土田晃之とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > お笑い芸人 > 土田晃之の意味・解説 

土田 晃之

土田晃之の画像 土田晃之の画像
芸名土田 晃之
芸名フリガナつちだ てるゆき
性別男性
生年月日1972/9/1
星座おとめ座
干支子年
血液型AB
出身埼玉県
身長183 cm
体重75 kg
URLhttp://www.ohtapro.co.jp/talent/TsuchidaTeruyuki/
プロフィールお笑いコンビU-turn』。コンビ解散後はピンバラエティ番組中心に活躍巧妙立ち回り場面合わせコメントには定評がある。ガンダムサッカーに詳しい。サッカーユニフォーム150着以上所有。主な出演作品に、NTVネプ&イモトの世界番付』、YTV秘密のケンミンSHOW』、BeeTV週刊オトコ自身』、テレビ朝日そうだったのか!池上彰の学べるニュース』など。第17回ボウリングマスメディア大賞個人賞、第21東京スポーツ映画大賞ひな壇芸人賞、第32ベスト・ファーザーイエローリボン賞などの受賞歴あり。2010年さいたま市観光宣伝部長就任
代表作品1EXアレはスゴイはず!?レギュラー
代表作品2TX『そうだ旅に行こう』レギュラー
代表作品3NTVヒルナンデス!』(水曜レギュラー)
職種タレント俳優女優/お笑い
好きなスポーツフットサル
趣味・特技サッカーユニホーム集め(150着以上保有)/ガンダム/フットサル/ウォーキング/サッカー知識(80年代)/白物家電/Pリーグ

» タレントデータバンクはこちら

土田晃之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/16 09:21 UTC 版)

土田 晃之(つちだ てるゆき、1972年9月1日 - )は[1]日本お笑いタレント司会者コメンテーターである。東京都練馬区生まれ、埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区)育ち[4]太田プロダクション所属[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 番組内のアニメコラボ企画『昆虫物語 てんとうむChu!とみつばちハッChu!』の声優(ハッチ役)も務める[要出典]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 土田晃之”. 太田プロダクション. 太田プロダクション. 2015年10月11日閲覧。
  2. ^ “第17回ボウリング・マスメディア大賞”. 日本ボウリング場協会. (2009年7月18日). http://www.bowling.or.jp/media/massmedia2009.html 2009年7月18日閲覧。 
  3. ^ a b c “野村萬斎、生瀬勝久、土田晃之らがベストファーザー賞受賞”. ORICONSTYLE. (2013年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2025287/full/ 2015年10月11日閲覧。 
  4. ^ 土田晃之さんからのメッセージ”. 埼玉県公式ホームページ. 埼玉県庁 (2014年12月25日). 2015年10月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e “W杯を語ろう「14番永遠のスター」お笑い芸人土田晃之サン (37)”. 朝日新聞 朝刊20面 (朝日新聞社). (2010年7月6日) 
  6. ^ a b c d e 「新・家の履歴書」『週刊文春』2011年7月21日号、文藝春秋、2011年7月13日、95頁。
  7. ^ “土田晃之がいじめ被害の実体験を告白 父親の言葉に救われ不登校にはならず”. ライブドアニュース. (2015年4月16日). http://news.livedoor.com/article/detail/10013038/ 2016年3月10日閲覧。 
  8. ^ “土田晃之“アナ学”で女性に叱られた過去「一言あってもええんちゃうん」”. スポニチ. (2016年5月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/25/kiji/K20160525012656270.html 2016年5月26日閲覧。 
  9. ^ a b “【この人物のオモテとウラ】土田晃之 (タレント)”. ゲンダイネット. (2010年6月16日). オリジナル2010年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100619134021/http://gendai.net/articles/view/geino/124601 
  10. ^ a b c d 《ピン芸人学》☆土田晃之先生・陣内智則先生”. スクール革命. 日本テレビ (2009年7月12日). 2009年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e 「新・家の履歴書」『週刊文春』2011年7月21日号、文藝春秋、2011年7月13日、96頁。
  12. ^ a b c d 「新・家の履歴書」『週刊文春』2011年7月21日号、文藝春秋、2011年7月13日、97頁。
  13. ^ a b c “「クソみたい」フジの取材方法にキレた土田晃之はスタッフに嫌われている?”. アサ芸プラス (徳間書店). (2015年8月14日). http://www.asagei.com/excerpt/41515 
  14. ^ 「フジワラノリ化」論 第6回 土田晃之 其の一 「ここはまぁ土田で」と指名される理由 CINEA.NET
  15. ^ 「フジワラノリ化」論 第6回 土田晃之 其の二 非・権力者として毒舌を極めた土田晃之 CINEA.NET
  16. ^ “土田晃之が常にバラエティーに求められる理由を評論家分析”. NEWSポストセブン (小学館). (2013年2月3日). http://www.news-postseven.com/archives/20130203_169744.html 2013年2月3日閲覧。 
  17. ^ a b “クイズは苦手? できる男・土田晃之の“できない”一面が微笑ましい『ヒルナンデス!』”. サイゾーウーマン (サイゾー). (2012年6月18日). http://www.cyzowoman.com/2012/06/post_6102.html 2012年6月18日閲覧。 
  18. ^ a b c “「アメトーーク!は知識よりも話術が重要」土田晃之が素人でも話を面白くするコツを伝授”. 日刊SPA!. (2015年4月15日). http://nikkan-spa.jp/834561 2016年4月12日閲覧。 
  19. ^ a b c d e “土田晃之「仕事につながらないからサッカーに興味失せた」発言に批判殺到!”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年6月15日). http://www.asagei.com/excerpt/60151 
  20. ^ ““意識高い系”と“意識高い人”の違いを土田晃之がわかりやすく解説!”. ananニュース. (2016年9月13日). http://anannews.jp/article/2016/09/13/3772.html 
  21. ^ “土田晃之、“ガンダム芸人”の原点を告白!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2007年8月30日). http://career.oricon.co.jp/news/47591/ 
  22. ^ a b c d e f “著者インタビュー 土田晃之さん『土田晃之のガンダムにもの申す』”. 楽天ブックス. (2009年4月16日). http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/tsuchida_t/ 
  23. ^ 『アメトーーク!』1、よしもとアール・アンド・シー、2009年3月25日、DVD。ASIN B001OF63UG
  24. ^ a b “【マガダイ】土田晃之「レッズを今更裏切れない」(サカダイ)”. uragi.com. (2011年11月10日). http://uragi.com/news/uraginews001760.html 2011年11月10日閲覧。 
  25. ^ a b “【マガダイ】土田晃之「今年から大宮を応援しようかな」”. uragi.com. (2010年4月21日). http://uragi.com/news/uraginews000718.html 
  26. ^ U-turn
  27. ^ 太田プロ
  28. ^ a b c d 土田晃之 (2010). スペシャルインタビュー Vol.1「土田晃之」. (インタビュー). サッカークラブをつくろう! NLINE.. オリジナルの2010-09-03時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100903004836/http://www.j-saka-online.com/hangame/library/interview/vol01/ 2010年9月3日閲覧。 
  29. ^ 「お笑い芸人土田晃之のやっぱ14番でしょう」『週刊サッカーマガジン』2010年12月21日号、ベースボール・マガジン社、2010年12月7日
  30. ^ a b c d “土田晃之「もうサッカーに興味ない」発言にファンもガッカリ”. デイリーニュースオンライン. (2016年6月8日). http://dailynewsonline.jp/article/1142341/ 2016年6月9日閲覧。 
  31. ^ a b c “タレント土田晃之が20kgやせた理由”. サポティスタ. (2009年10月18日). http://supportista.jp/2009/10/news18060418.html 2009年10月18日閲覧。 
  32. ^ 真紀和泉 (2009年10月30日). “【エンタがビタミン♪】中田英寿、井原正巳、北澤豪・・。名波引退試合の豪華出場陣に放り込まれた芸人。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2009/10/tuchida-nanami-intaijiai.html 2009年10月30日閲覧。 
  33. ^ a b c 「お笑い芸人土田晃之のやっぱ14番でしょう」『週刊サッカーマガジン』2011年2月8日号、ベースボール・マガジン社、2011年1月25日
  34. ^ a b c d “〈私のコミック履歴書〉お笑い芸人 土田晃之さん”. コミック・ブレーク (朝日新聞社). (2012年10月17日). http://book.asahi.com/book/comicbreak/2012101600003.html 2012年10月17日閲覧。 
  35. ^ a b c d e “土田晃之が明かす「映画『ドラゴンボール』出演辞退」エピソード。”. ナリナリドットコム. (2008年12月3日). http://www.narinari.com/Nd/20081210680.html 2008年12月3日閲覧。 
  36. ^ 前田敦子&落合博満&土田晃之が熱く語る! 『コクリコ坂から』DVD&ブルーレイ間もなく発売!!”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2012年6月12日). 2015年10月5日閲覧。
  37. ^ 土田晃之 日曜のへそニッポン放送
  38. ^ 土田晃之 欅坂46との共演番組で「公式実の父親」を名乗るもオンエアされずLivedoor ニュース
  39. ^ “あの人が1位に!?今、最も影響力のある芸能人は”. アイシェアリサーチ (アイシェア). (2009年5月12日). http://release.center.jp/2009/05/1201.html 2009年5月12日閲覧。 
  40. ^ “理想の“パパ芸人”、1位は山口智充”. ORICON STYLE (oricon ME). (2009年6月21日). http://career.oricon.co.jp/news/67066/full/ 2009年6月21日閲覧。 
  41. ^ “子ども虐待防止スポットCM”. オレンジリボン運動 - 子ども虐待防止. (2009年11月1日). http://www.orangeribbon.jp/media/2009/11/post-8.php 2009年11月1日閲覧。 
  42. ^ “土田晃之、家族旅行は苦痛「離婚するくらいの喧嘩した」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年10月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2029439/full/ 2013年10月7日閲覧。 
  43. ^ 真紀和泉 (2010年3月3日). “【エンタがビタミン♪】「劇団ひとりは年に1回、土田は3ヶ月に1回」。みんな離れだした?衰退する上島竜兵「竜兵会」。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2010/03/uesima-ryuuheikai-jittai.html 2010年3月3日閲覧。 
  44. ^ “竜兵会が解散!「教わることもなにもない」と有吉弘行…深い亀裂”. スポーツ報知. (2016年9月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160916-OHT1T50021.html 
  45. ^ 真紀和泉 (2010年2月16日). “【エンタがビタミン♪】土田晃之が非・吉本宣言「吉本の芸人じゃないんで・・・愚痴ったりしない」その真意は?”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2010/02/tutidateruyuki-no-yosimoto.html 
  46. ^ 【男性編】雨上がり決死隊のトーク番組『アメトーーク』で欠かせない芸人ランキング マイナビ
  47. ^ 【女性編】雨上がり決死隊のトーク番組『アメトーーク』で欠かせない芸人ランキング マイナビ
  48. ^ “萩本欽一 土田晃之は「嫌なやつだなと思った」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/27/kiji/K20140427008053880.html 
  49. ^ “岡田斗司夫:土田と品川のアニメ語りは、大学のアニメ研一年生っぽくて「濃いと思ってる自分」がかわいいよなぁ-”. Hiwihhi.com. (2011年5月19日). http://hiwihhi.com/toshiookada/status/71244065861144576 2011年5月19日閲覧。 
  50. ^ a b c “YouTubeの土田ガンダムCMがうざいと話題に / ネットの声「土田とガンダム嫌いになりそう」「いい加減目障り」”. ロケットニュース24 (ソシオコーポレーション). (2013年3月10日). http://rocketnews24.com/2013/03/10/302319/ 2013年3月10日閲覧。 
  51. ^ 番組紹介”. ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!. TBSテレビ. 2015年10月4日閲覧。
  52. ^ 真紀和泉 (2014年4月4日). “【エンタがビタミン♪】土田晃之が『バイキング』金曜日レギュラーに抜擢? 裏番組について「卒業です。“クビナンデス”ではないです!」”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2015年10月4日閲覧。
  53. ^ 直撃LIVE グッディ!”. 直撃LIVE グッディ!. フジテレビ. 2015年10月4日閲覧。
  54. ^ “綾部祐二、又吉直樹との“ギャップ”に怯える”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年9月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2059465/full/ 2015年9月23日閲覧。 
  55. ^ “欅坂46冠番組「欅って、書けない?」放送決定”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1543379.html 2015年9月25日閲覧。 
  56. ^ 立川志の輔がシンガポール紹介「世界ふしぎ発見」で特別ミステリーハンター”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年8月26日). 2015年10月4日閲覧。
  57. ^ 森昌子がワンオクTaka子育てエピソード披露、V系演歌歌手・最上川司の意外な素顔も”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年8月27日). 2015年10月4日閲覧。
  58. ^ 福田&RG「ダウンタウンDX」でRGツーリングクラブ紹介”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年11月27日). 2015年10月4日閲覧。
  59. ^ バラエティ番組で出た“迷言”週間トップ3 (10/17 - 10/24)”. リアルライブ. REAL LIVE (2014年10月24日). 2015年10月4日閲覧。
  60. ^ 「アメトーーク!」にキングダム芸人登場、作品を知らないゲストと全面戦争”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年5月21日). 2015年10月4日閲覧。
  61. ^ なお、3位はケンドーコバヤシの15回、4位は日村勇紀の14回。
  62. ^ ロンハーで「格付けしあう女たち」久々開催”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年2月5日). 2015年10月4日閲覧。
  63. ^ ロンハーで女性タレント大渋滞の実態調査、土田と光浦ゲスト”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年3月16日). 2015年10月4日閲覧。
  64. ^ 本日放送「くりぃむナントカ」でビンカン選手権復活”. お笑いナタリー. ナターシャ (2012年9月28日). 2015年10月4日閲覧。
  65. ^ エキストラと感激の再会、ひとり&大泉が上田凱旋舞台挨拶”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年4月28日). 2015年10月4日閲覧。
  66. ^ a b c 出演者紹介|生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST 〜未来創造の世紀へ〜 - 名古屋テレビ 【メ〜テレ】
  67. ^ 出演者”. 銭形金太郎. テレビ朝日 (2007年). 2015年10月5日閲覧。
  68. ^ 人生もっと満喫アワートキめけ! ウィークワンダー”. フジテレビ (2003年). 2015年10月5日閲覧。
  69. ^ 番組情報|生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST 〜未来創造の世紀へ〜”. 名古屋テレビ 【メ〜テレ】. 名古屋テレビ放送 (2009年). 2015年10月4日閲覧。
  70. ^ 東京03、シソンヌ、ナイツ、エレキテルら登場「芸人ちゃんネタ祭り」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年12月25日). 2015年10月4日閲覧。
  71. ^ 出演者紹介”. TBS「オレたち! クイズマン」. TBSテレビ. 2015年10月4日閲覧。
  72. ^ さしこのくせにAKB48初ソロ冠番組、今夜からスタート”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2011年1月11日). 2015年10月4日閲覧。
  73. ^ BS-TBS ぼいすた!”. BS-TBS. 2015年10月5日閲覧。
  74. ^ 週刊育児ニュース”. TVO テレビ大阪 デジタルは7チャンネル. テレビ大阪 (2011年). 2015年10月5日閲覧。
  75. ^ 業界トップニュース”. tv asahipublisher=テレビ朝日 (2011年). 2015年10月5日閲覧。
  76. ^ 竜兵会クイズ大会も「ダチョ・リブレ 200回記念スペシャル」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2012年7月13日). 2015年10月5日閲覧。
  77. ^ 爆笑学園ナセバナ〜ル!”. TBSテレビ. 2015年10月5日閲覧。
  78. ^ 最高のクレーム”. テレビ朝日 (2013年). 2015年10月5日閲覧。
  79. ^ 「どっちマニア!!」初のSPで関西VS関東の激論芸人対決”. お笑いナタリー. ナターシャ (2012年12月25日). 2015年10月5日閲覧。
  80. ^ あっちマニア”. テレビ朝日 (2013年). 2015年10月5日閲覧。
  81. ^ 今宵の『ストライクTV』は世の“浮気する女”の実態を徹底調査!”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2013年4月1日). 2015年10月5日閲覧。
  82. ^ 土田晃之クビじゃない? 日テレ→フジ移籍”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2014年4月4日). 2015年10月5日閲覧。
  83. ^ 竹山、あさこ、チャンがプレゼン、土田MC「スゴいはずSP」”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年1月3日). 2015年10月5日閲覧。
  84. ^ ひとり&土田出演の池上彰生解説SP、伊集院、光浦らゲスト”. お笑いナタリー. ナターシャ (2013年7月27日). 2015年10月5日閲覧。
  85. ^ キャスト&スタッフ”. 恋愛総選挙. フジテレビ (2014年). 2015年10月5日閲覧。
  86. ^ 番組概要”. アレはスゴかった!!. テレビ朝日 (2014年). 2015年10月5日閲覧。
  87. ^ 向原康太 (2015年1月8日). “番組概要”. Real Sound. blueprint. 2015年10月5日閲覧。
  88. ^ クマムシ、『そうだ旅に行こう。』で初の旅レポに挑戦! 岩手で「あったかいんだから〜」を披露”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2015年2月17日). 2015年10月5日閲覧。
  89. ^ 土田晃之”. 太田プロダクション. 2015年10月4日閲覧。
  90. ^ 松下博夫 (2014年8月23日). “嵐・相葉雅紀の歌声はなぜグッとくる? 真っすぐな表現のルーツを辿る”. Real Sound. blueprint. 2015年10月5日閲覧。
  91. ^ 土田晃之がニッポン放送日曜お昼の顔に、冠レギュラー開始”. お笑いナタリー. ナターシャ (2014年3月10日). 2015年10月4日閲覧。
  92. ^ 土田晃之のナイタースペシャル 〜FOOTBALLER'S HIGH 2012〜”. AMラジオ1242 ニッポン放送. ニッポン放送 (2013年). 2015年10月4日閲覧。
  93. ^ パーソナリティラインナップ”. オールナイトニッポンモバイル ─携帯電話で聴く新時代のオールナイトニッポン─. ニッポン放送. 2015年10月5日閲覧。
  94. ^ YouTubeの土田ガンダムCMがうざいと話題に / ネットの声「土田とガンダム嫌いになりそう」「いい加減目障り」”. ロケットニュース24. ソシオコーポレーション (2013年3月10日). 2016年2月3日閲覧。
  95. ^ 土田晃之のガンダムにもの申す!』 角川グループパブリッシング〈角川コミックス・エース〉、2009年3月。ISBN 978-4047152014
  96. ^ 納得させる話力』 双葉社、2015年3月。ISBN 978-4575308518


「土田晃之」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

土田晃之に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土田晃之」の関連用語

土田晃之のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

長内正樹

柳澤由佳

安達祐実

山崎二美

平井愛子

片山景介

東朋宏

北村伝次郎





土田晃之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2017 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土田晃之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS