紅斑とは?

こう はん [0] 【紅斑】

毛細血管充血によって皮膚にできる赤い斑点。指で押すと退色する。

紅斑

【仮名】こうはん
原文erythema

皮膚赤くなること。

紅斑

【英】:Erythema

皮膚表面一部赤味を帯びた状態。
真皮上層血行障害により血管炎症性に拡張することによって生じる。したがって、ガラス板圧迫すると褪色する。
マウスラットウサギイヌサル  部位程度、数、サイズ

紅斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/18 09:10 UTC 版)

紅斑(: erythema)とは毛細血管拡張などが原因で皮膚表面に発赤を伴った状態をいう。[1]。同部を圧迫すると消失する。皮膚温度の上昇はないが、より深部の動脈の拡張の合併があれば皮膚温は上昇する。




「紅斑」の続きの解説一覧





紅斑と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

紅斑に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紅斑」の関連用語

紅斑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




紅斑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2014 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅斑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS