スクリプト言語とは?

スクリプト言語

読み方スクリプトげんご
【英】script language, scripting language

スクリプト言語とは、プログラミング言語のうち、プログラム記述実行比較簡易に行うことができる言語総称である。

非常に多く場合、スクリプト言語はインタープリタ型言語であり、コンパイラ型言語比べ実行までの処理の手間がかからないという特徴持っているまた、他のプログラミング言語比べると、英語のような自然言語に近い記述用いてプログラミングすることが可能であり、習得比較的容易であるとされる

スクリプト言語の中にはデスクトップアプリケーションで処理を自動化するために用いられるマクロ言語なども含まれるが、通常、スクリプト言語と言った場合は、Webブラウザ上で動作する簡易プログラム記述するための言語を指す場合がほとんどである。代表的なスクリプト言語としては、JavaScriptPerlPythonPHPRubyなどを挙げることができる。

JavaScriptは、Webページにおいてインタラクティブ性を実現するための手法として注目され、Ajax実現するための要素技術一つとしても用いられている。かつてはセキュリティ上の脆弱性観点からユーザー側での利用制限される場合もあったが、セキュリティ関連技術の向上に伴いページ遷移を伴わずに(非同期で)画面を描き直せるといった利便性再評価され、最近ではWebアプリケーション開発言語として盛んに採用されている。

なお、パソコン上で用いられるスクリプト言語としては、1987年登場したHyperTalk最初期注目された言語であるとされるHyperTalkは、Mac OSソフトウェアであるHyperCard搭載され、ハイパーテキストをさまざまにコントロールすることを可能とした。また、HyperTalk影響を受けて開発され、Mac OS標準搭載されたAppleScriptは、Mac OS上のアプリケーションソフト間のデータ連携自動処理を容易に行うことができ、ユーザーに高く評価された。

ちなみに日本語プログラミング言語として無償配布されている「なでしこ」もスクリプト言語である。

プログラミングのほかの用語一覧
スクリプト言語:  Ruby  Ruby on Rails  シェル  スクリプト言語  VBScript  WSH  Windows PowerShell

スクリプト言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/11 17:00 UTC 版)

スクリプト言語(スクリプトげんご、英語: scripting language)とは、アプリケーションソフトウェアを作成するための簡易的なプログラミング言語の一種を指す。




[ヘルプ]
  1. ^ JavaScript for Automation Release Note (HTML)”. Apple Inc.. 2014年9月4日閲覧。


「スクリプト言語」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スクリプト言語に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スクリプト言語」の関連用語

スクリプト言語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

天付き

レグザタブレットAT703

ThinkCentre

iPod shuffle

GALAXY Gear

Xperia PLAY

AQUOS PHONE SH-12C

Sony Tablet P





スクリプト言語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスクリプト言語の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクリプト言語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS