厚化粧の女とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 厚化粧の女の意味・解説 

厚化粧の女

原題:La Femme fardee
製作国:フランス
製作年:1990
配給:デラ・コーポレーション
スタッフ
監督:Jose Pinheiro ジョゼ・ピネイロ
製作:Benjamin Simon ベンジャミン・シモン
原作:Francoise Sagan フランソワーズ・サガン
脚本:Jose Pinheiro ジョゼ・ピネイロ
脚色:フレデリック・フャジャルディ 

ジャック・コルタル 

Jean Jacques Pauvert ジャン・ジャック・ポヴェール

ル・アングルベール 
撮影:Raoul Coutard ラウール・クタール
音楽:Jean Marie Senia ジャン・マリー・セニア
美術:テオバルド・ムリッス 
編集:クロール・ピネイロ 
キャスト(役名
Jeanne Moreau ジャンヌ・モロー (ラ・ドリア)
Laura Morante ラウラ・モランテ (クラリス
Anthony Delon アントニー・ドロン (アンドレアス
Andre Dussollier アンドレ・デュソリエ (ジュリアン
Jacqueline Maillan ジャクリーヌ・マイヤン (不明
Daniel Mesguish ダニエル・メグイシュ (不明
解説
エーゲ海航行する豪華客船内に見るブルジョアジーたちの人間模様を描いた純愛映画。「悲しみよこんにちは以来日本でもベストセラー作家として知られているフランソワーズ・サガン81年発表した原作元にさまざまな人間ドラマ同時進行される。ふたりのヒロインには、フランス大女ジャンヌ・モローと、「幻の女」「僕のビアンカ」のラウラ・モランテがふんし、相手役には「予告された殺人の記録」のアントニー・ドロンと、アンドレ・デュソリエ共演する。監督は「アラン・ドロン 私刑警察」のジョゼ・ピネイロ音楽はオリジナル・モダン・ジャズとアリア小気味よくアレンジしたジャン・マリー・セニア
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
限られた相手限られた時間の中でひとときヴァカンス、恋のゲームを楽しもうとする金持ちたちは、彼らを象徴するかのようなナルシス号という豪華客船乗り込みギリシャ小島めぐりの旅に出る。旅が終わればまた元の生活に戻るとだれもが疑いもしなかったが、オペラプリマドンナ、ラ・ドリア(ジャンヌ・モロー)は、ジゴロアンドレアスアントニー・ドロン)を旅の終わりに捨てた。また、新聞王の夫エリックとの生活に失望厚化粧の下に自分隠していたクラリスラウラ・モランテ)は、詐欺師ジュリアンアンドレ・デュソリエ)に心開かれ、彼との純粋な愛を告白する。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「厚化粧の女」の関連用語

厚化粧の女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



厚化粧の女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS