終身雇用制度とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 終身雇用制度の意味・解説 

終身雇用

(終身雇用制度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 21:44 UTC 版)

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。




  1. ^ James C, Abegglen (1958). The Japanese factory: Aspects of its social organization 
  2. ^ J.アベグレン『日本の経営』占部都美、ダイヤモンド社、1958年。
  3. ^ ジェームス・C・アベグレン『新・日本の経営』山岡洋一、日本経済新聞社、2004年12月10日、1版1刷、p27。ISBN 4-532-31188-8
  4. ^ 関口 (1996) pp.1-2
  5. ^ 『朝日新聞』2014年7月12日付「あのときそれから」1958年 終身雇用
  6. ^ 関口 (1996) p.45
  7. ^ 関口 (1996) p.75
  8. ^ 関口 (1996) pp.38-39
  9. ^ 関口 (1984) p.83
  10. ^ 野村 (2007) p.106
  11. ^ 関口 (1996) p.172
  12. ^ 濱秋ら (2010)
  13. ^ 「日本/ヨーロッパ各国の年代別転職率」
  14. ^ 【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年
  15. ^ 「会社の寿命30年」説を検証 - 日経NEEDSで読み解く
  16. ^ NIRA研究報告書
  17. ^ 勝間和代 (2009年4月4日). “終身雇用を見直そう” (日本語). 2011年2月21日閲覧。
  18. ^ 柳川範之 (2009年4月). “緊急提言 終身雇用という幻想を捨てよ―産業構造変化に合った雇用システムに転換を―” (日本語). 2011年2月21日閲覧。
  19. ^ 関口 (1996) p.236
  20. ^ THE NEW ECONOMY BEYOND THE HYPE The OECD Growth ProjectFigure IV.6. Low tenure countries tend to enjoy high productivity growth
  21. ^ a b c d e f 『労働市場改革の経済学-正社員保護主義の終わり-』(八代尚宏、2009年)
  22. ^ 占部 (1987) p.29
  23. ^ 関口 (1996) p.55


「終身雇用」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「終身雇用制度」の関連用語

終身雇用制度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



終身雇用制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの終身雇用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS