尻屋埼灯台とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 尻屋埼灯台の意味・解説 

尻屋埼灯台

image
所在地
青森県下北郡東通村
点灯年月日
明治9年10月20日
塗色
白色
構造:
円形レンガ造
光り方:
単閃白光 毎10秒に1閃光
光りの強さ
530,000cd
光りが届く距離:
18.5海里
構造物の高さ:
32.82m
海面から光りまでの高さ:
45.7m
レンズ:

第2等レンズ
水銀回転機
電源:
商用電源

灯塔は,レンガ造である。設計者は,R・H・ブラントンである。

尻屋埼灯台は,信号発祥の地であり,明治10年11月灯ろう外縁に吊るされた鐘が我が国最初信号となっている。

また,電気灯発祥の地でもあり,明治34年12月,本灯台アーク灯を点じたのが灯台電化始まりとなっている。この光学装置は,フランスのエクミール灯台モデルしたもので,アラード電気弧光灯といった。この改良により光度は36千燭光から一躍千3百万燭光となり,その明るさは「海の太陽」と航海者から讃えられるほどであった。

しかしながら設備費が嵩み,取り扱いわずらわしいところから,神島灯台(三重県)の副灯に国産品が用いられただけでアーク灯は姿を消した。

昭和58年耐震補強合わせ保全実施された。

image


尻屋埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/11 22:37 UTC 版)

尻屋埼灯台(しりやざきとうだい)は青森県下北郡東通村尻屋崎の突端に立つ白亜の灯台で、日本の灯台50選に選ばれている。「日本の灯台の父」と称されるブラントンによって設計された、二重のレンガ壁による複層構造の灯台となっている[1]。周辺には寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる放牧されており、一帯は景勝地となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ 灯台敷地内にあるレンガの展示(写真)にあった説明の看板による
  2. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 


「尻屋埼灯台」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尻屋埼灯台」の関連用語

尻屋埼灯台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

姫埼灯台

鍋島灯台

友ヶ島灯台

水ノ子島灯台

神子元島灯台

御前埼灯台

経ヶ岬灯台

潮岬灯台





尻屋埼灯台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人燈光会社団法人燈光会
Copyright (C) 2016 社団法人燈光会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尻屋埼灯台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS