懐しのブルースとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 懐しのブルースの意味・解説 

懐しのブルース

原題:
製作国:日本
製作年:1948
配給:松竹
スタッフ
監督:佐々木康 ササキヤスシ
製作:久保光三 クボコウゾウ
脚本:鈴木兵吾 スズキヘイゴ
撮影:斎藤毅 サイトウタケシ
音楽:万城目正 マンジョウメタダシ
美術:小島基司 コジマモトジ
照明:高下逸男 タカシタイツオ
キャスト(役名
小沢栄太郎 オザワエイタロウ (立松通房)
高峰三枝子 タカミネミエコ (伸子
眞船圭子 マフネケイコ (寿子
高松栄子 タカマツエイコ (乳母やす)
上原謙 ウエハラケン (脇浩介)
水島道代 ミズシマミチヨ (妻加奈子
高橋豊子 タカハシトヨコ (女中まつ)
水上令子 ミナカミレイコ (風戸阿屋子)
松井潤子 マツイジュンコ (桐谷圭子)
東野英治郎 トウノエイジロウ (滝川祐三)
日守新一 ヒモリシンイチ (小田切進
解説
シナリオは「二連銃の鬼」の鈴木兵吾メガフォンは「はたちの青春」「浅草の坊ちやん」の佐々木康キャメラは「浅草の坊ちやん」の斎藤毅担当する。「リラの花忘れじ」に次ぐ高峰三枝子こころ月の如く」に次ぐ上原謙俳優座小沢英太郎東野英治郎、この映画デビューする新人眞船圭子らの出演
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
時代の嵐はついに名門立松家を崩壊させた。当主の通房は学者はだで生活には無力な男であったので、長女伸子はその父と信州富士見高原療養所胸の病を憩めている妹寿子療養費助けるため、父に隠しキャバレー歌い手になった。美貌美声彼女はたちまち花形となり、若い貿易商浩介に見そめられ、いつか二人交際は深い理解愛情によって離れ難いものになっていた。伸子の選んだ職業一徹な父は愕然とし、自分たちの邸宅買取ってくれた滝川からの斡旋実業家宮地との縁談をまとめようと伸子勧めるが、伸子の心は動かなかった。伸子初秋の一日を脇誘われて三浦半島遊び帰途夕食立寄ったホテルは実は旧いわが家新しい姿であった。感慨をこめた彼女の瞳から脇は彼女の総てを知る。家へ帰る滝川から縁談断りと、妹寿子から退院間近い旨の便り来ていた。富士見高原に元気になった妹を迎え伸子は、一人胸を病む美し女性に会い、話しているうちに彼女はの妻であることが判り伸子の心の動揺大きかった。なぜ奥様がおありだった事をおっしゃって下さらなかったの--伸子は涙の瞳で脇難詰した。しかし脇病妻加奈子を幸福にするために自分立場気付いた伸子は、脇二度とキャバレー来てくれないことを約束して、再びキャバレー・ムーンライトにブルースを歌うのであった。

懐しのブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 06:31 UTC 版)

懐かしのブルース(なつかしのぶるーす)は、1948年公開の高峰三枝子主演の松竹映画。また同名の主題歌。




「懐しのブルース」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「懐しのブルース」の関連用語

懐しのブルースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



懐しのブルースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの懐しのブルース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS