ヒューナーテスト ヒューナーテストの概要

ヒューナーテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/23 10:38 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

排卵日に合わせて性交を行わせ、2~3時間後に受診し、後膣円蓋の貯留液、頸管粘液を採取し、顕微下で精子の有無と運動率を観察する[1][2]。後膣円蓋の潮流液に精子を認めれば、確実に膣内に射精できておりかつ無精子症を否定でき、頸管粘液で25個以上/HPF認められれば、本試験陽性とされる[1][2]

ヒューナー試験後の流れ

関連項目


  1. ^ a b c 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294
  2. ^ a b c 伊藤正男 、井村裕夫、 高久史麿『医学書院医学大辞典 第2版』、2009年。ISBN 978-4260005821
  3. ^ 病気がみえるVol.9 「婦人科・乳腺外科」 メディックメディア社発行 ISBN 978-4896324624


「ヒューナーテスト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒューナーテスト」の関連用語

1
14% |||||

2
2% |||||

ヒューナーテストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒューナーテストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒューナーテスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS