多方向分岐とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 多方向分岐の意味・解説 

多方向分岐

読み方たほうこうぶんき

多方向分岐とは、プログラムの処理において、条件見合う異なる3つ以上の処理が含まれているものである

多方向分岐は、多重分岐で処理することも可能だが、多方向分岐の方がプログラム記述しやすい

多方向分岐は、例えば、変数が負なら処理1を行い、正なら処理2を行い、0なら処理3を行うといった場合に用いられる。処理する数が3つ以上の場合に多方向分岐が用いられることが多いが、2つでも多方向分岐を用いることは可能である。

多方向分岐

多方向分岐は条件分岐1つで、この他の分岐には、単一分岐多重分岐などがある。

システム開発のほかの用語一覧
設計思想:  スパゲッティコード  単一分岐  多重分岐  多方向分岐  デザインパターン  デザイン
開発工程:  アーリーアクセスプログラム




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多方向分岐」の関連用語

多方向分岐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

URGE

iD

Kindle Oasis

libretto W100

Microsoft Wireless Display Adapter

Microsoft Office 2013

らくらくスマートフォン3

ARROWS NX F-02G





多方向分岐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ多方向分岐の記事を利用しております。

©2016 Weblio RSS