情報化社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 情報化社会の意味・解説 

じょう ほうか しゃかい じやう-くわしやくわい [6] 【情報化社会】

社会的大量情報が生み出され,それを加工・処理・操作するための機構巨大化し,人々意思決定や行動に大きな影響与えるに至った社会情報社会

情報化社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/07 00:33 UTC 版)

情報化社会(じょうほうかしゃかい)、あるいは情報社会(じょうほうしゃかい)とは、情報が諸資源と同等の価値を有し、それらを中心として機能する社会のこと。また、そのような社会に変化していくことを情報化(じょうほうか)という。狭義には、そのような社会へと変化しつつある社会を情報化社会とし、そのような社会を情報社会と定義して区別する場合がある。この場合は情報社会を発展させたものを高度情報化社会(こうどじょうほうかしゃかい)、高度情報社会(こうどじょうほうしゃかい)と呼ぶこともある。


  1. ^ 『数式を使わないデータマイニング入門』岡嶋 裕史


「情報化社会」の続きの解説一覧





情報化社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「情報化社会」の関連用語

情報化社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

深山隈笹

新同期 光伝送システム

ユニオンメイド

揚力

発泡酒

ラツンダン

京都大道芸倶楽部JugglingDonuts

指宿知林ヶ島の潮風





情報化社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報化社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS