PayPay 沿革

PayPay

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 06:36 UTC 版)

沿革

ヤフー株式会社は、2002年よりYahoo! JAPANの有料サービスの決済を管理するサービスとしてYahoo!ウォレットを提供しており、2016年4月の時点で3300万人以上のユーザー登録数を擁する国内最大規模のオンライン決済サービスとなった[4]。ヤフーは、このユーザー基盤を元にリアル決済への参入を意図し、2018年4月に、バーコード読み取りによる税金公共料金決済を開始[5]、ついで2018年6月には、実店舗でQRコードを消費者が提示し決済を行う「コード支払い」を開始した[6]

中国におけるAlipayやWeChat Pay(微信支付)によるQRコード決済の爆発的普及を見て、楽天が「楽天ペイ」をリアル店舗決済に対応させるなど、IT企業のリアル店舗決済への参入が相次ぐ中、2018年7月27日にヤフーは、同じソフトバンクグループ傘下である電気通信事業者ソフトバンク株式会社と設立した合弁会社「PayPay株式会社」から、2018年秋にサービスを開始すると発表した[7]

2018年11月22日、2018年12月4日から総額が100億円になるまで、PayPayで支払った購入額の20%、全ユーザ、Yahoo! プレミアム会員、ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザそれぞれ、1/40、1/20、1/10の確率で、10万円を上限とした購入額全額がチャージ残高としてキャッシュバックされるキャンペーンを行うことを発表した[8]。12月13日、還元額が100億円へ達しキャンペーンが終了した。朝日新聞では「開始わずか10日」と報道された[9]

2019年1月29日には、福岡 ヤフオク!ドームでショップや売り子、ワゴン販売などにPayPayを導入し、野球観戦のキャッシュレス化を推進することを発表した[10]。2020年度からは福岡ドームの命名権を取得。名称を「福岡ヤフオク!ドーム」から「福岡PayPayドーム」に変更した[11]

2019年2月4日、2019年2月12日から2度目の100億円キャッシュバックキャンペーンを実施すると発表したが、前回の施策が超短期間で終了し利益を享受できたユーザが限られてしまったこと、後述するユーザによる悪質な利用方法を懸念し、購入額の最大20%はそのままに、決済1回あたり1,000円、月合計5万円の上限を設けた[12]

こうした大々的なキャンペーンによって急速に知名度を上げ、キャッシュレス決済では後発にもかかわらず、サービス開始から4ヶ月で400万人のユーザーを獲得した。この成長率はヤフー史上最速の急成長とされた[13]。これをふまえ、ソフトバンクグループでは2020年、PayPayをグループにおける金融サービスの軸と位置づけ、ソフトバンクグループの提供する金融サービス(Yahoo!カードジャパンネット銀行One Tap BUYなど)のブランド名及び運営法人名を全て「PayPay」(を冠したもの)に統一し、各事業のPayPayとの連携を強化する方針を明らかにしている[14]

2021年3月1日、同業の決済サービスを提供しているLINE Payを運営しているLINEZホールディングスが経営統合したのに伴い、2022年4月を目処にLINE PayをPayPayへ統合することで協議を開始したことを発表した[15][16]。その一環として、2021年8月17日からPayPayの加盟店でもLINE Payが使えるようになる予定[17]。なお、LINE Payは日本国外でも決済サービスを展開しているが、海外では引き続きLINE Payがサービスを提供することで調整している[15][16]

2021年6月17日時点で、4,000万人のユーザーと、328万箇所の加盟店をもつ[18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28] [28][29][30][31]

年表

  • 2018年
    • 6月15日 - Pay株式会社設立[32]
    • 7月24日 - PayPay株式会社に商号変更。
    • 10月5日 - PayPayアプリをリリースし、サービス開始。
    • 12月4日 - 100億円還元キャンペーン 第1弾が開始。
    • 12月13日 - 100億円還元キャンペーン 第1弾が終了。
  • 2019年
    • 2月12日 - 100億円還元キャンペーン 第2弾が開始。
    • 5月8日 - 同月以降、第三者割当増資によりソフトバンクグループ株式会社から460億円を調達し、資本金を920億円に増資すると発表[33]
    • 5月12日 - 100億円還元キャンペーン 第2弾が終了。
    • 9月30日 - 資金移動業の登録完了[34]
    • 10月7日 - 「PayPayフリマ」サービス開始。
    • 10月17日 - 「PayPayモール」サービス開始。
    • 10月30日 - マネータップと業務提携を発表[35]
    • 11月20日 - 店舗オーナー向けの「PayPay マイストア」サービス開始。PayPay for Businessに組み込まれている。
  • 2020年
    • 3月 - 日本のコード決済統一規格「JPQR」に、楽天ペイ、FamiPayとともに参加[36]
    • 3月16日 - 配達サービス「PayPayダッシュ」実証実験を福岡で開始[37]
    • 4月1日 - 決済に伴うポイント還元の仕様を変更し、新たなポイント還元システムを「PayPay STEP」という名称でサービス開始。
    • 4月15日 - 「ボーナス運用(株式会社One Tap BUY)」[38]、「PayPayあと払い」[39] サービス開始。PayPayあと払いは、一部のユーザーのみに先行申込が開始された。
    • 4月16日 - 「PayPayギフトカード」サービス開始[40]
    • 5月4日 - Uber Eatsに対応[41]
    • 5月18日 - 「PayPay ピックアップ」サービス開始。
  • 2021年
    • 8月17日 - LINE Pay株式会社が提供するLINE Payが、PayPay加盟店(QRコードのユーザースキャン方式)でも利用可能になる予定[42]
    • 10月1日 - 加盟店のシステム利用手数料を有料化[43]

  1. ^ z-holdings2018年度有価証券報告書 2020年2月4日閲覧
  2. ^ a b ソフトバンクグループ株式会社 2020年3月期決算短信
  3. ^ a b PayPay株式会社 貸借対照表の要旨
  4. ^ 3,300万人以上が登録する「Yahoo!ウォレット」で新施策 25行の銀行に対応した「預金払い」と電子マネー「Yahoo!マネー」を 初夏から提供。来春にはリアル決済にも参入予定, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2016年4月19日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2016/04/19a/ 2018年8月5日閲覧。 
  5. ^ Yahoo! JAPAN、バーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を6月から提供, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年3月28日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/03/28a/ 2018年8月5日閲覧。 
  6. ^ Yahoo! JAPAN、バーコードを使った実店舗でのスマホ決済機能を提供開始, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年6月5日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/06/05a/ 2018年8月5日閲覧。 
  7. ^ a b c ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、 バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始, , ヤフー株式会社プレスルーム, (2018年7月27日), https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/07/27a/ 2018年8月5日閲覧。 
  8. ^ ソフトバンク系QR決済のPayPayが100億円還元”. 日本経済新聞 (2018年11月26日). 2018年12月18日閲覧。
  9. ^ a b 「100億円還元」ペイペイが終了 開始わずか10日で”. 朝日新聞デジタル (2018年12月13日). 2018年12月18日閲覧。
  10. ^ ヤフオクドームにPayPayを導入 キャッシュレス化を推進へ KADOKAWA ASCII
  11. ^ 「福岡PayPayドーム」について”. PayPay株式会社 (2019年11月1日). 2019年11月12日閲覧。
  12. ^ 第2弾100億円キャンペーン”. PayPay株式会社 (2019年2月5日). 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ PayPayは「ヤフー史上最速」で成長--オフライン取り込みマーケ領域で売上5000億円へ
  14. ^ “Zホールディングスの金融サービスを「PayPay」ブランドに統一” (プレスリリース), Zホールディングス株式会社・Zフィナンシャル株式会社, (2020年7月31日), https://www.z-financial.co.jp/news/2020/0731/ 2020年11月21日閲覧。 
  15. ^ a b LINEペイをPayPayに統合 22年4月”. 日本経済新聞 (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  16. ^ a b 4月下旬以降にPayPay加盟店(ユーザー読み取り式)で「LINE Pay」が利用可能に PayPayへのサービス統合も検討開始”. ITmedia Mobile (2021年3月1日). 2021年3月1日閲覧。
  17. ^ 「PayPay」の加盟店で「LINE Pay」が利用可能に--ユーザースキャン限定、8月17日から”. CNET Japan (2021年7月12日). 2021年7月13日閲覧。
  18. ^ PayPay、ユーザー数2300万人突破 ローンや投資事業へ着手
  19. ^ PayPay公式サイト - キャッシュレス・消費者還元事業
  20. ^ ユーザー数900万、加盟店70万を突破 PayPayが放つ次の一手とは? (1/3)
  21. ^ PayPayは2019年も独走?! 「100億円あげちゃうキャンペーン」、その後のマーケティング効果を調査
  22. ^ 【速報】PayPay「100億円あげちゃう」第2弾。還元額上限1回1000円にちょっとガッカリな反応も
  23. ^ PayPayユーザーは「2000万人超え」目前、アスクルは営業利益4割増。ZHD第2四半期決算
  24. ^ PayPayの登録ユーザー数が2000万人突破、ダイソーとのコラボや最大1000円相当が当たるキャンペーンなどを実施
  25. ^ PayPay、登録者数2400万人超え 19年度4Qも「積極的に投資」とZHD 経営戦略 BCN+R 2020/02/05
  26. ^ PayPay、ユーザー数2,500万人突破 Impress Corporation 2020年2月20日
  27. ^ PayPay、登録者は2,800万人に。飲食店「事前注文サービス」も展開へ
  28. ^ a b 「PayPay」の加盟店数が300万カ所を突破!~ どんどん広がる加盟店でお得にお買い物!「超PayPay祭」は、3月1日スタート! ~
  29. ^ PayPay、登録者は3,000万人に。
  30. ^ 「PayPay」が実施した主な取り組みと、それに伴う主要指標の推移について(2020年度下期)
  31. ^ 「PayPay」の登録ユーザー数が4,000万人を突破!「4,000万ユーザー突破記念!夏のPayPay祭フィナーレジャンボ」を実施
  32. ^ ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、バーコードを使った新たなスマホ決済サービス 「PayPay」を今秋提供開始 ソフトバンク株式会社 プレスリリース
  33. ^ PayPayからのお知らせ. “(プレスリリース)第三者割当増資の実施について” (日本語). PayPayからのお知らせ. 2019年5月9日閲覧。
  34. ^ ペイペイ、現金払い出し可能に 資金移動業の登録完了”. 日本経済新聞 (2019年2月5日). 2019年10月2日閲覧。
  35. ^ PayPay、リップル活用のマネータップを金融インフラに採用
  36. ^ 「JPQR」にPayPay、楽天ペイ、FamiPay参加。コード決済統一規格
  37. ^ PayPayダッシュ、福岡でスタート。最短30分でおにぎりやパンなど配達 Impress Watch 2020年3月12日
  38. ^ PayPayボーナスを利用した擬似運用体験ができるサービスを One Tap BUYが提供開始
  39. ^ 「PayPayあと払い(一括のみ)」を一部の対象者に提供開始
  40. ^ 「PayPayギフトカード」の提供を開始
  41. ^ 「Uber Eats」で「PayPay」が利用可能に
  42. ^ PayPay加盟店において「LINE Pay」での支払いが8月17日から可能に
  43. ^ 株式会社インプレス (2021年10月2日). “「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」店舗向け手数料、10月1日時点の状況まとめ” (日本語). ケータイ Watch. 2021年10月3日閲覧。
  44. ^ スマホ決済「PayPay」サービス開始 ヤフーアプリでも利用可”. 2018年10月5日閲覧。
  45. ^ 山川晶之 (2018年7月27日). “川邊社長「もうひとつヤフーを作る意気込み」--「PayPay」でQR決済トップを目指す”. CNET Japan. https://japan.cnet.com/article/35123169/ 2018年8月5日閲覧。 
  46. ^ 「PayPay」がオンライン決済に対応! 2月以降、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」「LOHACO」で順次導入予定”. PayPay株式会社・ヤフー株式会社・アスクル株式会社・ワイジェイカード株式会社(2018年11月30日作成). 2019年5月14日閲覧。
  47. ^ 期間固定TポイントのPayPayボーナスへの変更について”. PayPay株式会社(2019年3月4日作成). 2019年5月14日閲覧。
  48. ^ 8月からキャンペーン等で付与するポイントを、実店舗でも使える「PayPay」に変更 ~ オンライン決済で付与される「PayPayボーナス」は1%にアップ ~”. PayPay株式会社・ヤフー株式会社(2019年5月31日作成). 2019年6月2日閲覧。
  49. ^ PayPayはYahoo!マネーを引き継ぎます”. PayPay株式会社(2019年9月3日作成). 2019年11月12日閲覧。
  50. ^ 那珂湊駅・勝田駅でのスマホ決済サービス「PayPay」導入について
  51. ^ 三島駅と修善寺駅へキャッシュレス決済端末を導入しました! キャッシュレス決済の運用開始について
  52. ^ スマホ決済 Pay Pay お支払い方法 ご案内”. 大阪バス. 2020年9月19日閲覧。
  53. ^ 路線バス全線でPayPayでのキャッシュレス支払が可能となりました。”. 有田鉄道 (2020年7月1日). 2020年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月16日閲覧。
  54. ^ ~バス車内・窓口でキャッシュレス決済が可能に~ 「PayPay」の取扱い開始について”. 熊野御坊南海バス (2020年4月1日). 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月16日閲覧。
  55. ^ PayPay for Business
  56. ^ PayPay加盟店がユーザーに情報を簡単発信、「PayPay マイストア」開始へ
  57. ^ 「PayPayフリマ」サービス開始のお知らせ” (日本語). PayPayフリマ. 2020年2月28日閲覧。
  58. ^ PayPayフリマヘルプ - 購入されたあとの流れ”. m.yahoo-help.jp. 2020年2月28日閲覧。
  59. ^ 厳選されたストアのみが並び、電子マネー「PayPay残高」がお得にたまる、 プレミアムなオンラインショッピングモール「PayPayモール」が誕生 - プレスリリース - ヤフー株式会社” (日本語). 会社概要 - ヤフー株式会社. 2020年2月28日閲覧。
  60. ^ 「PayPayピックアップ」の加盟店申込が1カ月で2,000件を突破(PayPay)
  61. ^ 「PayPay」のミニアプリに、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」が登場
  62. ^ PayPayボーナスを運用する - PayPay
  63. ^ PayPayが「マイナポイント事業」の申込登録の受け付けを開始
  64. ^ 「マイナポイント事業」の登録受付延長を受け、「PayPay」への登録受付も延長
  65. ^ セブン-イレブン アプリがPayPay対応。2月25日から,Impress Watch,2021年2月17日
  66. ^ Zホールディングスの金融サービスを「PayPay」ブランドに統一”. Zホールディングス (2020年7月31日).
  67. ^ 即時配達「PayPayダッシュ」終了 実験スタートから5カ月で
  68. ^ 開発速度を落とさずにどう品質を担保したのか スマホ決済「PayPay」Androidアプリ開発の裏側 logmi
  69. ^ PayPayに法人カードは使える?!|戦国法人カード”. xn--lck0cth848iewi0zqbur.com. 2020年5月9日閲覧。
  70. ^ PayPayがアリペイと連携、QRコード決済で中国訪日客のインバウンド消費を取り込み
  71. ^ 話題のキャッシュレス決済PayPayとアリペイが提携
  72. ^ PayPay公式サポート @PayPaysupport 【お知らせ】
  73. ^ PayPayが資金移動業として登録完了、現金で出金可能に
  74. ^ PayPayのアプリ内から「DiDiタクシー」が呼べるようになりました - PayPayからのお知らせ 2019.11.28
  75. ^ 日本経済新聞 (2018年12月18日). “「ペイペイ」100億円還元の功罪 決済インフラ責任重く”. 2018年12月23日閲覧。
  76. ^ ITmedia (2018年12月17日). “PayPayの「クレジットカード不正利用」はなぜ起きたのか?”. 2018年12月17日閲覧。
  77. ^ ITmedia (2018年12月27日). “PayPay、3Dセキュア対応へ クレカ不正利用は「全額補償する」”. 2019年3月12日閲覧。
  78. ^ PayPay (2019年2月4日). “3Dセキュア(本人認証サービス)の対応と、クレジットカード不正利用への補償について”. 2019年7月8日閲覧。
  79. ^ NHK (2018年12月17日). “「PayPay」不正利用相次ぐ”. 2018年12月17日閲覧。
  80. ^ 「PayPay」不正利用相次ぐ - ウェイバックマシン
  81. ^ PayPay (2018年12月18日). “PayPayアプリ アップデートのお願い”. 2018年12月23日閲覧。
  82. ^ PayPay カード情報入力回数に制限 不正決済問題受け
  83. ^ ITmedia (2018年12月18日). “PayPay、クレジットカード情報の入力回数に制限 登録方法に問題あったことを受け”. 2018年12月23日閲覧。
  84. ^ ITmedia (2018年12月21日). “決済サービス「PayPay」、クレジット決済の上限を月5万円に 不正利用対策で”. 2018年12月23日閲覧。
  85. ^ PayPay (2018年12月21日). “クレジットカードご利用時の上限金額の設定について”. 2018年12月23日閲覧。
  86. ^ クレジットカードの本人認証サービス(3Dセキュア)対応の導入について
  87. ^ PayPay(ペイペイ)の使い方、使える店、対応クレジットカード総まとめ。新キャンペーン情報も紹介!” (日本語). マネ会. 2019年6月6日閲覧。
  88. ^ PayPayボーナス等が「付与取消」となる場合の理由について PayPayからのお知らせ
  89. ^ 日経クロステック(xTECH). “PayPay、設定不備で加盟店情報2000万件が不正閲覧された可能性” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2020年12月7日閲覧。
  90. ^ PayPay、最大約2000万件の加盟店情報が漏えいか--アクセス権限の設定不備で” (日本語). CNET Japan (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  91. ^ PayPay (2020年12月7日). “当社管理サーバーのアクセス履歴について - PayPayからのお知らせ” (日本語). PayPay. 2020年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月7日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PayPay」の関連用語

PayPayのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PayPayのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPayPay (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS