芳香環水酸化ジオキシゲナーゼとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 芳香環水酸化ジオキシゲナーゼの意味・解説 

芳香環水酸化ジオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/04 09:01 UTC 版)

芳香環水酸化ジオキシゲナーゼ(ほうこうかんすいさんかジオキシゲナーゼ、: Aromatic-ring-hydroxylating dioxygenase, ARHD)は、芳香環に分子状酸素(O2)由来の2つの酸素原子を水酸基の形で導入する反応を触媒する酵素の総称である。さまざまな芳香族化合物の分解に関与することから、環境汚染物質の分解を目指した研究が多く行われている。




「芳香環水酸化ジオキシゲナーゼ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

芳香環水酸化ジオキシゲナーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芳香環水酸化ジオキシゲナーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芳香環水酸化ジオキシゲナーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS