プレカットとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農林水産用語 > プレカットの意味・解説 

プレカット [3] 【precut】

従来大工が手で刻んでいた木材継手仕口などを,工場設置された自動工作機械加工すること。 「 -工法
流通段階で,調理の手間を省くためにあらかじめ野菜などを切っておくこと。

プレカット

 住宅等の建築に必要ななどの部材工場であらかじめ加工すること。

プレカット

プレカットとは・・・建築用の構造材現場使用しやすいサイズ形状に、あらかじめ工場加工しておくこと。施工現場での作業簡略化を可能にし、施工期間の短縮労働力削減を図ることができる。近年木造軸組工法はじめとしてあらゆる工法構造住宅でプレカットが採用されている。またプレカットをシステム化し、工場構造用パネル加工までを行うものを「木質パネル工法」、ユニット化させたものを「プレハブ(ユニット)工法」という。

プレカット〈pre-cut〉

あらかじめ加工しておくこと。ログハウスでもログシェルなどの部品工場などで加工しておいたプレカット材を用いて建築現場では組み立てるだけという建築方式主流工場ログ材加工行い現場で壁を組み上げるマシンカットも、ヤード加工し、現場本組みするハンドカットも、これに該当する。また、現在では輸入材原木のまま輸入して、自社加工するメーカーより、海外でプレカットされたログシェル輸入するメーカーのほうが多くなっている。

プレカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/05 18:38 UTC 版)

プレカット (precut) とは、一般に、何かの生産工程において「あらかじめ切断しておく」ことを意味する動詞である。本項では、住宅建築における木工事部分について、現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことについて述べる。なお、コンクリート建築における同様な用語として、あらかじめ工場でコンクリート製品を形作っておくプレキャスト工法がある。


  1. ^ 量産される「危ない間取り」日経BPケンプラッツ
  2. ^ 『2012年 全国プレカット名鑑』 日本木材新聞社


「プレカット」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

プレカットに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プレカット」の関連用語

プレカットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W63K

正法寺川北沢第七号石堰堤

大きさの異なる箱を重ねるときの包み方

スカジャン

920T

桃源郷一目十万本の桃の花

20000形

温度検層





プレカットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2017 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレカット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS