キス (魚) 分類

キス (魚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/02 14:18 UTC 版)

分類

アオギス Sillago parvisquamis江の島水族館における飼育個体)。個体数を大幅に減らし、絶滅が危惧される種類[5]
ホシギス Sillago aeolus。胸鰭基底部の黒色斑が生時の特徴[5]
モトギス Sillago sihama。アオギスとよく似た種で、インド太平洋に幅広く分布する[5]

キス科に Kaga(2013)はアトクギス属Sillaginops を新たに設け, さらに従来3属で構成されていたキス科の分類に5属を認めている[3]。本稿では、FishBaseに記載される5属34種についてリストする[6]


  1. ^ “キス【鱚】”, 広辞苑, 第4版, 岩波書店, (1998) 
  2. ^ "キス(鱚)". 世界大百科事典 第2版、日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2021年12月10日閲覧
  3. ^ a b Tatsuya Kaga 『Phylogenetic systematics of the family Sillaginidae (Percomorpha: order Perciformes)』 Zootaxa3642. 2013年 ISBN 978-1-77557-144-5 pp.105
  4. ^ a b c d e f g Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7 p.357
  5. ^ a b c d e f 岡村収・尼岡邦夫監修 『日本の海水魚』 山と溪谷社 1997年 ISBN 4-635-09027-2 p.307
  6. ^ a b Sillaginidae”. FishBase. 2014年7月20日閲覧。
  7. ^ 徳川将軍が毎朝食した「鱚《きす》」 脚立釣り発祥のきっかけにも”. ダイヤモンド・オンライン (2013年7月19日). 2022年11月10日閲覧。
  8. ^ "痩せぎす". デジタル大辞泉. コトバンクより2021年12月10日閲覧
  9. ^ 語源由来辞典 (2007年10月14日). “キス/鱚/きす”. 語源由来辞典. 2023年3月10日閲覧。


「キス (魚)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キス (魚)」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
90% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||


10
50% |||||

キス (魚)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キス (魚)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキス (魚) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS