トレスパッサーとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > トレスパッサーの意味・解説 

トレスパッサー

原題:The Trespasser
製作国:アメリカ
製作年:1929
配給:ユナイテッド・アーチスツ映画
スタッフ
監督:Edmund Goulding エドモンド・グールディング
原作:Edmund Goulding エドモンド・グールディング
台詞:Edmund Goulding エドモンド・グールディング
撮影:George Barnes ジョージ・バーンズ

Gregg Toland グレッグ・トーランド
編集:Cyril Gardner シリル・ガードナー
キャスト(役名
Gloria Swanson グロリア・スワンソン (Marion Donnell
Robert Ames ロバート・エイムス (Jack Merrick
Purnell Pratt パーネル・プラット (Hector Ferguson
Henry B. Walthall ヘンリー・B・ウォルソール (Dullwe)
Wally Albright ウォーリー・オルブライト (Jackie
William Holden ウィリアム・ホールデン (John Merrick Sr
Blanche Frederici ブランシュ・フレデリシ (Miss Potter
Kay Hammond ケイ・ハモンド (atcharineFlipMerrick)
Mary Forbes メアリー・フォーブス (Mrs. Ferguson
Marcelle Corday マルセル・コルディ (Blanche
解説
港の女」「五つの魂を持つ女」と同じくグロリア・スワンソン嬢の主演映画で「巴里(1926)」「アンナ・カレニナ」の監督者として知られたエドモンド・グールディング初めてのトーキー作品で「悪魔の日曜日」に先立つ出世作原作台詞グールディングの手になるもので、撮影は「踊る娘達」「港の女」のジョージ・バーンズと「これぞ天国」「ブルドッグ・ドラモンド」のグレッグ・トーランド助演者は「戦線花嫁」のロバート・エイムスアリバイ」「流行の寵児」のパーネル・プラット、「紐育万華鏡」「つばさ」のヘンリー・B・ウォルソール子役ウォーリー・オルブライト、「ウィリー・リバー」「彼の捕えし女」のウィリアム・ホールデンブランシュ・フレデリシケイ・ハモンドメアリー・フォーブスマルセル・コルディなどである。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
シカゴ弁護士ヘクター・ファーガスンの事務所働く女速記者マリオン・ドネルは恋仲のジャック・メリックと駆け落ちした。その3日目の日にジャック父親ジョンから懇談をうけた。いまの夫婦関係をいったん解き、いずれ日を改めて堂々たる結婚式を挙げろと父は言うのだったが、その真意明らかに若い2人を引き離し自分達と同じ身分の娘をめとらせようとしているのだった早くもそれと感じマリオンジャック父親意見やすやす同意してしまったことを悟り怒りのあまり彼のもとを去った。1年半の後彼女は1人の子供の母親となっていた。そして安いアパート一室借り以前同様にファーガスン法律事務所勤め寂し暮らしていた。ある日ジャック父親のきめたフリップカーソンという女性パリで結婚するという記事新聞で読んだ時、マリオンジャック父親の家へ助力乞うべく訪れた。だがジャック父親マリオンなどに見向きもせず、おりからパリで自動車事故で傷ついたフリップのもとへ駆けつけるためにヨーロッパ旅行出立した。落胆のあげくマリオン強度神経衰弱に襲われた。これを見かねたファーガスンは彼女に子供共々田舎の別荘休養するよう極力すすめた。ファーガスンこうした態度はもちろん親切な気持ちから出発したものには違いなかった。しかしその胸奥底にはマリオン対する愛が人知れず影をひそめていた。マリオン彼の気持ちを心に感じながらもよろこんでファーガスン勧めにに従った。3年余り月日流れた。マリオンはいまではファーガスン寵愛をうけながら贅沢に暮らしていた。ところが彼女の所へファーガスン急に危篤状態に陥ったという電話かかって来た。彼女は急病人枕頭に呼ばれた。マリオンが訪ねてみるとファーガスンのそばには彼の夫人看護していた。ファーガスン臨終の床からマリオンの名を読んだ。彼女は自分代わりに夫人の手病人に抱かしめた。かくてファーガスンは死んで行った。遺言により50ドルマリオンに渡されることになった。けれども子供の幼い心に自分そうした経歴が悪い影響を及ぼすのを恐れマリオンはその遺産を断った。だが職業を持たぬ彼女はどうして生活して行くことが出来よう。そこで彼女はジャックを呼んで生活保証を得ることになった。その際図らずも目の前に幼児ジャッキー見たことからジャックマリオンが既に自分の子を産んでいることを知って喜んだ。それを聞いたジャック父親子供連れて行こうとしたのでマリオン幼児と共にどこかへ逃げようジャックに計った。彼等荷造りしている時ジャック訪れ父親争い合ったがジャックの妻フリップ訪れジャック逃げるようマリオンにせつなそうに言った。この言葉マリオンの心を痛く動かし彼女は自分の愛を犠牲にしようと決心した。そこでマリオンは命よりも大切に思う幼児ジャッキーメリック家に渡し彼等とは手を切ってしまった。だが幾月かの後、このごとくして唯一の希望を失って寂し暮らしていたマリオン前に図らずもフリップ死別したジャック現れたそしていまでは自分頑迷深く悔い父親とともに愛児ジャッキーが待つ自宅へ彼女を呼び迎えたのであった。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トレスパッサー」の関連用語

トレスパッサーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トレスパッサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2018 Weblio RSS