ヴィトール・ペレイラ 経歴

ヴィトール・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/15 05:59 UTC 版)

経歴

29歳で現役を退いた後、ユースチームや下部クラブを率い実績を積む。2010年、FCポルトのアシスタント・コーチに就任し、アンドレ・ビラス・ボアス監督の右腕として、リーガ・ゾン・サグレスタッサ・デ・ポルトガルUEFAヨーロッパリーグ 2010-11の3冠達成に貢献した。

2011年6月21日、内部昇格という形でFCポルトの監督に就任[1]。初采配となったスーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラヴィトーリア・ギマランイス戦 (2-1) では見事勝利を収めるなど、好発進に成功したかと思えたが、采配、選手起用に徐々に自分の色を出し始め、主力の一人であったラダメル・ファルカオの退団を招いてしまった。その結果、リーガ・ゾン・サグレスでは成績不振、タッサ・デ・ポルトガルの4回戦で格下アカデミカ・コインブラ戦 (0-3) でのまさかの惨敗、UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12ではグループリーグ3位となり、UEFAヨーロッパリーグ 2011-12の決勝トーナメント1回戦に回ったが、マンチェスター・シティFCにあっさり敗れるなど批判に晒された。それでも自らの信念を貫きリーガ・ゾン・サグレス2連覇を達成した。

2013年6月9日、2年契約でサウジアラビアのアル・アハリ・ジッダの監督に就任することが発表されたが1年で解任された。

2015年1月7日、オリンピアコスFCの監督に就任した[2]

2017年1月1日TSV1860ミュンヘンの監督に就任した。

2017年12月12日上海上港集団足球倶楽部の監督に就任。1年目の2018年にリーグ制覇を成し遂げ、翌年の2019年にはスーパーカップを制覇した。2020年シーズンはリーグ4位に終わり、12月31日に退任した[3]

2021年7月2日、フェネルバフチェ2年契約で復帰[4]。しかし、リーグ首位のトラブゾンスポルに勝ち点14の差をつけられ、12月20日に解任された[5]。1か月後、エヴァートンFCのオーナーであるファルハド・モシリから監督候補として挙げられたが、フランク・ランパードの監督就任を望んでいたファンからは非難された[6]

2022年2月23日、コリンチャンスの監督に年末までの契約で就任[7]


  1. ^ ポルト、ビラス・ボアス監督の後任にペレイラ氏”. UEFA.com (2011年6月22日). 2011年6月22日閲覧。
  2. ^ オリンピアコス新監督に元ポルト指揮官”. Goal (2015年1月8日). 2015年1月8日閲覧。
  3. ^ アントワープを電撃辞任のイバン・レコ監督が上海上港が新指揮官に就任!”. 超サッカーWORLD (2020年1月2日). 2020年1月2日閲覧。
  4. ^ Gillen, Sean (2021年7月2日). ““An unfinished love” Vítor Pereira returns as Fenerbahçe manager”. PortuGOAL. 2021年7月5日閲覧。
  5. ^ Gillen, Sean (2021年12月21日). “Official: Fenerbahce sack Portuguese coach Vítor Pereira”. PortuGOAL. 2021年12月27日閲覧。
  6. ^ Hunter, Andy (2022年1月26日). “Vítor Pereira defends record in attempt to placate Everton fans”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2022/jan/26/vitor-pereira-defends-record-in-attempt-to-placate-everton-fans 2022年2月1日閲覧。 
  7. ^ Vítor Pereira é o novo treinador do Corinthians” [Vítor Pereira is the new manager of Corinthians] (ポルトガル語). SC Corinthians (2022年2月23日). 2022年2月23日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴィトール・ペレイラ」の関連用語

ヴィトール・ペレイラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヴィトール・ペレイラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィトール・ペレイラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS