咲うとは?

咲う

読み方:わらう
別表記:笑う、嗤う

相手見下したように嗤うこと。花が咲く様子を、人の笑顔なぞらえ表現したことが由来とされる。

わら・う わらふ 【笑・咲・嗤】

1 〔自ワ五(ハ四)〕

喜びやおかしさなどの心情を、声または顔の表情表出する。おかしがって顔をくずし声をたてる哄笑(こうしょう)する。えむ。

新訳華厳経音義私記(794)「微笑 下音焼 訓和良布」

*竹取(9C末‐10C初)「これを聞て、はなれ給ひしもとの上ははらをきりてわらひ給ふ

源平盛衰記14C前)二六「二三十人が音して拍子をとり喚叫。はと笑(ワラヒ)、どと笑など」

② つぼみが開く。花が咲く。えむ。

俳諧綾錦(1732)上「はら筋をよりてや笑ふ糸ざくら」

果実熟して裂け開く。えむ。

俳諧俳諧新選(1773)三「ほつごんと笑ふての落にけり〈沙龍〉」

春になって、が出たり、花が咲いたりして景色明る見える。→笑う山

(5) 縫い目解けるほころびる。→わらいかける③。

(6) (「膝がわらう」の形で) (膝の)力が抜けて、がくがくする。

(7) (「笑っちゃう」の形で) あまりひどくて、問題にならないように見える。笑わせる

2 〔他ワ五(ハ四)〕 あざける。ばかにして声をたてたり、顔をくずしたりする。嘲笑する。あざわらう

書紀720継体元年正月前田本訓)「汝若し、使を遣して来り告ぐること無からましかば殆に天の下に取嗤(ワラハ)れなまし」

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)七「其の工(たく)み不ることを哂(ワラ)ひたまひて」

日本の思想(1961)〈丸山真男〉二「これら文学者マルクス主義理解皮相さをわらうのはたやすい


えま‐・う ゑまふ 【笑・咲】

連語〕 (動詞「えむ(笑)」に継続表わす助動詞「ふ」の付いたもの

① にっこりとほほえむ。笑顔をする。

万葉(8C後)一七・四一一「さならへる は無けむと 心には 思ひ誇り恵麻比(ヱマヒ)つつ」

花が咲く

続日本後紀嘉祥二年(849)三月庚辰常より殊に敷栄、咲(ゑマヒ)開て」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「咲う」の関連用語

咲うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



咲うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS