塗り足しとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > 塗り足しの意味・解説 

ぬりたし 【塗り足し】

製品下図の赤破線のように仕上げられるが、作業の際に僅かなズレが生じる。そのためズレても白地が出ないように外トンボ下図の1)まで絵柄続けておく。(下図の5の部分
下図の左半分のような場合は、ズレても支障はないが、右半分のように、絵柄文字がある場合最小でも3mmの塗り足しが必要となる。
ぬりたし

塗り足し

塗り足し
塗り足しは「裁ち落とし」、「ドブ」、「裁ち切り」等、業界企業によって様々な呼び方がある。

数百数千一度断裁する場合が多い断裁作業に於いて、この「塗り足し」部分がないと、僅かでもズレた状態で断裁すると本来配色されているはずの部分に白い余白部分になってしまったり最終的イメージとは違った仕上がりになってしまう。

そのため最終寸法加えて+数�o多めに色を配色して印刷することにより、少々なら断裁ズレが生じても、その白い部分露呈してしまうことを防いでいる。
塗り足し部分・拡大
3ミリ広めに色を配置するようにデータ作成ていれば印刷物をする際、多少ずれてしまっても背景白色など意図しない色が残らない。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「塗り足し」の関連用語

塗り足しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塗り足しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2018 K'sBookshelf All Rights Reserved.
熊谷紙器工業熊谷紙器工業
Copyright(C) 2002-2018 Kumagaishiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS