Dimethoateとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > Dimethoateの意味・解説 

ジメトエート

分子式C5H12NO3PS2
その他の名称:シゴン、ロゴール、ロキシオン、ジメトエート、デ-フェンド、フェルケチオン、ホスチオンMM、ペルフェクチオン、アメリカンシアナミド12,880、Cygon、Rogor、Roxion、De-Fend、Dimethoate、Ferkethion、Fostion MM、Perfekthion、American Cyanamid12,880、Phosphorodithioic acid O,O-dimethyl S-(N-methylcarbamoylmethyl)、Phosphorodithioic acid O,O-dimethyl S-[2-(methylamino)-2-oxoethyl]、Dithiophosphoric acid O,O-dimethyl S-[2-(methylamino)-2-oxoethyl] ester、Dithiophosphoric acid O,O-dimethyl S-(N-methylcarbamoylmethyl) ester、ジメトアート、Phosphamide、ホスファミド、カミキリン、ジチオりん酸O,O-ジメチル-S-[(N-メチルカルバモイル)メチル]、Dithiophosphoric acid O,O-dimethyl-S-[(N-methylcarbamoyl)methyl]
体系名:ジチオりん酸O,O-ジメチルS-(メチルカルバモイルメチル)、ホスホロジチオ酸O,O-ジメチルS-(2-メチルアミノ-2-オキソエチル)、ジチオりん酸O,O-ジメチルS-[2-(メチルアミノ)-2-オキソエチル]、ジチオりん酸O,O-ジメチルS-(N-メチルカルバモイルメチル)


ジメトエート

農薬Dimethoate
和名orISO名[商品名]ジメトエート
分子式C5H12NO3PS2
用途殺虫殺ダニ剤接触性・浸透性)
LD50(ラット)/g kg-10.152
LD50(マウス)/g kg-10.06
劇毒区分劇物
ランク
有機210
無機340
農薬登録(1996年時点)1961年登録(日本)/承認ISO
その他一部植物薬害を生じる
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ジメトエート

(Dimethoate から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/09 12:57 UTC 版)

ジメトエート(Dimethoate)は、殺虫剤として広く用いられるリン酸エステルである。1950年代にAmerican Cyanamid社によって発明され、特許が取られた。他のリン酸エステルと同様にジメトエートは、中枢神経系の機能に不可欠な酵素であるコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害剤である。


  1. ^ Sigma-Aldrich Co., Dimethoate. 2013年7月20日閲覧。


「ジメトエート」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Dimethoate」の関連用語

Dimethoateのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

落石のおそれあり

河原子海水浴場

ラルストン石

多摩川

ライン川

2Pコネクタ

鷹栖口用水

妙音沢





Dimethoateのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジメトエート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS