カナカナとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 茨城弁 > カナカナの意味・解説 

かな‐かな

鳴き声から》ヒグラシの別名《 秋》


【カナカナ】 かなかな

ひぐらしセミ一種)。鳴き声が「カナカナ・・・」と聞こえることから。ちなみにひぐらし朝と夕方しか鳴かない。

カナカナ

東京方言意味・用例
カナカナひぐらしセミ一種

ヒグラシ

(カナカナ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 02:20 UTC 版)

ヒグラシ(日暮、Tanna japonensis)は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に属するセミの一種。日本を含む東アジアに分布する中型のセミで、朝夕に甲高い声で鳴く。




「ヒグラシ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カナカナ」の関連用語

カナカナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カナカナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
茨城王茨城王
copyright 2000-2021. ibaraking all rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒグラシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS