アメリカ海兵隊 基地

アメリカ海兵隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/09 14:37 UTC 版)

基地

基地については、アメリカ海兵隊の陸上施設一覧を参照。

広報誌

  • Okinawa Marine - 沖縄県内の米軍基地で配布、Web版もある。

主な装備

アメリカ海兵隊出身の有名人

政治家・官僚

俳優

音楽

スポーツ選手

実業家

その他

映画「7月4日に生まれて」の原作者
  • アンソニー・スウォフォード - 作家
映画「ジャーヘッド」の原作者
映画「フルメタルジャケット」の原作者
彼が設計したAR-15が改良の後にM16としてアメリカ軍に採用される
日本文学を世界に紹介。海兵隊員としては硫黄島の戦いに従軍。
アジア系初の海兵隊士官
ジョン・F・ケネディ大統領暗殺犯
TBSのさんまのSUPERからくりTVのコーナー、「セインのファニエスト外語学院・日本語学科」に出演していた

アニメ・ゲーム・漫画・小説の登場人物


注釈

  1. ^ 従来は全部で5軍だった。21世紀に入って第6の軍隊「宇宙軍」が創設された。
  2. ^ 「Act for establishing and organizing a Marine Corps」という法律が1798年7月11日に連邦議会で可決されている。
  3. ^ 海兵隊総司令官 (Commandant of the Marine Corps) は、陸軍参謀総長、海軍作戦部長、空軍参謀総長たちとの間で指揮命令系統の上下関係はない。米大統領の下で戦略の立案といった軍事顧問の役を務める統合参謀本部 (Joint Chiefs of Staff) の長である統合参謀本部議長も、長年、海兵隊出身者からは出なかったので四軍の中で海兵隊だけが格下である印象を持たれていたが、2005年にピーター・ペース海兵隊大将 (Gen. Peter Pace) が第16代統合参謀本部議長に就任したことで、四軍が並列の関係とみなされるようになった。
  4. ^ 自らの組織を生き物だと捉えるアメリカ海兵隊では、毎年11月10日になるとバースデーケーキで誕生日を祝う。
  5. ^ 描写は海兵隊讃歌の歌詞「To the shores of Tripoli」に反映された。
  6. ^ 星条旗を立てた部屋の名前が海兵隊讃歌の歌詞に反映された。
  7. ^ 部隊だけでなく、世界中に散らばった物資輸送船(事前集積船)を持つ。派遣地域の近くにいる物資輸送船が保管していた重装備と、素早く輸送できる軽装備の人員を合流させることで、展開速度と重装備を両立する。
  8. ^ 従来は特定の海兵遠征隊 (MEU) のみが特殊作戦能力 (Special Operations Capable) を有していたのでその海兵遠征隊だけを特に "MEU (SOC)" と呼んだが、今ではすべての海兵遠征隊が特殊作戦能力を有しているので MEU (SOC) とは呼ばれなくなった。
  9. ^ 米海兵隊の人数は、2008年夏時点で195,000名ほどである。また、米海兵隊は将校の割合が他の軍種と比べ低く、米陸軍16%、米海軍18%、米空軍20%に比べて、約10%である。
  10. ^ 警察官など。一部の地方警察では元海兵隊員に、“同志の証し”として特別なバッジを作成し斡旋している。シカゴ市警察での
  11. ^ 2002年5月に、当時の海兵隊司令官ジェームズ.L.ジョーンズ大将によって一等軍曹(E-7)に名誉昇進した。アメリカ海兵隊の歴史上退役者が昇進したのはR・リー・アーメイが初めてである。
  12. ^ 兵卒として入隊したが選抜されて士官へ昇進した(最終階級は大尉)。

出典

  1. ^ 50 USC Chapter 33 - WAR POWERS RESOLUTION コーネル大学法学大学院・法学情報院
  2. ^ a b c 北村淳・北村愛子著 『アメリカ海兵隊のドクトリン』 芙蓉書房出版 2009年2月25日第1版発行 ISBN 9784829504444
  3. ^ Samuel Nicholas - Pennsylvania Center for the Book”. 2020年7月25日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ海兵隊」の関連用語

アメリカ海兵隊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ海兵隊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ海兵隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS