満載喫水線とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 満載喫水線の意味・解説 

満載喫水線

読み方まんさいきっすいせん
【英】: load line

船舶海上にあって浮くためには浮力が必要であり、安全に航海するためには適当な予備浮力保持なければならない船舶貨物積載するときは、この適当な予備浮力許容範囲内でなければならないが、許容できる限界値を満載喫水線という。
船舶は「船舶満載喫水線規則」などで満載喫水線が規定されている(船の形状強度によって乾舷かんげん}〈最上層の全通甲板から満載喫水線までの垂直距離〉が算定され、管轄官庁が満載喫水線を指定し、乾げん標として船側標示される)。満載喫水線は、季節海域などの条件、すなわち安全性度合いによって異なり夏期冬期冬期北大西洋熱帯夏期淡水熱帯淡水などの種類がある。また、甲板積みの木材運送する船舶には木材満載喫水線、国際航海従事する旅客船には区画満載喫水線などの種類がある。船舶は「船舶満載喫水線用帯域図」により自船が航海ようとする帯域および季節把握し、満載喫水線を超えないように貨物を積み航行なければならない。満載喫水線は定期的に管轄官庁検査を受けることになっている

喫水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/03 02:05 UTC 版)

(満載喫水線 から転送)

喫水または吃水(きっすい、アメリカ英語: draftイギリス英語: draught)とは、船舶水上にある際に船体が沈む深さ、すなわち船体の一番下から水面までの垂直距離のことである。普通、わかりやすい様に船首船尾メートル法ヤードポンド法で高さを表示する。なお、水面に接する分界線のことを喫水線(きっすいせん、吃水線)という。船の積み荷を増やすと喫水は深くなり喫水線も上昇するが、当然その分沈没する危険性が高まるため、船に載せられる積み荷の限界を記した満載喫水線(まんさいきっすいせん、満載吃水線)が船体中央部の両舷に表示されている。




「喫水」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

満載喫水線に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「満載喫水線」の関連用語

満載喫水線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クルッキド・ホール

カッティングス

ジャッキアップ・リグ

エナシートランスポート

減価償却

ケーシング

テラス構造

地層密度検層





満載喫水線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喫水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS