松下幸之助とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 松下幸之助の意味・解説 

まつしたこうのすけ -かうのすけ 【松下幸之助】 ○


松下幸之助

作者小島直記

収載図書小島直記伝記文学全集11創業者列伝
出版社中央公論社
刊行年月1987.11


松下幸之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 16:02 UTC 版)

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年明治27年〉11月27日 - 1989年平成元年〉4月27日)は、日本実業家発明家著述家




  1. ^ 松下幸之助『私の行き方 考え方』PHP研究所〈PHP文庫〉、30ページ
  2. ^ 納入部品を検査不合格にしたところ、「しゃぁない、ほな、2割引でどうだす?」と持ちかけられる有様だった。
  3. ^ 1931年にはテイチクに出資しているが、RCAビクターへの強い憧憬があった。
  4. ^ 幸之助の死去後は(当時松下電器社長をしていた)中村邦夫が聖域なき構造改革「創生21計画」の一環として、(増収と不振とで売り上げの二極化が目立っていたナショナルショップの現状に鑑み)約2万店の系列店の中から「自主的に売り上げを増やし顧客へのサービス向上を図ろうと努力する店」を全国で最大約7千店に絞り(厳選し)、それら店舗のみを公平に販促支援する「スーパープロショップ」制度を開始(社名を現在の「パナソニック株式会社」へ変更した2008年10月1日より「スーパーパナソニックショップ」へ改称)。これに伴い系列店スタッフへの研修会は「プロショップ道場」として有料化された他、スーパーパナソニックショップ認定店のみで購入可能な「パナソニックの店取扱モデル」も2007年より販売開始されている。なお「SPS及びN&Eハウス」の称号は一度新規認定されれば永久に続くのではなく、(当該店所在地を管轄する)パナソニック コンシューマーマーケティング(PCMC)各支社営業スタッフが行う店舗監査において業績チェックが定期的に行われ、そちらで「売り上げ不振(業績がSPS認定基準を大きく下回る状態)が長期化し、これ以上種々の販促支援や助言をしても当該店は業績回復見込み無し」という判断が下されれば、当該店は当初のSPS認定を取り消されSPS検索画面より削除される(「SPS及びN&Eハウス新規認定」という格上げ通知は口頭でも行われるが、その逆となる「格下げ通知(SPS認定取り消し&SPS検索画面からの当該店削除)」は口頭では行われないので、スタッフは「うちの店がSPS検索画面から無くなった」のをHP上で見てSPS認定が取り消された旨を初めて知る形となる)。
  5. ^ 現在は商学院での後継者育成に加え、パナソニックエクセルスタッフがパナソニックショップ各店の従業員を(パート・アルバイトを含め)外部から募集している(但し外部から募集した従業員が就業可能なパナソニックショップは「スーパーパナソニックショップ(SPS)」認定店に限られており、SPS非認定店は身内=経営者の子息・兄妹以外の外部人材を雇えない)。
  6. ^ 同じものが2つ埋蔵されており、うち1個は2000年以降100年ごとに開封して内容の確認を行うことになっている。最初の開封年となった2000年に実際に発掘開封され、内容物は大阪市立博物館で展示された。
  7. ^ 『スバル360を創った男』( ISBN 4-87302-148-0 )p. 45
  8. ^ 『日本のコンピュータの歴史』(1985)p. 188
  9. ^ 『日本のコンピュータの歴史』p. 189
  10. ^ 『松下電器の果し状』( ISBN 4-334-01231-0
  11. ^ 坂村健『TRONからの発想』( ISBN 4-00-005731-6 )p. 132
  12. ^ 米国の例を見ても、コンピュータの膨大な開発コストが、最終的に身売りの原因のひとつとなった無線機メーカーのコリンズなどがある。なお、1983年のMSXへの参入を「この時の撤退以来」とするのは、1973年に富士通と合弁で設立したパナファコムを無視するなどしており、正しくない。
  13. ^ Time:1962年2月23日
  14. ^ 書籍「1分間 松下幸之助」
  15. ^ 未来を築く常温核融合 松下幸之助は日本の山の二割ぐらい壊し、75,000平方キロメートルを平らにして、そしてその岩を海にどっさり棄てて、200年かけて四国ほどの大きさの五番目の島を作るという狂気としか言いようのない企てを考えたこともある。 Kerr, A., Dogs and Demons: Tales from the Dark Side of Modern Japan. 2001: Hill and Wang、p. 234
  16. ^ 『エピソードで読む松下幸之助』PHP新書
  17. ^ 『松下企業連邦の人材パワー』読売新聞社刊
  18. ^ 木野親之著『松下幸之助 叱られ問答』
  19. ^ http://sanyo.com/museum/jp/history/iue/iue_history.html
  20. ^ 『血族の王:松下幸之助とナショナルの世紀』 p. 358
  21. ^ a b c d e f g h i 「心得帖」シリーズ、松下幸之助.com、2011年4月。
  22. ^ a b c d e f g h i j 『永久保存版 松下幸之助の見方・考え方 ビジネスの王道はこうして歩め!』PHP研究所(編)、PHP研究所、2006年、94頁。
  23. ^ 故松下幸之助氏の著書「道をひらく」 戦後ベストセラー2位にスポニチアネックス、2014年10月27日 20:18。


「松下幸之助」の続きの解説一覧





松下幸之助と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

松下幸之助に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松下幸之助」の関連用語

松下幸之助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岩垂邦彦

浮川和宣

稲盛和夫

井植歳男

樫尾俊雄

孫正義

西和彦

樫尾忠雄





松下幸之助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松下幸之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS