Atrazineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > Atrazineの意味・解説 

アトラジン

分子式C8H14ClN5
その他の名称:アトラジン、ゲサプリム、ゲザプリム、アトラソール、プリマトールA、アートレックス、アトラネックス、Aatrex、Atranex、Atrasol、G-30027、Atrazine、Gesaprim、Primatol A、2-Chloro-4-ethylamino-6-isopropylamino-1,3,5-triazine、N-Isopropyl-N'-ethyl-6-chloro-1,3,5-triazine-2,4-diamine
体系名:N-エチル-6-クロロ-4-(イソプロピルアミノ)-1,3,5-トリアジン-2-アミン、6-クロロ-2-(エチルアミノ)-4-(イソプロピルアミノ)-1,3,5-トリアジン、6-クロロ-N-エチル-N'-イソプロピル-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン、N-エチル-N'-イソプロピル-4-クロロ-1,3,5-トリアジン-2,6-ジアミン、N-エチル-N'-イソプロピル-6-クロロ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン、2-(イソプロピルアミノ)-4-(エチルアミノ)-6-クロロ-1,3,5-トリアジン、2-クロロ-4-エチルアミノ-6-イソプロピルアミノ-1,3,5-トリアジン、N-イソプロピル-N'-エチル-6-クロロ-1,3,5-トリアジン-2,4-ジアミン


アトラジン

農薬Atrazine
和名orISO名[商品名]アトラジン
分子式C8H14N5Cl
用途除草剤
LD50(ラット)/g kg-11.75
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分指定なし
ランク
有機190
無機375
農薬登録(1996年時点)1965年登録(日本)/承認ISO
その他処理量 0.5~2kg/ha. Hill反応阻害作用
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アトラジン

(Atrazine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/25 05:31 UTC 版)

アトラジン(Atrazine, 2-chloro-4-(ethylamine)-6-(isopropylamine)-s-triazine)はs-トリアジン環を持つ有機化合物欧州連合では使用が禁じられているが、世界で最も多く使われる除草剤の一つ。「アトラジン」の名称以外にも商品名で呼ばれることも多い(日本ではシンジェンタから「ゲザプリム®」の名で市販されている)。


  1. ^ a b Frank Ackerman. (2007). [ase.tufts.edu/gdae/Pubs/rp/EconAtrazine.pdf The Economics of Atrazine]. Int J Occup Environ Health].
  2. ^ . (2008). Fawcett, Twenty Years of University Corn Yield Data: With and Without Atrazine, Proceedings North Central Weed Science Society.. North Central Weed Science Society.
  3. ^ 2003 Interim Reregistration Eligibility Decision.. U.S. EPA.
  4. ^ 京都大学 生物有機化学 I 講義ノート11(PDF)
  5. ^ Arnold P. Appleby, Franz Müller, Serge Carpy “Weed Control“ in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2002, Wiley-VCH, Weinheim.doi:10.1002/14356007.a28_165
  6. ^ Interim Reregistration Eligibility Decision for Atrazine, U.S. EPA, January, 2003.
  7. ^ Zeng Y, Sweeney CL, Stephens S, Kotharu P. (2004). Atrazine Pathway Map. Wackett LP. Biodegredation Database.
  8. ^ Wackett LP, Sadowsky MJ, Martinez B, Shapir N (January 2002). "Biodegradation of atrazine and related s-triazine compounds: from enzymes to field studies". Appl. Microbiol. Biotechnol. 58 (1): 39–45. doi:10.1007/s00253-001-0862-y. PMID 11831474. 
  9. ^ Ralebitso TK, Senior E, van Verseveld HW (2002). "Microbial aspects of atrazine degradation in natural environments". Biodegradation 13: 11–19. doi:10.1023/A:1016329628618. 
  10. ^ EXTOXNET FAQs
  11. ^ Pesticide Information Profile: Atrazine, Extension Toxicology Network (Cooperative Extension Offices of Cornell University, Oregon State University, the University of Idaho, and the University of California at Davis and the Institute for Environmental Toxicology, Michigan State University), June 1996.
  12. ^ USGS Pesticide Use Maps
  13. ^ Walsh, Edward (2003年2月1日). “EPA Stops Short of Banning Herbicide”. Washington Post. pp. A14 
  14. ^ Environmental Protection Agency. “Restricted Use Products (RUP) Report: Six Month Summary List”. 2009年12月1日閲覧。
  15. ^ a b Briggs H. (April 15, 2002), Pesticide 'causes frogs to change sex'. BBC News. Retrieved on 2007-10-16.
  16. ^ 環境省 内分泌攪乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)問題に関する国際シンポジウムよりアトラジンによるカエルの雌雄同体(PDF)
  17. ^ Jennifer Lee (2003年6月19日). “Popular Pesticide Faulted for Frogs' Sexual Abnormalities”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A05E6DB1138F93AA25755C0A9659C8B63 
  18. ^ Tyrone Hayes, Kelly Haston, Mable Tsui, Anhthu Hoang, Cathryn Haeffele, and Aaron Vonk (2003). "Atrazine-Induced Hermaphroditism at 0.1 ppb in American Leopard Frogs" (Free full text). Environmental Health Perspectives 111. doi:10.1289/ehp.5932. 
  19. ^ a b Weedkiller 'threatens frogs', BBC News
  20. ^ Jooste et al., 2005 Gonadal Development of Larval Male Xenopus laevis Exposed to Atrazine in Outdoor Microcosms Environ. Sci. Technol. 39, 5255-5261
  21. ^ Hayes, TB (2004). "There Is No Denying This: Defusing the Confusion about Atrazine". Bioscience 54 (112): 1138–1149. doi:10.1641/0006-3568(2004)054[1138:TINDTD]2.0.CO;2. 
  22. ^ Triazine Cumulative Risk Assessment and Atrazine, Simazine, and Propazine Decisions, June 22, 2006, EPA.
  23. ^ ^ USEPA. White Paper on the Potential for Atrazine to Affect Amphibian Gonadal Development; Submitted to the FIFRA Scientific Advisory Panel for Review and Comment; October 9-12,2007.
  24. ^ Tufts Journal Toxic Treatment
  25. ^ Early Exposure To Common Weed Killer Impairs Amphibian Development
  26. ^ Duhigg, Charles (2009年8月22日). “Debating How Much Weed Killer Is Safe in Your Water Glass”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/08/23/us/23water.html?_r=1&hp=&pagewanted=all 2009年9月10日閲覧。 
  27. ^ 産経ニュース 除草剤の安全性見直しへ 日本でも使用のアトラジン
  28. ^ EPA EPA Begins New Scientific Evaluation of Atrazine
  29. ^ AFPBB News EPA Begins New Scientific Evaluation of Atrazine


「アトラジン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Atrazine」の関連用語

Atrazineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

袖ヶ浜海水浴場

渕瀬真寿美

アカタン砂防大平ミズヤ上堰堤

バックティ

静趣活創棚田・番所

石鎚国定公園

ジール

リッタークラス





Atrazineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアトラジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS