欠陥干渉粒子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 粒子 > 欠陥干渉粒子の意味・解説 

欠陥干渉粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/06/30 12:29 UTC 版)

欠陥干渉粒子(: defective interfering particle;DIP)とはゲノムの一部あるいは全部を欠くウイルス粒子。欠損干渉粒子あるいはDI粒子とも呼ばれる。ゲノムの欠損があるため、欠陥干渉粒子は自身で感染の維持はできない。代わりに、欠陥干渉粒子の存続は適切なヘルパーウイルス重感染(en:co-infection)に依存する。ヘルパーウイルスは欠陥干渉粒子に欠損する遺伝子の機能を提供する。欠陥干渉粒子はヘルパーウイルスの増幅に必要な酵素を競合的に利用するため、ヘルパーウイルスの増幅を抑制する。欠陥干渉粒子によるヘルパーウイルスの増幅の抑制はウイルス感染を阻止するには十分ではなく、臨床的に欠陥干渉粒子を利用することはできない。一般に欠陥干渉粒子は完全なウイルスよりも小さいゲノムを有するため、効率的に増幅して非感染性の粒子を大量に作成する。細胞培養においてウイルス価を判定できる場合、欠陥干渉粒子の出現は最初の高いMOI感染に関係することが多い。欠陥干渉粒子は継代を継続した場合に認められる感染価の周期的な変化に関係する。




「欠陥干渉粒子」の続きの解説一覧



欠陥干渉粒子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「欠陥干渉粒子」の関連用語

欠陥干渉粒子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



欠陥干渉粒子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの欠陥干渉粒子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS