C Technical Report 1とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > C Technical Report 1の意味・解説 

C++ Technical Report 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/04 13:16 UTC 版)

C++ Technical Report 1 (TR1、Technical Report on C++ Library Extensions)は、ISO/IEC TR 19768:2007[1] の非公式名称で、標準C++ライブラリの拡張についての標準規格である。これには正規表現スマートポインタハッシュ表擬似乱数生成器などが含まれている。TR1の目標は「拡張された標準C++ライブラリの使用方法について慣習を確立してほしい」とのことである[2]




  1. ^ ISO/IEC TR 19768:2007
  2. ^ [1]
  3. ^ Visual C++ 2008 Feature Pack Release” (2008年4月22日). 2009年8月2日閲覧。
  4. ^ 標準 C++ ライブラリ TR1 拡張リファレンス”. 2009年8月29日閲覧。
  5. ^ The GNU C++ Library Documentation Chapter 1. Status”. 2009年8月29日閲覧。
  6. ^ Boost Libraries Chapter 21. Boost.TR1”. 2009年8月29日閲覧。
  7. ^ TR2 call for proposals


「C++ Technical Report 1」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「C Technical Report 1」の関連用語

C Technical Report 1のお隣キーワード

C++ Technical Report 1

CTA

CTA-102

CTAS

CTAS/JTAS

CTB

CTBメディア

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蘇 耀国

docomo STYLE series L-04A

螺旋水車

ぱしふぃっくびいなす

オキシロプシスの一種

母屋

白鳥図小柄

古今雛





C Technical Report 1のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのC++ Technical Report 1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS