初弘法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 初弘法の意味・解説 

初弘法

読み方:はつこうぼう

東寺恒例となっている「弘法市」のうち、一年最初に催されるもの。初大師とも言う。年末弘法市は「終い弘法」などという。

はつ こうぼう -こうぼふ [3] 【初弘法】

初大師はつだいし」に同じ。 [季] 新年

初弘法

読み方:ハツコウボウ(hatsukoubou)

一月二十一日の弘法大師の初の縁日

季節 新年

分類 宗教



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「初弘法」の関連用語

初弘法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



初弘法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS