海路の日和とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 海路の日和の意味・解説 

海路の日和

原題:The Hunch
製作国:アメリカ
製作年:1921
配給:松竹配給
スタッフ
監督:George D. Baker ジョージ・D・ベイカー
原作:Percival Wilde パーシヴァル・ワイルド
撮影:R. J. Bergquist R・J・バーグキスト
キャスト(役名
Gareth Hughes ギャレス・ヒューズ (J. Preston Humplrey)
Ethel Grandin エセル・グランディン (Barbara Thorndyke)
John C. Seppling  (John C. Thorndyke)
Edward Flanagan  (George Taylor
Harry Lorraine  (Sheriff Henry Clay Greene
Gale Henry ゲイル・ヘンリー (Minnie Stubbs
William H. Brown  (Hodges
解説
嘘八百世界」同様ギャレス・ヒューズ主演メトロ映画で、監督ジョージ・D・ベイカー氏、相手役エセル・グランディン嬢である事も同映画通りである。パーシヴァル・ワイルド氏の通俗小説映画化した独特の正喜劇
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ジンミーバーバラ恋仲であったが彼女の父親ジンミー百万ドルの金を握らぬ中は結婚を許さぬのである。彼女の父から金を借り思惑買を試み失敗したジンミー最早全く身の置所に窮し友人テイラーとの相談一時何者かに殺された事とし、バーバラと3人で彼女の別荘隠れ事とした。此の計略彼等真物追剥出会い、事の誤りから3人共に目的別荘近く牢獄拘禁されてしまった。何も知らない彼女の父親危うく拘禁され様としたがジンミー機知逃れ出た。忽ち思惑で買った暴騰百万ドル愚かにもジンミー大成金となった。バーバラ文句なしに彼ののである。幸福な奴である。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海路の日和」の関連用語

海路の日和のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海路の日和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS