況[2]」「ユーザー」「システム」の主に3種類に分類できるということ

などが主張されている。

参考文献

関連項目


  1. ^ (hcdvalue 2011)においては「瞬間的ユーザーエクスペリエンス」ではなく「一時的UX」と翻訳されている。
  2. ^ (hcdvalue 2011)においては「状況」ではなく「文脈」と翻訳されている。


「ユーザーエクスペリエンス白書」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーザーエクスペリエンス白書」の関連用語

ユーザーエクスペリエンス白書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユーザーエクスペリエンス白書のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーザーエクスペリエンス白書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS