進撃の巨人 ゲーム

進撃の巨人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/17 16:13 UTC 版)

ゲーム

モバイルゲーム

進撃の巨人
原作と同タイトルのソーシャルゲームが、2012年4月2日よりコナミデジタルエンタテインメントの提供によりMobageにて配信された(対応機種はフィーチャーフォンのみ)[96]。ストーリーは漫画の内容をそのままに再現したカードゲームであったが、同年12月に配信を終了している。
進撃の巨人 -反撃の翼-
2013年4月26日よりストラテジーアンドパートナーズの提供によりGREEにて[97]、2013年7月5日よりMobageにて配信中[98]。テレビCMにお笑いコンビアンガールズ田中卓志を起用している。
進撃の巨人 -自由への咆哮-
2014年2月7日より、iPhone、iPad、Android端末向けに、Mobageにて配信中[99]。テレビCMに和田アキ子を起用している。

パソコンゲーム

進撃の巨人 -反逆の翼- ONLINE
2013年12月24日よりストラテジーアンドパートナーズの提供によりポータルゲームサイト・GGとニコニコアプリにて正式サービス開始[100]

コンシューマーゲーム

ニンテンドー3DS専用ソフト『進撃の巨人〜人類最後の翼〜』(しんげきのきょじん〜じんるいさいごのつばさ〜)が2013年12月5日スパイク・チュンソフトより発売。

ドラマCD

進撃の巨人特典ドラマCD 兵長VS.ミカサ 怒涛の掃除バトル
別冊少年マガジン2014年1月号付録CD収録の音声ドラマ。キャストはテレビアニメ同様。

アニメ

スタッフ
原作 諫山創別冊少年マガジン連載)
監督 荒木哲郎
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン 浅野恭司
巨人設定 千葉崇明
総作画監督 浅野恭司、門脇聡
美術監督 吉原俊一郎
色彩設計 橋本賢
撮影監督 山田和弘
編集 肥田文
音響監督 三間雅文
音楽 澤野弘之
音響効果 倉橋静男、山谷尚人(サウンドボックス
プロデューサー 木下哲哉、立石謙介、和田丈嗣
古川慎、永瀬智人、前田俊博
アニメーション制作 WIT STUDIO
制作協力 Production I.G
製作 「進撃の巨人」製作委員会[注 18]
「進撃の巨人」OAD製作委員会(OAD)

2013年4月から同年9月まで(最速局のMBSでの場合)放送された。放送期間は2クールを予定していると発表され[101]#概略年表における850年のストヘス区でのアニ身柄拘束作戦の完了までを、第13話と第14話の間に総集編の第13.5話を挟んだ全26回で描いている。

原作者の諫山創は、アニメ版の第1話を視聴して完成度の高さから「原作はアニメの方、僕は絵の描けないコミカライズ担当という感じ」との趣旨の発言をしている[102]

本作のアニメ化は当初、2012年12月2日にタイトル名を隠した上で「PROJECT ATTACK」という仮タイトルで告知された[103]。その5日後の12月7日には原作の掲載誌である『別マガ』1月号の発売に合わせて2013年春からのテレビアニメ化が発表され[2]、さらに翌日の12月8日にはニコファーレにて制作発表会が行なわれた[104]

なお、2013年8月9日に発売された原作単行本第11巻限定版には当初、OVAとしてテレビ未放送の前日譚を描く特別編「イルゼの手帳」(『週マガ』に出張掲載された読み切りのアニメ化)が収録される予定だった[105]が、テレビアニメ本編の制作遅延の影響を受けて第12巻限定版へ延期された。

原作からの主な変更点

アニメ版は主に以下の変更点がある。中にはアニメのスタッフからではなく、原作者の諌山創から提案されたものも含まれている。

  • 訓練兵時代の話は原作では全て回想として描写されているが、アニメではほとんどが時系列順に挿入されている。
  • 新たに追加されたり、改変された描写がある。また、削除された描写もある。
  • 髪や瞳の色が変更されているキャラクターもいる(エレン、サシャ、リコ、ぺトラなど)。
  • 第22話の遺体回収シーンなど、アニメオリジナルの展開が追加された。
  • 前述のようにキャラクター名が変更されたり、オリジナルキャラクターが登場する。

スタッフ

本作はProduction I.Gから2012年6月に独立した子会社のWIT STUDIOが、アニメーション制作を担当した初のテレビアニメ作品である。親会社のProduction I.Gもアニメーション制作協力として参加しており、メインスタッフも『戦国BASARA』シリーズなどに参加していた面々が多くを占める。なお、監督を務める荒木哲郎は就任依頼が来る前から原作漫画を購読していたという[106]

また、3DCG制作は『アイアンマン』(マッドハウス版)などを手掛けたマッドボックスが担当。作中では立体機動装置を使用した空間移動中のカメラワークなど、原作読者がイメージしている動きをいかに映像化するかという点を最も重視したという[107]

この他、製作クレジットにMBSはクレジットされていないが、MBSのアニメ担当プロデューサーである竹田靑滋丸山博雄、前田俊博の3名が製作、企画、プロデューサーの一員としてクレジットされている。

原作者の参加

アニメ化にあたり、原作者の諫山創は脚本制作の段階から参加して入念な打ち合わせを行っている。また、エレン巨人体や女型の巨人には実在する格闘技のイメージがあり、諫山創によって格闘シーンの参考動画が提供されたほか、立体機動装置の動きはフランス発祥のパルクールというエクストリーム系スポーツの動きのモデルを参考にして作られている[108]

主題歌

オープニングテーマ
紅蓮の弓矢」(第1話 - 第13.5話、OAD)
作詞・作曲・編曲 - Revo / 歌 - Linked Horizon
自由の翼」(第14話 - 第25話)
作詞・作曲・編曲 - Revo / 歌 - Linked Horizon
エンディングテーマ
美しき残酷な世界」(第1話 - 第13.5話、OAD)
作詞 - マイクスギヤマ / 作曲 - 石塚玲依 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 日笠陽子
great escape」(第14話 - 第25話)
作詞 - 三島想平 / 作曲・歌 - cinema staff / 編曲 - cinema staff、亀田誠治

各話リスト

サブタイトル後の数字は放送や公式サイトでは丸数字で表示されているが、本項ではWP:JPE#丸数字に沿い、丸数字を表示できない環境も考慮して数字と括弧で代用するものとする。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 巨人
作画監督
アクション
作画監督
総作画監督 エンドイラスト 放送日
(MBS)
収録巻
#01 二千年後の君へ
―シガンシナ陥落 (1)―
小林靖子 荒木哲郎 荒木哲郎
田中洋之
千葉崇明、江原康之
菊地聡延、服部一郎
- 江原康之
今井有文
浅野恭司 押見修造
惡の華
2013年
4月6日
VOL.1
#02 その日
―シガンシナ陥落 (2)―
肥塚正史 手塚響平、山田歩
門脇聡
今井有文 門脇聡 - 4月13日
#03 絶望の中で鈍く光る
―人類の再起 (1)―
瀬古浩司 大原実 福本潔 宮崎里美、工藤晃子
清水勝祐、小野陽子
村上龍一、三宅雄一郎
竹内昭
浅野恭司
千葉崇明
4月20日 VOL.2
#04 解散式の夜
―人類の再起 (2)―
小林靖子 別所誠人 長谷川亨雄、斉藤大輔
宮崎里美、舘崎大
佐藤利幸、清水勝祐
柴田健児、酒井智史
江原康之 門脇聡 4月27日
#05 初陣
―トロスト区攻防戦 (1)―
瀬古浩司 江崎慎平 山田歩、関口亮輔
河井淳
今井有文 浅野恭司 佐藤友生 5月4日 VOL.3
#06 少女が見た世界
―トロスト区攻防戦 (2)―
大原実 池田智美 宮井加奈、星野玲香
田中美穂
世良悠子
江原康之
門脇聡 - 5月11日
#07 小さな刃
―トロスト区攻防戦 (3)―
立川譲 千葉崇明、手塚響平 今井有文 浅野恭司 永椎晃平
(放課後ソードクラブ)
5月18日
#08 心臓の鼓動が聞こえる
―トロスト区攻防戦 (4)―
高木登 平田智浩 南川達馬
菊池聡延
江崎慎平
菊池聡延、山田歩
長谷川ひとみ
千葉崇明 江原康之 門脇聡 - 5月25日 VOL.4
#09 左腕の行方
―トロスト区攻防戦 (5)―
小林靖子 山本秀世 藤原佳幸 小泉初栄、宮崎里美
斉藤大輔、酒井智史
世良悠子 浅野恭司 大今良時 6月1日
#10 応える
―トロスト区攻防戦 (6)―
瀬古浩司 田中洋之 関口亮輔、山本祐子
山村俊了、北田勝彦
今井有文 門脇聡 雷句誠
どうぶつの国
6月8日
#11 偶像
―トロスト区攻防戦 (7)―
大原実 福本潔 山崎輝彦、宮崎里美
小泉初栄、斉藤大輔
酒井智史、舘崎大
江原康之 浅野恭司 中村光
聖☆おにいさん
6月15日 VOL.5
#12
―トロスト区攻防戦 (8)―
高木登 矢島サコ美 いとがしんたろー 菊地聡延、手塚響平
千葉崇明
世良悠子 門脇聡 小林ゆう
(題名:「サシャと芋」)
6月22日
#13 原初的欲求
―トロスト区攻防戦 (9)―
肥塚正史 山田歩、田中春香
富田恵美
今井有文 浅野恭司 ノ村優介 6月29日
#13.5
(総集編)
あの日から - tanu 7月6日
#14 まだ目を見れない
―反撃前夜 (1)―
小林靖子 矢島サコ美 江崎慎平
大西景介
長谷川ひとみ、山本祐子
西尾智恵
- 江原康之 門脇聡 吉田健一 7月13日 VOL.6
#15 特別作戦班
―反撃前夜 (2)―
瀬古浩司 笹嶋啓一 福本潔 宮崎里美、小泉初栄
斉藤大輔、酒井智史
千葉崇明 世良悠子 浅野恭司 ゆーぽん 7月20日
#16 今、何をすべきか
―反撃前夜 (3)―
小林靖子 矢島サコ美 室谷靖
大西景介
宮崎里美、佐藤利幸
山村俊了、菊地聡延
酒井智史、野崎真一
- 門脇聡 ゆーげん / Yuugen 7月27日
#17 女型の巨人
―第57回壁外調査 (1)―
瀬古浩司 徳土大介 徳土大介
肥塚正史
千葉崇明、山田歩
手塚響平
江原康之 浅野恭司 なまにくATK
ニトロプラス
8月3日 VOL.7
#18 巨大樹の森
―第57回壁外調査 (2)―
若林信 若林信
田中洋之
北田勝彦、田中春香
富田恵美、山本祐子
今井有文 門脇聡 高木ユーナ
(不死身ラヴァーズ)
8月10日
#19 噛みつく
―第57回壁外調査 (3)―
高木登 平田智浩 池田智美
福本潔
宮井加奈、たなかみほ
星野玲香、石井ゆみこ
佐藤利幸、宮崎里美
世良悠子 浅野恭司 redjuice 8月17日
#20 エルヴィン・スミス
―第57回壁外調査 (4)―
小林靖子 矢島サコ美 いとがしんたろー サトウミチオ、宮崎里美
長谷川ひとみ
江原康之 門脇聡 荒木宰 8月24日 VOL.8
#21 鉄槌
―第57回壁外調査 (5)―
高木登 平田智浩 田中洋之
室谷靖
千葉崇明、手塚響平
山田歩
今井有文
世良悠子
浅野恭司 やまもとありさ 8月31日
#22 敗者達
―第57回壁外調査 (6)―
江崎慎平 江崎慎平
別所誠人
富田恵美、山本祐子
田中春香、斎藤大輔
世良悠子
佐藤誠之
門脇聡 田中将賀 9月7日
#23 微笑み
―ストヘス区急襲 (1)―
瀬古浩司 小松田大全 山田弘和 長谷川ひとみ、佐藤陽子
藤田正幸、世良コータ
杉崎由佳、野村雅史
キム・デ・フン
- 江原康之 浅野恭司 toi8 9月14日 VOL.9
#24 慈悲
―ストヘス区急襲 (2)―
小林靖子 横山彰利 横山彰利
田中洋之
千葉崇明、手塚響平
山田歩
江原康之
今井有文
門脇聡 浅野恭司 9月21日
#25
―ストヘス区急襲 (3)―
平田智浩
肥塚正史
荒木哲郎
いとがしんたろー
徳土大介
肥塚正史
荒木哲郎
佐藤陽子、宮崎里美
田中春香、山本祐子
胡拓磨、長谷川ひとみ
杉崎由佳、富田恵美
山田歩、手塚響平
千葉崇明、門脇聡
浅野恭司
千葉崇明 佐藤誠之
世良悠子
江原康之
今井有文
浅野恭司 諫山創 9月28日
#3.5
(OAD)
イルゼの手帳
―ある調査兵団員の手記―
瀬古浩司 笹嶋啓一 山田弘和 胡拓磨、富田恵美
佐藤陽子、加藤美穂
山本祐子、佐藤道雄
今井有文 門脇聡 - 原作
第12巻
#3.25
(OAD)
突然の来訪者
―苛まれる青春の呪い―
笹嶋啓一
荒木哲郎
田中洋之
肥塚正史
いとがしんたろー
杉崎由佳、加藤美穂
富田恵美
- 浅野恭司 原作
第13巻

放送局

日本

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 2013年4月6日 - 9月28日 土曜 25:58 - 26:28 TBS系列 アニメシャワー 第1部
東京都 TOKYO MX 2013年4月7日 - 9月29日 日曜 23:30 - 24:00 独立局
福岡県 福岡放送 2013年4月8日 - 9月30日 月曜 25:59 - 26:29 日本テレビ系列
大分県 テレビ大分 月曜 26:18 - 26:48 日本テレビ系列
フジテレビ系列
作者の出身地
北海道 北海道テレビ 2013年4月8日 - 10月7日 月曜 26:20 - 26:50 テレビ朝日系列
愛知県 テレビ愛知 2013年4月8日 - 9月30日 月曜 26:35 - 27:05 テレビ東京系列
日本全域 BS11 2013年4月9日 - 10月1日 火曜 24:30 - 25:00 BS放送 ANIME+』枠
ニコニコ生放送 2013年4月10日 - 10月2日 水曜 22:00 - 22:30 ネット配信
ニコニコチャンネル 水曜 22:30 更新
バンダイチャンネル 2013年4月17日 - 10月9日 水曜 12:00 更新 第1話無料
個別課金による有料配信
2013年5月1日 - 10月23日 1週間限定無料配信
見放題サービス利用者は全話見放題
dアニメストア 見放題サービス利用者は全話見放題
GyaO! 2013年5月8日 - 10月30日 水曜 24:00 更新 第1話常時配信
最新話1週間配信
AT-X 2013年6月1日 - 11月16日 土曜 19:30 - 20:00 アニメ専門CS放送 リピート放送あり
愛媛県 あいテレビ 2013年10月3日 - 2014年3月27日 木曜 25:34 - 26:04 TBS系列
富山県 チューリップテレビ 2013年10月4日 - 2014年4月4日 金曜 26:35 - 27:05
岩手県 IBC岩手放送 2013年10月14日 - 2014年4月7日 月曜 25:07 - 25:37
長崎県 長崎放送 月曜 25:08 - 25:38
石川県 北陸放送 2013年10月17日 - 2014年4月10日 木曜 26:03 - 26:33
鹿児島県 南日本放送 2013年10月23日 - 2014年2月26日
2014年3月5日 - 3月26日
水曜 25:40 - 26:10
水曜 25:40 - 26:40
第18話 - 第25話は2話連続放送
山梨県 山梨放送 2013年11月1日 - 金曜 25:58 - 26:28 日本テレビ系列

韓国

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
韓国全域 ANIPLUS 2013年4月10日4月17日 水曜 24:00 - 24:30 CS放送
IP放送
ケーブルテレビ
ネット配信
19歳以上視聴可で放送
韓国語字幕あり
放送時間を2回変更
2013年4月22日 - 6月3日 月曜 24:30 - 25:00
2013年6月9日 - 9月29日 日曜 23:30 - 24:00

アメリカ

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
アメリカ アダルトスイム 2014年5月3日 - 土曜 23:30 - 24:00 CS放送 TOONAMI[109]

放送に関する事象

放送開始直後に「障害者団体が放送中止を要請している」という噂がインターネットで広がったが、原作出版元の講談社はこれを否定している[110]

また、第5話(および第4話の一部)は制作上および放送局納品期限の都合により、福岡放送(第4話を含む)、北海道テレビ、テレビ大分では一部シーンが背景に置き換わるなど、他局とかなり異なる内容で放送された[111]。なお、これに先んじて第1話の放送開始後にスタッフがTwitter上でアニメーターを募集していたこともあり、インターネット上では以前よりアニメ制作の進行を危ぶむ声も上がっていた[112]

放送中の2013年7月10日に発売された女性向けアニメ雑誌『PASH!』2013年8月号(主婦と生活社)は、本作を表紙と巻頭特集で取り上げたために発売から数日で完売状態となり、アニメの定期誌としては異例の重版が決定した[113]

映像特典

ちみキャラ劇場 とんでけ!訓練兵団
DVD&BD各巻収録の映像特典のちみ絵師・ゆーぽんデザインの2頭身キャラによるFlashアニメ。

スタッフ(ちみキャラ劇場)

  • 原作 - 諫山創
  • キャラクターデザイン - ゆーぽん(ニトロプラス
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 録音 - 田上祐二(アオイスタジオ)
  • 原作監修 - 川窪慎太郎
  • 監督 - 森井ケンシロウ
  • 音楽 - 澤野弘之
  • 音響効果 - 倉橋静男(サウンドボックス)
  • 製作 - 「進撃の巨人」製作委員会

各話リスト(ちみキャラ劇場)

巻数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 作画
1 01日目 森井ケンシロウ
衣谷ソーシ
- スタジオモリケン
(衣谷ソーシ、酒井浩史、大久保香織
木輪和泉、暇木けい、西本大地
金子拓矢)
02日目
2 03日目 スタジオモリケン
(大久保香織、酒井浩史、宮嶋星矢
西本大地、金子拓矢、岡田あてな
木輪和泉、暇木けい、衣谷ソーシ)
04日目
3 05日目 衣谷ソーシ
酒井浩史
スタジオモリケン
(大久保香織、酒井浩史、宮嶋星矢
西本大地、金子拓矢、岡田あてな
木輪和泉、暇木けい、衣谷ソーシ
まがりひろあき)
06日目
07日目
4 08日目 スタジオモリケン
(大久保香織、酒井浩史、宮嶋星矢
西本大地、金子拓矢、岡田あてな
木輪和泉、暇木けい、衣谷ソーシ)
09日目
10日目
5 11日目 森井ケンシロウ、衣谷ソーシ
岡田あてな
衣谷ソーシ
岡田あてな
スタジオモリケン
(大久保香織、宮嶋星矢、西本大地
金子拓矢、岡田あてな、木輪和泉
暇木けい、衣谷ソーシ)
12日目
13日目
6 14日目 森井ケンシロウ、衣谷ソーシ
宮嶋星矢
衣谷ソーシ、宮嶋星矢
木輪和泉
15日目
16日目
7 17日目 森井ケンシロウ
衣谷ソーシ
大久保香織、木輪和泉
岡田あてな、宮嶋星矢
18日目
19日目
8 20日目 衣谷ソーシ、木輪和泉
岡田あてな、宮嶋星矢
21日目
22日目
9 23日目 森井ケンシロウ
衣谷ソーシ
24日目
25日目

BD / DVD

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2013年7月17日 第1話 - 第2話 PCXG-50271 PCBG-52221
2 2013年8月21日 第3話 - 第4話 PCXG-50272 PCBG-52222
3 2013年9月18日 第5話 - 第7話 PCXG-50273 PCBG-52223
4 2013年10月16日 第8話 - 第10話 PCXG-50274 PCBG-52224
5 2013年11月20日 第11話 - 第13話 PCXG-50275 PCBG-52225
6 2013年12月18日 第14話 - 第16話 PCXG-50276 PCBG-52226
7 2014年1月15日 第17話 - 第19話 PCXG-50277 PCBG-52227
8 2014年2月19日 第20話 - 第22話 PCXG-50278 PCBG-52228
9 2014年3月19日 第23話 - 第25話 PCXG-50279 PCBG-52229

アニメ劇場版

テレビアニメの総集編を前後編2部作として、2014年冬から随時公開予定。音声を5.1chサラウンド仕様にアップグレードするなど、細かい仕様変更もある。

劇場版『進撃の巨人』 前編〜紅蓮の弓矢〜
テレビアニメ第1話から第13話までの総集編。2014年冬公開予定。
劇場版『進撃の巨人』 後編〜自由の翼〜
テレビアニメ第14話から第25話までの総集編。2015年公開予定。

スタッフ(アニメ劇場版)

Webラジオ

進撃の巨人ラジオ 〜梶と下野の進め!電波兵団〜
  • パーソナリティ:梶裕貴(エレン・イェーガー役)、下野紘(コニー・スプリンガー役)
  • 配信期間:2013年4月1日[114] - (隔週月曜日更新)
  • 配信サイト:音泉
  • 製品:ラジオCD「進撃の巨人ラジオ〜梶と下野の進め!電波兵団〜」Vol.1(2枚組/第1 - 7回+新規録り下ろし)
  • ゲスト
    • 第5回 - 石川由依(ミカサ役) ※ラジオCD Vol.1新規録り下ろし番組にも出演
    • 第8回 - Revo(第1期第2期OP担当)
    • 第11回 - Cinema staff(第2期ED担当)
    • 第13回 - 井上麻里奈(アルミン・アルレルト役)
    • 第16回 - 小林ゆう(サシャ・ブラウス役)
    • 第23回 - 三上枝織(クリスタ・レンズ役)

関連番組

あにP-アニメプロデューサーズ
2013年3月31日放送の第8回「ポニーキャニオン特集」にて全編に渡ってアニメ版が取り上げられ、プロデューサー・木下哲哉、監督・荒木哲郎、原作者・諫山創の3人が出演した。

受賞歴

Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2013
  • 監督賞:荒木哲郎
  • 脚本賞:小林靖子
  • 劇伴賞
  • 主題歌賞:「紅蓮の弓矢」
  • 女性キャラクター賞:ミカサ・アッカーマン
  • スタジオ賞:WIT STUDIO
  • 作品賞(TV部門)
第18回アニメーション神戸賞
  • 作品賞
  • 主題歌賞:「紅蓮の弓矢」
2013年度アニメ流行語大賞
  • 銀賞(2位):「駆逐してやる」



注釈

  1. ^ 複数の人物が設定に協力しており、その都度謝辞が書かれている。
  2. ^ アニメ版では、死者・行方不明者207名、負傷者897名の被害で出ていたと説明されている。
  3. ^ エレンが調査兵団入りする前までの人類対巨人のキルレシオは凡そ30対1。一般的な兵士では十数人がかりでようやく巨人一体と何とか渡り合えるレベルだという。
  4. ^ 特別兵法会議でニックを見たエレンは「宗教ってやつか」と思っていることから、現代でいう宗教と同じかは不明。
  5. ^ 現実の憲兵隊も、フランス国家憲兵隊カラビニエリなど、警察業務と要人警護を兼務させる国が多い。
  6. ^ アニメ版では官給品の横流しして汚職に手を染める者もいた。
  7. ^ エレン、ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、クリスタは12歳入団、アニ、マルコ、サシャは13歳入団、ライナー、ベルトルト、ユミルは14歳入団となっている。
  8. ^ 作中では単体で複数の巨人と渡り合える実力者であっても、ガス切れによって窮地に陥ったり、そのまま戦死する状況が発生している。
  9. ^ 基本的に破損することが前提の消費武器であり、使い方によっては一度の攻撃で破損してしまうこともある。予備刀身もガス切れと同様に完全に使い切ってしまうと対巨人戦において戦死につながりやすい。
  10. ^ 作画ミスなのか故意かは不明だが、一部シーンに異例あり。
  11. ^ なお作者のブログ上部にある画像は六対十二本のまま。
  12. ^ 水平移動の多くは振り子運動を用いた機動となるため。
  13. ^ ミカサやリヴァイの様に一人で複数体を仕留める者がいる一方で、一般兵は数名が組になってやっと一体を倒せる。
  14. ^ 諫山のブログには少年ジャンプ編集部へ2回持ち込みをした旨が書かれているが[21]、この「他社の編集部」が少年ジャンプ編集部かどうかは明言されていない[19]。なお諫山は高校生の時に少年ジャンプ編集部へ1回郵送で投稿し[22]、専門学校生の時には持ち込み用に2作品を制作している(この内の1作が「進撃の巨人」であり、初めて講談社へ持ち込んだのも本作である[8][18]
  15. ^ 日本の漫画のみの集計でアメリカン・コミックスなどは含まない。
  16. ^ a b 「一つだけ皆様にお伝えしたいのは、作者の諫山先生は独自の世界観で描いていらっしゃるということです!決してネルトリンゲンは「進撃の巨人」の舞台のモデルではありません!」@fushigi_hakkenP/世界ふしぎ発見!AD(ふしぎ発見!プロデューサーJとロケ担当ADがつぶやく番組アカウント)2013年11月5日-21:49
  17. ^ 本編の「BLAME!」はシリアスなSFアクションだが、「ブラム学園」は同じ登場人物による学園コメディー。
  18. ^ ポニーキャニオン講談社、Production I.G、電通、ポニーキャニオンエンタープライズ。
  19. ^ 在阪局制作のアニメとのコラボレーションは『宇宙兄弟』『名探偵コナン』(いずれも読売テレビ)に続き3例目である。

出典

  1. ^ 「特集 瓦礫の世界の漫画 対談 新井英樹×諫山創」『QuickJapan』vol.96、太田出版2011年6月20日、第1刷、92-105頁。ISBN 978-4-7783-1262-6
  2. ^ a b コミックナタリー - 「進撃の巨人」TVアニメ化!来春放送、キャストも発表”. ナタリー. ナターシャ (2012年12月7日). 2013年5月12日閲覧。
  3. ^ a b 『進撃の巨人』実写映画化が新プロジェクトで始動!2015年公開 樋口真嗣監督、脚本に町山智浩氏 oricon style 2013年12月04日
  4. ^ a b c 「僕はまだ、思春期を こじらせている」『進撃の巨人』諫山創”. 現代ビジネス [講談社]. 講談社 (2011年1月28日). 2013年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c 大寺明「『進撃の巨人』著者 諫山創インタビュー」、『ダ・ヴィンチ』、メディアファクトリー、2011年6月号、 140-141頁。
  6. ^ a b c d Twitter / ShingekiKyojin: 進撃キャラのドイツ語表記。よく質問をいただくので、お答えします。 ...”. 「進撃の巨人」担当者バック (ShingekiKyojin) - Twitter (2013年6月6日). 2013年9月10日閲覧。
  7. ^ a b 登場人物”. 進撃の巨人. 2013年9月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e 「進撃の巨人 諫山創 Special Interview」『このマンガがすごい! 2011』 宝島社2010年12月24日、第1刷、4-9頁。ISBN 978-4-7966-7960-2
  9. ^ a b 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年12月2日、第1刷、32頁。ISBN 978-4-06-375202-1
  10. ^ 進撃の巨人アニメ開始ッ!!
  11. ^ 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年12月2日、第1刷、76-77頁。ISBN 978-4-06-375202-1
  12. ^ 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall 2』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年3月30日、第1刷、88-89頁。ISBN 978-4-06-375228-1
  13. ^ 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年12月2日、第1刷、99頁,220頁。ISBN 978-4-06-375202-1
  14. ^ 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年12月2日、第1刷、83-88頁。ISBN 978-4-06-375202-1
  15. ^ 原作:諫山創 / 著:涼風涼 『進撃の巨人 Before the fall 2』 講談社〈講談社ラノベ文庫〉、2011年3月30日、第1刷、89頁。ISBN 978-4-06-375228-1
  16. ^ 諌山創 (2011年9月4日). “進撃の巨人の連載権を得ようとしてた時のネーム”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  17. ^ a b 水野光博 (2011年2月22日). “【インタビュー】漫画『進撃の巨人』作者・諌山創[後編]「自分のこと偽物だと思っています」”. 週プレNEWS. 集英社. 2013年5月12日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h 「今年の夏は節電対策で漫画を読もう!諫山創×町山智浩」、『映画秘宝』、洋泉社、2011年6月号、 58-60頁。
  19. ^ a b c d e f g h 松山郷「【私と格闘技】第十三回 漫画家 諫山創」、『ゴング格闘技』、イースト・プレス、2010年11月号、 84-87頁。
  20. ^ 7月期MGP結果大発表!!”. ホーム|講談社コミックプラス. 講談社. 2013年5月12日閲覧。
  21. ^ 諌山創 (2009年12月19日). “変身!!!!”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  22. ^ 長島☆自演乙☆雄一郎、諫山創、西中賢治 (2011年9月27日). “【ひきこもり対談】長島☆自演乙☆雄一郎×諌山創「俺たちリア充なんかになりたくない!」後編”. 週プレNEWS. 集英社. 2013年5月12日閲覧。
  23. ^ Twitter / betsumaga: 第一回のコンペはダークファンタジー漫画コンペでした。第二回は ...”. 別冊少年マガジンの班長 (betsumaga) - Twitter (2012年9月21日). 2013年5月12日閲覧。
  24. ^ a b 松山郷「「進撃の巨人」担当 川窪慎太郎氏インタビュー」、『ぱふ』、雑草社、2011年4月号、 28頁。
  25. ^ a b 『進撃の巨人』ヒットの裏に隠された、若き編集者と新人漫画家の奮闘記。”. [en] 学生の就職情報2014. エン・ジャパン. 2013年5月12日閲覧。
  26. ^ 諌山創 (2009年11月12日). “進撃の巨人の話”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  27. ^ a b 宮本茂頼 (2011年6月1日). “「食われる」絶望との戦い 「進撃の巨人」諫山創に聞く”. BOOK asahi.com. 朝日新聞社. 2013年5月12日閲覧。
  28. ^ 『別冊少年マガジン』、講談社、2013年6月号、 10頁。
  29. ^ a b 「進撃の巨人」は押見先生いちおし!”. 『別マガ』班員は今日も困っている。. 講談社 (2009年9月17日). 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  30. ^ 人気アンケートについて。”. 『別マガ』班員は今日も困っている。. 講談社 (2009年11月22日). 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  31. ^ 神谷直己 「【2009年】今、“月刊マンガ誌”が熱い!! 「別冊少年マガジン」編集責任者インタビュー」『大阪芸術大学 大学漫画』vol.14、発行:大阪芸術大学 発売:小池書院2009年12月8日、24-27頁。ISBN 978-4-86225-559-4
  32. ^ 「編集王に訊く 週刊少年マガジン・川窪慎太郎」『ティアズマガジン』vol.97、2011年8月6日、60-61頁。
  33. ^ 「進撃の巨人」重版一番乗り!”. 『別マガ』班員は今日も困っている。. 講談社 (2009年11月22日). 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  34. ^ a b c 「NEXTブレイク漫画ランキングBEST50」、『オトナファミ』、発行:エンターブレイン / 発売:角川グループパブリッシング2010 August、 10頁。
  35. ^ 進撃の巨人:口コミでコミックス100万部突破 わずか2巻8カ月で大台”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2010年4月16日). 2011年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  36. ^ a b 進撃の巨人 :「このマンガがすごい」効果でコミックス3巻がシリーズ初の首位”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2010年12月16日). 2010年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  37. ^ 週刊少年マガジン2010年10号”. ホーム|講談社コミックプラス. 講談社. 2013年5月12日閲覧。
  38. ^ 週刊少年マガジン2011年2,3合併号”. ホーム|講談社コミックプラス. 講談社. 2013年5月12日閲覧。
  39. ^ 単行本の部数と減衰率(byH本)”. 『別マガ』班員は今日も困っている。. 講談社 (2009年9月17日). 2013年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  40. ^ 『別冊少年マガジン』、講談社、2013年5月号、 表紙。
  41. ^ 単行本11巻帯より
  42. ^ マンガ『進撃の巨人』、韓国で異例の大ブーム&社会現象化のワケと裏側〜日韓同時放送も(1/2)”. ビジネスジャーナル. サイゾー (2013年8月16日). 2013年8月17日閲覧。
  43. ^ New York Times Manga Best Seller List, October 13-19”. Anime News Network (2013年10月29日). 2014年4月16日閲覧。
  44. ^ 『進撃の巨人』原作者・諫山創氏、TVアニメ化に「光栄、リア充」”. ORICON STYLE. オリコン (2012年12月8日). 2013年5月15日閲覧。
  45. ^ a b 福田里香「なぜ食べるのか?謎が謎を呼ぶ衝撃のSFフード活劇『進撃の巨人』」、『装苑』、文化出版局、2011年7月号、 123頁。
  46. ^ 吉田豪「第121回 吉田豪インタビュー 諫山創」、『BREAK Max』、コアマガジン、2012年11月号、 86-89頁。
  47. ^ 温泉宿泊施設「ひびきの郷」
  48. ^ 漫画版『マブラヴ オルタネイティヴ(7)』 2011年10月27日発売 SPECIAL ILLUST&COMMENTより。
  49. ^ 諌山創 (2012年12月29日). “良いお年を的な内容”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  50. ^ a b c 諌山創 「諫山創先生スペシャルインタビュー」『進撃の巨人 INSIDE 抗』 講談社〈KCデラックス〉、2013年4月9日、第1刷、159-165頁。ISBN 978-4-06-376816-9
  51. ^ 水野光博 (2011年2月21日). “【インタビュー】漫画『進撃の巨人』作者・諌山創[前編]「中高時代、状況が許すなら引きこもっていた」”. 週プレNEWS. 集英社. 2013年5月12日閲覧。
  52. ^ a b 宇宙からの贈り物 隕石が生んだ南ドイツの奇跡”. 日立 世界ふしぎ発見!. TBSテレビ (2013年11月9日). 2013年11月10日閲覧。
  53. ^ a b 2010年09月号 『進撃の巨人』”. ダ・ヴィンチ電子ナビ. メディアファクトリー. 2013年5月12日閲覧。
  54. ^ 宇野常寛インタビュー」、『ダ・ヴィンチ』、メディアファクトリー、2011年6月号、 139頁。
  55. ^ 大人気の「進撃の巨人」 その魅力とは?”. THE PAGE. ワードリーフ (2013年8月12日). 2013年8月13日閲覧。
  56. ^ 「第35回講談社漫画賞選評」、『別冊少年マガジン』、講談社、2011年6月号、 140-141頁。
  57. ^ 新田五郎「反撃!『進撃の巨人』 僕らが再び立ち上がる覚悟」、『ダ・ヴィンチ』、メディアファクトリー、2011年6月号、 134-139頁。
  58. ^ 進撃の巨人(1)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  59. ^ 進撃の巨人(2)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  60. ^ 進撃の巨人(3)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  61. ^ 進撃の巨人(4)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  62. ^ 進撃の巨人(5)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  63. ^ 進撃の巨人(6)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  64. ^ 進撃の巨人(7)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  65. ^ 進撃の巨人(7)限定版 作品紹介”. プレミアムKC. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  66. ^ 進撃の巨人(8)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  67. ^ 進撃の巨人(8)限定版 作品紹介”. プレミアムKC. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  68. ^ 進撃の巨人(9)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  69. ^ 進撃の巨人(9)限定版 作品紹介”. プレミアムKC. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  70. ^ 進撃の巨人(10)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  71. ^ 進撃の巨人(10)限定版 作品紹介”. プレミアムKC. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  72. ^ 進撃の巨人(11)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  73. ^ 進撃の巨人(12)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  74. ^ DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 作品紹介”. 講談社キャラクターズA. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  75. ^ 進撃の巨人(13)作品紹介”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2014年4月9日閲覧。
  76. ^ DVD付き 進撃の巨人(13)限定版 作品紹介”. 講談社コミックプラス. 2014年4月9日閲覧。
  77. ^ 「進撃の巨人」に改訂版あり(byバック)”. 『別マガ』班員は今日も困っている。. 講談社 (2011年1月19日). 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  78. ^ 進撃の巨人 INSIDE 抗 作品紹介”. KCデラックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  79. ^ 進撃の巨人 OUTSIDE 攻 作品紹介”. KCデラックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  80. ^ 進撃の巨人 ANIMATION SIDE 吼 作品紹介”. KCデラックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  81. ^ 進撃の巨人 Before the fall 作品紹介”. 講談社ラノベ文庫. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  82. ^ 進撃の巨人 Before the fall 2 作品紹介”. 講談社ラノベ文庫. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  83. ^ 進撃の巨人 Before the fall 3 作品紹介”. 講談社ラノベ文庫. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  84. ^ 進撃の巨人 Before the fall(1)作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  85. ^ 進撃の巨人 Before the fall(2)作品紹介”. 講談社コミックプラス. 2014年4月9日閲覧。
  86. ^ 進撃!巨人中学校 1巻紹介|マガメガ|別冊少年マガジン”. ホーム|講談社コミックプラス. 2013年5月12日閲覧。}
  87. ^ 諌山創 (2012年3月8日). “進撃!巨人中学校”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  88. ^ 進撃!巨人中学校(1) 作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  89. ^ 進撃!巨人中学校(2) 作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  90. ^ 進撃!巨人中学校(3) 作品紹介”. 講談社コミックス. 講談社. 2014年2月12日閲覧。
  91. ^ 『進撃の巨人 悔いなき選択』新連載!ARIA2014年1月号11月28日(木)発売!!” (2013年11月28日). 2013年11月28日閲覧。
  92. ^ 『進撃の巨人 悔いなき選択 プロローグ』再掲載のお知らせ” (2013年10月8日). 2013年10月19日閲覧。
  93. ^ ARIAで「進撃の巨人」外伝、リヴァイとエルヴィンの出会い” (2013年9月28日). 2013年9月28日閲覧。
  94. ^ ARIA|進撃の巨人 悔いなき選択|作品紹介|講談社コミックプラス”. 2013年9月28日閲覧。
  95. ^ 進撃の巨人 悔いなき選択(1)作品紹介”. 講談社コミックプラス. 2014年4月9日閲覧。
  96. ^ フィーチャーフォン向けソーシャルゲーム「進撃の巨人」のサービスが、Mobageで本日開始”. 4Gamer.net. Aetas (2012年4月2日). 2013年5月12日閲覧。
  97. ^ GREE「進撃の巨人 -反撃の翼-」配信”. GAME Watch. Impress Watch (2013年4月26日). 2013年5月12日閲覧。
  98. ^ 『進撃の巨人 –反撃の翼-』 Mobageにてサービス開始のお知らせ”. [1]. ストラテジーアンドパートナーズ (2013年7月5日). 2013年7月5日閲覧。
  99. ^ 巨人を“使う立場”になれるiOS/Android「進撃の巨人 -自由への咆哮-」”. Impress Watch (2014年2月13日). 2014年2月13日閲覧。
  100. ^ 『進撃の巨人 -反撃の翼- ONLINE』正式サービス開始”. [2]. ストラテジーアンドパートナーズ (2013年12月24日). 2013年12月24日閲覧。
  101. ^ 「進撃の巨人」は2クール放送、アニメのTwitter公式アカウントが告知。”. Narinari.com. Narinari.com (2013年4月26日). 2013年5月12日閲覧。
  102. ^ 諌山創 (2013年4月7日). “進撃の巨人アニメ開始ッ!!”. 現在進行中の黒歴史. 2013年5月12日閲覧。
  103. ^ キャストも登場「PROJECT ATTACK」制作発表会をニコ生で中継”. おた☆スケ -おたくのスケジュール帳-. にゅーあきば (2012年12月3日). 2013年5月12日閲覧。
  104. ^ TVアニメ「進撃の巨人」制作発表会”. nicofarre ニコファーレ. ドワンゴ. 2013年5月12日閲覧。
  105. ^ 第11巻 限定版”. 進撃の巨人. 2013年5月12日閲覧。
  106. ^ 諌山創 「荒木哲郎監督が目指す「抗い」の物語」『進撃の巨人 INSIDE 抗』 講談社〈KCデラックス〉、2013年4月9日、第1刷、189-192頁。ISBN 978-4-06-376816-9
  107. ^ 宮田悠輔. “アニメCGの現場 TVアニメ『進撃の巨人』”. CGWORLD.jp. ワークスコーポレーション. 2013年5月12日閲覧。
  108. ^ 「アニメクリエイター烈伝 Vol.2 進撃の巨人」、 『AV REVIEW』、音元出版、2013年10月号、142頁
  109. ^ アニメ「進撃の巨人」、米国でテレビ放送開始 2014年5月3日から”. イード. アニメ!アニメ! (2014年4月15日). 2014年4月15日閲覧。
  110. ^ 【注意】「『進撃の巨人』に障害者団体が抗議」はデマ? 講談社広報は否定”. ねとらぼ. アイティメディア (2013年4月11日). 2013年5月12日閲覧。
  111. ^ TVアニメ「進撃の巨人」本編内容について”. TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト. ポニーキャニオン (2013年5月8日). 2013年5月12日閲覧。
  112. ^ アニメ「進撃の巨人」製作委員会が謝罪…放送局により内容が異なる”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2013年5月9日). 2013年5月12日閲覧。
  113. ^ 女性に人気のアニメ誌「PASH!」8月号、異例の重版決定 「進撃の巨人」特集”. イード. アニメ!アニメ! (2013年7月18日). 2013年7月21日閲覧。
  114. ^ 梶さん、下野さんによる進撃の巨人ラジオ配信決定!”. インターネットラジオステーション<音泉>. タブリエ・コミュニケーションズ (2013年3月25日). 2013年5月12日閲覧。
  115. ^ 進撃の巨人 : 13年秋に映画公開”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2011年10月13日). 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月12日閲覧。
  116. ^ 中島哲也監督「進撃の巨人」を邦画最大規模の製作費で実写映画化”. 映画のことなら映画.com. エイガ・ドット・コム (2011年12月8日). 2013年5月12日閲覧。
  117. ^ 映画『進撃の巨人』から中島哲也監督が降板!公開予定は2014年”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2012年12月13日). 2013年5月12日閲覧。
  118. ^ a b c d 映画「進撃の巨人」主演は三浦春馬!貞本もキャラデザ参加”. コミックナタリー (2014年4月3日). 2014年4月3日閲覧。
  119. ^ 『進撃の巨人』実写映画化が新プロジェクトで始動!2015年公開 樋口真嗣監督、脚本に町山智浩氏 oricon style 2013年12月4日、2014年4月3日閲覧。
  120. ^ 進撃の巨人 キャッチコピー総選挙”. 講談社. 2013年5月12日閲覧。
  121. ^ 進撃の巨人:テレビアニメ化記念 公式キャッチコピー総選挙を開催”. MANTANWEB(まんたんウェブ) - 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2012年12月7日). 2013年5月12日閲覧。
  122. ^ 「進撃の巨人」アニメコンテンツエキスポ ステージイベント、放送直前の追加情報も”. アニメ!アニメ!. イード (2013年3月31日). 2013年5月12日閲覧。
  123. ^ コミックナタリー - 「進撃の巨人」永久無料権が当たる!店頭装飾コンテスト”. ナタリー. ナターシャ (2013年4月5日). 2013年5月12日閲覧。
  124. ^ Twitter / ShingekiKyojin: そして「進撃の巨人」装飾コンテスト優勝書店には、進撃の世界観 ...”. 「進撃の巨人」担当者バック (ShingekiKyojin) - Twitter (2013年4月5日). 2013年5月12日閲覧。
  125. ^ 【JRA】進撃のジャパンカップ”. 日本中央競馬会 (2013年11月17日). 2013年11月17日閲覧。
  126. ^ 進撃の巨人キャラクターラベル梅酒 通販|作者の故郷 大分県日田市大山町 おおやま夢工房 梅酒通販サイト『梅酒専門蔵』”. 2014年4月1日閲覧。
  127. ^ 温泉宿泊施設「ひびきの郷」”. 諫山創 (2013年8月9日). 2014年4月1日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

進撃の巨人に関連した本

進撃の巨人に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進撃の巨人」の関連用語

進撃の巨人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




進撃の巨人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進撃の巨人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS