蟻の門渡とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 蟻の門渡の意味・解説 

あり‐の‐とわたり【蟻門渡】

〔名〕

アリ一筋の細い行列をなして行くこと。ありわたり。蟻の熊野参り。《季・夏

俳諧犬子集(1633)一七「きり口を程へて見ればなまなすび 砂糖にはあつまるの唐わたり」

山の尾根の両側切り立った崖をなしている細く狭い道の部分修験者修行の場所などとなった。長野県戸隠山のものが有名。ありわたり。

山家集(12C後)下「ありのとわたりと申す所にて、笹深みこす岫(くき)を朝立ちてなびきわづらふありのとわたり

陰部肛門(こうもん)との間。会陰(えいん)の俗称とわたり

上杉家文書‐(年月日未詳)(室町直江重光兼続秘伝集「第一どくのあたりに有る知事ありのとわたり、しきりにかゆき者也」


蟻の門渡

読み方:ありのとわたり

  1. 蟻の門渡り会陰乃ち陰部肛門の間を云ふ。通路如く狭き一条の道なるが故なり。略してとわたりといふ。風来山人作「道行妹背筋」に「褌谷の片ほとり肛門寺とて名にしおふ大師の古路ふし拝みとわたり打過ぎて金太の宿にぞ着きにけり」、又「痿陰隠逸伝」に「ありのとわたり裏店に業勢痿して」とあり。
  2. 会陰
  3. 会陰部即ち陰部肛門との間。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

蟻の門渡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蟻の門渡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS