アルビジアとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > アルビジアの意味・解説 

アルビジア


モルッカ諸島から太平洋諸島原生地とされていますが、成長が非常に早いため熱帯早成樹種一つとして注目されるようになりました。とくに、熱帯アジアから太平洋地域にかけての国々でおこなわれている造林プロジェクトで、植栽されています。

木材
一般に心材辺材の色の差はあまりなく、淡黄白色で、ときに、心材の色が濃く、かなり桃色をおびていることがあります。肌目は粗いです。気乾比重は0.23~0.49で、南洋材のうちでは、軽く軟らかい木材代表的なものの一つといえます。保存性は非常に低く、ヒラタキクイムシの害を受け易いです。切削などの加工性はよいですが、仕上がり面はあまりよくありません。軽く軟らかいので、そのことを利用した家具などの芯材としたり、合板芯材などに使われています。ナンヨウギリという商品名を聞いたことのある人もあると思いますが、この木のことです。しかし、日本キリとは軽く軟らかいという点以外は似ていない木材といえます。

用途
軽軟ではあっても、保存性の不必要用途に使われます。種々の製品芯材マッチ軸木包装、箱、合板などがあります





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルビジア」の関連用語

アルビジアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジャラ

オクメ

カリン

マコレ

ポンデローサパイン

ベイツガ

タイヒ

スパニッシュシーダー





アルビジアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright

©2016 Weblio RSS