マオリ語 文法と統語論

マオリ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 10:18 UTC 版)

文法と統語論

語基

ビッグズ(1998)はマオリ語の基本単位は単語ではなく句であるという分析を展開した。語彙的な単語は句の「語基(base)」を形成する。定冠詞を取ることができるが、言葉の句の核として生じない語基を、「名詞」は含む;例:ika(魚)またはrākau(木)。複数は、定冠詞(単数形 te,複数形 ngā)、直示的小辞 "tērā rākau" (その木)、 "ērā rākau" (それらの木)、所有代名詞 "taku whare" (私の家)、 "aku whare" (私の家)を含む様々な手段によって特徴付けられる。複数形で母音が長くなる名詞もある。例 wahine (女); wāhine (女たち)

状態動詞(stative)は動詞として使える語基として機能するが、受動文には使用できない。ora (生きている)、tika (正しい)など。文法では一般的に「状態動詞(stative verb)」と呼んでいる。文の中で使われるとき、状態動詞は他の動詞のような語基とは異なる構文を必要とする。

位置を示す語基は、位置を示す不変化詞ki(に、に向かって)に直接続くことができ、例えば、runga(上)、waho(外)、および地名(ki Tamaki、オークランドに)のようなものがある。

人を示す語基はkiの後に人を示す冠詞を取る。人の名前(ki a Hohepa、ジョセフ(Joseph)へ)、擬人化された家、人称代名詞wai?(誰?)、Mea(まあまあ)。

小辞

他のすべてのポリネシア言語と同様に、マオリには、動詞的小辞、代名詞、位置の小辞、定の小辞、所有の小辞など小辞が豊富である。

動詞の小辞は、それらが関係する動詞のアスペクト特性を示す。ka(起動)、i(過去)、kua(完了)、kia(願望)、me(規範)、e(非過去)、kei(警告、「最悪」)、inaまたはana(条件「いつ」)、e ...ana(不完了)などがある。

代名詞には単数形、双数形、複数形がある。複数形と双数形の両方の異なる一人称の形式は、聞き手を含むグループまたは聞き手を含まないグループに使用される。

位置小辞とは、時間および/または空間における位置を指し、ki(向かって)、kei(で)、i(過去の位置)、およびhei(未来の位置)が含まれる。

所有は所有者と所有対象の間の関係によって、aとoで示される2つのクラスのうちの1つに分類される:ngā tamarikia te matua は親の子を表すが、te matua o ngā tamariki は子の親を表す。

定冠詞には、te(単数)とngā(複数)、および所有を表すtāo,tōが含まれる。これらは代名詞とも結合する。指示的な小辞は直示機能を持ち、tēnei,これ, tēnā,それ, tērā,あれ,前述のtauaなどがある。他の定を表す小辞としては、 「tēhea? (どれ?)、tētahi,(或る、一定の)。tで始まる定を表す小辞は、tをドロップすることによって複数形を形成する。: tēnei (これ), ēnei (これら)

不定冠詞 he は,通常,それが使用される句の冒頭に置かれる。不定冠詞は、語基が不明確または名目上使用されるときに使用される。これらの句は,不明瞭な名目上の句として識別することができる。冠詞は英語の 「a」 または 「some」 に翻訳することができるが、その数は he によって示されない。不定冠詞 he が水や砂のような大量の名詞と一緒に使われるときは、常に「一定の」を意味する。

He tāne A man Some men
He kōtiro A girl Some girls
He kāinga A village Some villages
He āporo An apple Some apples

固有名詞の冠詞aは人称名詞や場所名に用いられる。固有名詞は、 定冠詞または不定冠詞が名称の重要な部分でない限り固有名詞を表す小辞の上に持たない。(英語の例:the USは定冠詞を伴う固有名詞。)固有名詞を表す小辞は、常に固有名詞を含む句の中にある。

Kei hea, a Pita? ピーターはどこにいますか?
Kei Ākarana, a Pita. ピーターはオークランドにいます。
Kei hea, a Te Rauparaha? テ・ラウパラハ英語版はどこにいますか?
Kei tōku kāinga, a Te Rauparaha. テ・ラウパラハは私の家にいます。

修飾語としての語基

一般に、修飾語として使用される語基は、それらが修飾する語基に従う。例えば、"matua" (親,年長者) "wahine" (女)から"matua wahine" (母, おばあさん)。

人称代名詞

単数形 双数形 複数形
一人称包括形 tāua tātou
一人称除外形 au / ahau māua mātou
二人称 koe kōrua koutou
三人称 ia rāua rātou
マオリ語の代名詞の模式図

他のポリネシア言語と同様に、マオリには代名詞と所有格に3つの数、単数形、双数形、複数形がある。例:ia(彼/彼女)、rāua(彼ら2人)、rātou(三人以上)。マオリ代名詞と所有格はさらに、排他的「我々は」と包括的「我々は」、二番目と三番目を区別する。複数の代名詞mātou(we、exc)、tātou(私たち、包括形)、koutou(あなた)、rātou(彼ら)を持つ。この言語は双数形代名詞māua(私たち2人、除外形)、tāua(私たち2人、包括形)、korua(あなたたち2人)、rāua(彼ら2人)を特徴としている。除外形と包括形の違いは、対象者の取扱いにある。三人称でいえば mātou は話し手やその他の人を指すが、聞き手は指さない(「私と他人であり、あなたは含まない」)。一方、tātou は話し手・聞き手・その他のすべての人を指す(「あなた、私、他の人」)。

  • Tēnā koe: こんにちは〔相手が1人の場合〕
  • Tēnā kōrua: こんにちは〔相手が2人の場合〕
  • Tēnā koutou: こんにちは〔相手が3人以上の場合〕

句文法

マオリ語で話される句は、「核」と「周縁」に分けることができる。核は意味と考えられ、語句の中心である一方、周縁は文法的な意味が伝達され、核の前後に発生する場所である。

周縁 周縁
te whare nei
ki te whare

核の whare は「家」と訳すことができ、周縁の te は英語の定冠詞 the に類似し、周縁の nei は話し手への近接を示す。この句全体は「この家」と訳すことができる。

否定

マオリ語で否定的な語句を形成することは、極めて文法的に複雑である。さまざまな状況で使用されるいくつかの異なる否定辞がある[77]。4つの主な否定辞は次のとおり[77]

否定辞 説明
kāore/kāhore/kāre/kāo 最も一般的な否定辞。
kore 強い否定で、英語の never に相当する。
kaua/kauka 否定の命令を構成する際に使用される。
ehara 特定の非動詞的な文を否定するのに用いられる(例: 等式文、分類、前置詞の文)。

kīhaiは特定の方言や古めのテクストには見られるが、一般的にはあまり使われていない[77]。最も一般的な否定辞は kāhore で、これは上に示した4つの形のうちいずれかの形で現れるが、このうち kāo は質問への応答にのみ使用される[77]。否定句は以下に示すように、動詞的小辞の形にも影響する。

動詞的小辞[77]
肯定 否定
i i
ka i/e
i te i te
kei te i te
e...ana e...ana
kua kia

kāhore の一般的な用例を以下に示す。主語は通常否定句で提起されるが、これは義務的ではない[78]。否定句の各例は比較のため、対応する肯定表現と共に提示する。

(1a) Kāhore tātou e haere ana āpōpō
neg 1pl.incl T/A 行く T/A 明日
'私たち(3人以上)は明日は行かない'[79]
(1b) E haere ana tātou āpōpō
T/A 行く T/A 1pl.incl 明日
'私たちは明日行く'[79]
(2a) Kāhore anō he tāngata kia tae mai
neg まだ det subj 着く こちらへ
'まだ誰も来ていない'[79]
(2b) Kua tae mai he tāngata
T/A 着く こちらへ det
'来た人がいる'[79]

  1. ^ a b c Maori”. Ethnologue: Languages of the World. 2017年6月29日閲覧。
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Maori”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/maor1246 
  3. ^ a b Waitangi Tribunal. (2011). Ko Aotearoa tēnei: A report into claims concerning New Zealand law and policy affecting Māori culture and identity – Te taumata tuarua. Wellington, New Zealand: Author. Wai No. 262. Retrieved from [1]
  4. ^ a b c d Compare: Roy, Eleanor Ainge (2018年7月28日). “Google and Disney join rush to cash in as Māori goes mainstream”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2018/jul/28/google-disney-maori-new-zealand 2018年7月28日閲覧. "John McCaffery, a language expert at the University of Auckland school of education, says the language is thriving, with other indigenous peoples travelling to New Zealand to learn how Māori has made such a striking comeback. 'It has been really dramatic, the past three years in particular, Māori has gone mainstream,' he said." 
  5. ^ Home” (英語). Māori Television. 2021年10月4日閲覧。
  6. ^ a b Māori language speakers”. Statistics New Zealand (2013年). 2017年9月2日閲覧。
  7. ^ Ngā puna kōrero: Where Māori speak te reo – infographic”. Statistics New Zealand. 2017年9月2日閲覧。
  8. ^ NZETC: Maori Wars of the Nineteenth Century, 1816
  9. ^ a b Brownson, Ron (2010年12月23日). “Outpost”. Staff and friends of Auckland Art Gallery Toi o Tāmaki. 2018年1月13日閲覧。
  10. ^ a b The Missionary Register”. Early New Zealand Books (ENZB), University of Auckland Library. pp. 54–55 (1831年). 2019年3月9日閲覧。
  11. ^ a b Te reo Māori – the Māori language”. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand (2015年9月1日). 2017年6月29日閲覧。
  12. ^ Maori language”. Encyclopedia Britannica. 2017年6月29日閲覧。
  13. ^ a b Māori Language Act 1987 No 176 (as at 30 April 2016), Public Act Contents – New Zealand Legislation”. www.legislation.govt.nz. 2017年6月29日閲覧。
  14. ^ For example: Maori and the Local Government Act”. New Zealand Department of Internal Affairs. 2017年6月29日閲覧。
  15. ^ The New Oxford American Dictionary (Third Edition); Collins English Dictionary – Complete & Unabridged 10th Edition; Dictionary.com
  16. ^ Official languages”. New Zealand Government. 2012年6月8日閲覧。
  17. ^ Recognition of Māori Language”. New Zealand Government. 2011年12月29日閲覧。
  18. ^ Iorns Magallanes, Catherine J. (December 2003). “Dedicated Parliamentary Seats for Indigenous Peoples: Political Representation as an Element of Indigenous Self-Determination”. Murdoch University Electronic Journal of Law 10. SSRN 2725610. http://www.austlii.edu.au/au/journals/MurUEJL/2003/39.html 2017年6月29日閲覧。. 
  19. ^ New Zealand Maori Council v Attorney-General [1994] 1 NZLR 513
  20. ^ Television – Māori television”. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand (2014年10月29日). 2015年8月24日閲覧。
  21. ^ New Zealand Gazetteer of Official Geographic Names”. Land Information New Zealand. 2019年6月22日閲覧。
  22. ^ K. R. Howe. 'Ideas of Māori origins – 1920s–2000: new understanding', Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand, updated 4-Mar-09. URL: http://www.teara.govt.nz/en/ideas-of-maori-origins/5
  23. ^ Story: Māori education – mātauranga”. 2019,6,22閲覧。
  24. ^ “Rosina Wiparata: A Legacy of Māori Language Education” (英語). The Forever Years. (2015年2月23日). https://theforeveryears.wordpress.com/2015/02/23/rosina-wiparata-a-legacy-of-maori-language-education/ 2017年11月15日閲覧。 
  25. ^ a b Waitangi Tribunal (2011, p. 440).
  26. ^ Waitangi Tribunal (2011, p. 470).
  27. ^ Controller and Auditor-General”. Office of the Auditor-General (2017年). 2017年12月3日閲覧。
  28. ^ Waitangi Tribunal (2011, p. 471).
  29. ^ a b Waitangi Tribunal”. www.waitangi-tribunal.govt.nz. 2013年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月9日閲覧。
  30. ^ a b c Albury, Nathan John (2 October 2015). “Collective (white) memories of Māori language loss (or not)”. Language Awareness 24 (4): 303–315. doi:10.1080/09658416.2015.1111899. ISSN 0965-8416. 
  31. ^ a b Albury, Nathan John (2 April 2016). “An old problem with new directions: Māori language revitalisation and the policy ideas of youth”. Current Issues in Language Planning 17 (2): 161–178. doi:10.1080/14664208.2016.1147117. ISSN 1466-4208. 
  32. ^ Biggs, Bruce (1994). "Does Māori have a closest relative?" In Sutton (Ed.)(1994), pp. 96–105
  33. ^ Clark, Ross (1994). "Moriori and Māori: The Linguistic Evidence". In Sutton (Ed.)(1994), pp. 123–135.
  34. ^ Harlow, Ray (1994). "Māori Dialectology and the Settlement of New Zealand". In Sutton (Ed.)(1994), pp. 106–122.
  35. ^ The Endeavour Journal of Sir Joseph Banks, 9 October 1769: "we again advancd to the river side with Tupia, who now found that the language of the people was so like his own that he could tolerably well understand them and they him."
  36. ^ "https://www.radionz.co.nz/news/te-manu-korihi/118294/rapanui-expedition-reveals-similarities-to-te-reo-maori Rapanui expedition reveals similarities to Te Reo Maori]," Radio New Zealand, 16 October 2012. Retrieved 29 March 2019.
  37. ^ QuickStats About Māori. Statistics New Zealand. (2006). http://www.stats.govt.nz/Census/2006CensusHomePage/QuickStats/quickstats-about-a-subject/maori.aspx 2007年11月14日閲覧。.  (revised 2007)
  38. ^ Māori Language Issues – Te Taura Whiri i te Reo Māori”. Māori Language Commission . 2011年2月12日閲覧。
  39. ^ a b Albury, Nathan (2016). “Defining Māori language revitalisation: A project in folk linguistics”. Journal of Sociolinguistics 20 (3): 287–311. doi:10.1111/josl.12183none , p. 301.
  40. ^ Census 2016, Language spoken at home by Sex (SA2+)”. Australian Bureau of Statistics. 2017年10月28日閲覧。
  41. ^ Aldworth, John (2012年5月12日). “Rocks could rock history”. New Zealand Herald. http://nzherald.co.nz/hamilton-news/news/article.cfm?c_id=1503366&objectid=11062720 2017年5月5日閲覧。 
  42. ^ An underlined k sometimes appears when writing the Southern dialect, to indicate that the /k/ in question corresponds to the ng of the standard language. Both L and G are also encountered in the Southern dialect (qv), though not in standard Māori. Various methods are used to indicate glottal stops when writing the Wanganui dialect.
  43. ^ Salmond, Anne (1997). Between Worlds: Early Exchanges between Maori and Europeans, 1773–1815. Auckland: Viking 
  44. ^ Sample of Writing by Shunghie [Hongi Hika on board the Active]”. Marsden Online Archive. University of Otago. 2015年5月25日閲覧。
  45. ^ Stowell, Henry M.. Maori-English Tutor and Vade Mecum. https://books.google.com/books?id=6J6EBhCqgdEC&lpg=PA186&dq=Maori%20English%20Tutor%20and%20vade%20medum&pg=PP1#v=onepage&q&f=false  This was the first attempt by a Māori author at a grammar of Māori.
  46. ^ Apanui, Ngahiwi (2017年9月11日). “What's that little line? He aha tēnā paku rārangi?”. Stuff (Stuff). https://www.stuff.co.nz/national/96579604/whats-that-little-line-he-aha-tena-paku-rarangi 2018年6月16日閲覧。 
  47. ^ Māori Orthographic Conventions, Māori Language Commission. Accessed on 11 June 2010.
  48. ^ Mātauranga hangarau – information technology – Māori language on the internet”. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand (2010年3月11日). 2017年6月29日閲覧。
  49. ^ Why Stuff is introducing macrons for te reo Māori words” (英語). Stuff. 2018年10月10日閲覧。
  50. ^ Seven Sharp - Why are macrons so important in te reo Māori”. www.tvnz.co.nz. 2018年10月10日閲覧。
  51. ^ Reporters, Staff. “Official language to receive our best efforts” (英語). NZ Herald. ISSN 1170-0777. https://www.nzherald.co.nz/wanganui-chronicle/horowhenua-chronicle/news/article.cfm?c_id=1503788&objectid=12048013 2018年10月10日閲覧。 
  52. ^ Goldsmith, Paul (2012年7月13日). “Taxes - Tax, ideology and international comparisons”. Te Ara - the Encyclopedia of New Zealand. 2013年6月14日閲覧。
  53. ^ Māori Language Week 2017 - Hamilton City Council” (英語). www.hamilton.govt.nz. 2018年10月10日閲覧。
  54. ^ Proposed District Plan (Stage 1) 13 Definitions”. Waikato District Council. p. 28 (2018年7月18日). 2019年6月22日閲覧。
  55. ^ Te Wiki o Te Reo Maaori Discovery Trail - Waikato Museum”. waikatomuseum.co.nz. 2018年10月10日閲覧。
  56. ^ University of Waikato 'macroniser' revolutionises transcription of te reo proceedings” (英語). www.waikato.ac.nz (2013年1月18日). 2019年1月24日閲覧。
  57. ^ Bauer 1993: 537. Bauer mentions that Biggs 1961 announced a similar finding.
  58. ^ Bauer 1997: 536. Bauer even raised the possibility of analysing Māori as really having six vowel phonemes, a, ā, e, i, o, u ([a, aː, ɛ, i, ɔ, ʉ]).
  59. ^ Harlow 1996: 1; Bauer 1997: 534
  60. ^ [a] is realised as  [ɒ] by many speakers in certain environments, such as between [w] and [k] (Bauer 1993:540) For younger speakers, both are realised as [a].
  61. ^ Harlow 2006, p. 69.
  62. ^ Harlow 2006, p. 79.
  63. ^ Bauer 1997: 532 lists seven allophones (variant pronunciations).
  64. ^ Williams, H. W. and W. L (1930). First Lessons in Maori. Whitcombe and Tombs Limited. p. 6.
  65. ^ 'MAORI LANGUAGE – Pronunciation'”. Encyclopedia of New Zealand (1966年). 2019年6月22日閲覧。
  66. ^ Harlow, Ray (2006). Māori, A Linguistic Introduction. Cambridge University Press. p. 42. ISBN 978-1107407626 
  67. ^ Biggs 1988: 65
  68. ^ Bauer 1997: xxvi
  69. ^ Bauer 1993: xxi–xxii
  70. ^ The Hocken Library contains several early journals and notebooks of early missionaries documenting the vagaries of the southern dialect. Several of them are shown at Blackman, A. "Some Sources for Southern Maori dialect", Hocken Library, 7 July 2001. Retrieved 3 December 2014.
  71. ^ Goodall & Griffiths (1980) pp. 46–8.
  72. ^ Goodall & Griffiths (1980) p. 50: Southern dialect for 'wai' – water, 'hora' – spread out.
  73. ^ Goodall & Griffiths (1980) p. 45: This hill [The Kilmog]...has a much debated name, but its origins are clear to Kaitahu and the word illustrates several major features of the southern dialect. First we must restore the truncated final vowel (in this case to both parts of the name, 'kilimogo'). Then substitute r for l, k for g, to obtain the northern pronunciation, 'kirimoko'.... Though final vowels existed in Kaitahu dialect, the elision was so nearly complete that pākehā recorders often omitted them entirely.
  74. ^ As with many "dead" languages, there is a possibility that the southern dialect may be revived, especially with the encouragement mentioned. "The Murihiku language – Mulihig' being probably better expressive of its state in 1844 – lives on in Watkin's vocabulary list and in many muttonbirding terms still in use, and may flourish again in the new climate of Maoritaka." (Natusch, S. (1999) Southward Ho! The Deborah in Quest of a New Edinburgh, 1844. Invercargill, NZ: Craig Printing. 978-0-908629-16-9 )
  75. ^ Approved Māori signage”. University of Otago. 2019年6月6日閲覧。
  76. ^ "Eastern Southland Regional Coastal Plan", from "Regional Coastal Plan for Southland – July 2005 – Chapter 1". See section 1.4, Terminology. Retrieved 3 December 2014.
  77. ^ a b c d e Bauer 2001: 139
  78. ^ Bauer 2001: 141
  79. ^ a b c d Bauer 2001: 140
  80. ^ Manners and social behaviour” (英語). teara.govt.nz. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand (2013年9月5日). 2018年2月21日閲覧。






マオリ語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マオリ語」の関連用語

マオリ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マオリ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマオリ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS