マシラグモとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 軟体動物・節足動物 > クモ > マシラグモの意味・解説 

猿蜘蛛

読み方:マシラグモ(mashiragumo)

マシラグモ科総称


マシラグモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 15:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

マシラグモ(猿蜘蛛)というのは、節足動物門クモ形綱真正クモ目マシラグモ科に属するクモ類である[1]

マシラグモ科(Leptonetidae)は、ごく小さなクモ類であり、日本ではマシラグモ属(Leptoneta)のものが多数種生息している。体長2 - 3 mm[1]、楕円形の頭胸部と楕円形の腹部は白っぽく、足は細長く、ユウレイグモの小さいの、といった姿である。はっきりとした特徴は、目の配列である。眼の数は6個で、前方に2個が接してならび、その後方外側に2個がほぼ接しており、それらから離れて後ろに2個が中央に接してならぶ。まとめてみると、前方に4個がやや弧を描き、後方に2個、ということになる。この様な配列は他にはない。ただし、いくつかの眼が退化傾向にある種もある。

主に洞窟性で、洞窟ごとに部分的形態が異なるが、洞窟以外にも落葉層に見られる[1]。湿った暗い場所に生息し、小さなシート状の網を張る。

  1. ^ a b c マシラグモ” (日本語). コトバンク. 2020年10月17日閲覧。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マシラグモ」の関連用語

マシラグモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マシラグモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマシラグモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS