トンスルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > トンスルの意味・解説 

トンスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/11 03:31 UTC 版)

トンスル똥술、糞酒、Ttongsul)は、韓国で飲用されているとされる人糞を使った[2]


  1. ^ a b c d Sarah Griffiths 「Bottoms up? The bizarre traditional Korean rice wine that uses human POO to 'heal' everything from broken bones to epilepsy」 デイリー・メール 2013年8月20日
  2. ^ a b c “한국인, ‘똥술’ 마신다” 日 기사 논란(「『韓国人、トンスル飲む』、日記事論難」)ヘラルド経済(2009年8月4日)
  3. ^ [1]
  4. ^ a b トンスル(うんこ酒) - 走れ!ボンヤン一家 相方は釜山人。(2005年6月30日)
  5. ^ a b 똥술” (朝鮮語). 경남일보(慶南日報) (2007年10月15日). 2009年8月8日閲覧。慶南警察庁警務課長カン・ソンジュのコラム
  6. ^ a b 韓国伝統の人糞酒『トンスル』を入手 / 現在も販売されており猫も材料として使用 ロケットニュース24、2012年11月9日
  7. ^ a b 韓国に数百年伝わる秘伝の「薬用酒」、実は6歳の子どもの大便が原料だった Focus-Asia 2013年8月22日
  8. ^ 「世宗大王は肉食がお好き…肥満に糖尿病」東亜日報 AUGUST 22, 2005 03:11 2013年8月24日閲覧
  9. ^ 「朝鮮時代の王たちの疾病治療を通じてみた医学の変遷」金正善 ソウル大学大学院医学科
  10. ^ 【噴水台】人糞 金南中(キム・ナムジュン)論説委員 中央日報 2010/8/20
  11. ^ 今村鞆『朝鮮風俗集:全』斯道舘、1914年、426ページ
  12. ^ 韓国伝統の人糞酒『トンスル』とはどんな酒なのか - ロケットニュース24(β)
  13. ^ livedoor ニュースエキサイトニュースMSNニュース
  14. ^ 上記のニュースサイトは『伝統的な料理やお酒』としてトンスルを紹介していた。
  15. ^ 韓国伝統の人糞酒『トンスル』を飲んでみた / 色は完全にウンコだが「漢方酒」のような味 ロケットニュース24、2012年11月11日
  16. ^ 【トンスル】韓国のウンコ酒を美女5人に飲ませてみた / 女子「ワインのような上質な味がする」→ 記者「ウンコ入ってますよ」→ 女子「糞まずオエーッ!!」 ロケットニュース24、2012年12月28日
  17. ^ 韓国秘伝の人糞酒『トンスル』その製造過程からお味まで確かめてみよう! VICE JAPAN、2013年8月17日 2013年9月1日閲覧
  18. ^ 原料は6歳の子どもの大便、韓国秘伝の「トンスル」を日本人女性記者が試飲―中国紙 新華経済、2013年8月23日 2013年9月1日閲覧


「トンスル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トンスルに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トンスル」の関連用語

トンスルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジェミニ5号

マダラヨコバサミ

近江八景

ブリッジピン

平柄うちわ

亀甲竹

田辺一郎

イエローサンセット・ツインバー・プラティ





トンスルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2015 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンスル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS