Threadfin hakelingとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > Threadfin hakelingの意味・解説 

イトヒキダラ

学名Laemonema longipes 英名:Threadfin hakeling
地方名ウケグチダラ 
脊椎動物門硬骨魚綱タラ目−チゴタラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫

特徴
体は細長く伸長。頭は小さい。下あご上あごより突出する。、尾柄部は細く尾びれ比較小さい。第1背びれ伸びない。腹びれは細長くひも状に伸長し、先端で2叉する。500m以深にすみ、底曳網などで大量漁獲される。練製品等の原料になる。

分布:北日本太平洋側オホーツク海 大きさ:60cm
漁法:底曳網 食べ方:練製品原料




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Threadfin hakeling」の関連用語

Threadfin hakelingのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




Threadfin hakelingのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2014 Weblio RSS