ヲシテとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ヲシテの意味・解説 

ヲシテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/09 14:40 UTC 版)

ヲシテは、ヲシテ文献で用いられている「文字」。いわゆる「神代文字」の一種。




[ヘルプ]
  1. ^ 文書ではヲシテ文献のことを『ヲシテ』と呼ぶこともある
  2. ^ 山田孝雄『所謂神代文字の論』藝林 第4巻 1958年(昭和33年)
  3. ^ a b ホツマツタヱ#神代文字捏造ブームと偽書疑惑
  4. ^ a b c d e 鳥居礼『ホツマツタエ入門』株式会社 東興書院 初版 1989年(平成元年)3月3日 ISBN 4924808040
  5. ^ 主に古代文字研究者。特に一部のヲシテ文献研究者
  6. ^ 吾郷清彦『日本建国史 全訳ホツマツタヱ 』國書刊行会(株)新國民社 伊勢一宮椿大神社東京事務所 初版・1980年(昭和55年)2月11日
  7. ^ 松本善之助『続・ホツマツタヱ』毎日新聞社
  8. ^ 池田満『ホツマツタヱを読み解く』(展望社、2001年)ISBN 9784885460838
  9. ^ *シテを参照
  10. ^ a b c d 漢字導入以前(ヲシテ肯定者が主張する時代区分)
  11. ^ a b c d e f g h i 池田満監修、青木純雄、平岡憲人著『よみがえる日本語』明治書院(国語文法の解明に拠る)ISBN 9784625634079
  12. ^ 松本善之助監修、池田満編著『定本ホツマツタヱ』展望社(『日本書紀』『古事記』との原文対比比較の研究結果)ISBN 9784885460869
  13. ^ 意匠の是非についてはノートで議論中
  14. ^ 鳥居礼『古代文献『ホツマツタヱ』が語る 知られざる古代日本』フォレスト出版 1999年10月23日(平成11年)ISBN 4894510871
  15. ^ 鳥居礼『完訳秀真伝』八幡書店 ISBN 4893502336 上巻118ページ
  16. ^ 参考URL:ほつまつたゑ解読ガイド 17アヤ・かんかかみやたのなのあやタノオシテ ミヒカリマルノ ウチニヰル
  17. ^ a b *漢字導入以後(ヲシテ肯定者・池田満が提唱する時代区分)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヲシテ」の関連用語

ヲシテのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イチョウ

てん

喰い替え

駿河

大作山の千枚田

824SH Elegant Line

おれんじ九州

ゆりかもめ





ヲシテのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヲシテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS