有間皇子とは?

ありま の みこ 【有間皇子】 ○

640658) 七世紀中葉皇族歌人孝徳天皇皇子斉明天皇の時,謀反嫌疑を受け,紀伊国藤白坂で刑死万葉集二所載の短歌二首はその護送途中の作と伝えられる。ありまのおうじ。

有間皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/12 07:19 UTC 版)

有間皇子(ありまのみこ、舒明天皇12年(640年) - 斉明天皇4年11月11日658年12月11日))は、飛鳥時代皇族孝徳天皇皇子、母は小足媛


  1. ^ ふじしろさか、和歌山県海南市藤白
  2. ^ いわしろ、現在の和歌山県日高郡みなべ町西岩代


「有間皇子」の続きの解説一覧





有間皇子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

有間皇子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有間皇子」の関連用語

有間皇子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




有間皇子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有間皇子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS